2010年06月16日

『カメデス』落書きカメを保護

 先日記事にした、『カメデス』と落書きされたカメが無事に保護されたそうな。

 「カメデス」と落書きされたカメを保護(SANSPO.COM)

 県が捕獲作業を行うもなかなか捕獲できなかったようだが、今夕、たまたま通りがかった警察官が陸に上がっているこのカメを素手で捕獲したそうな[E:coldsweats01]

 クサガメと違い、陸上でも俊敏に動くミシシッピアカミミガメを素手で捕獲するとはなかなかやるなあ。 この警官[E:catface]

 この前はついつい記事にしてしまったが、考えてみればこんなことをするウスラバカがあちこちのTVでニュースとして取り上げられるなんて、よほど他にニュースが無かったのか、それとも日本が平和だからなのか・・・ と後から思った。

 とはいえ、やはりこういうボケナスが今後現れないことを希望したい。

 やるなら野性のクマやイノシシなど、自分より強いものに対してやれ!!

 それだけは声を大にして言いたい。[E:angry]
 もちろん武器は使っちゃ駄目だぞ。
 いやいや、そんなこと推奨してはいけないな[E:coldsweats01]

posted by ちゃんちゃん at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
矢鴨もそうですが、こういった面白半分での動物虐待は報道されると、また模倣犯が現れるから困ったものですよね。

逆にこの被害動物を見ようと、人が集まるために、さらに話題となることも。
これを目的として、管理する側がこういうバカなことをしないかどうか、倫理観が問われる面もあります。
(あってほしくはないです)

カメにすれば痛くももかゆくもない被害かもしれませんが、決して許される愉快ないたずらではありませんね。
犯人が「あれ、俺がやった」とテレビの前で喜んでいる姿を思うと、腹が立ちます。
Posted by 回線問屋 at 2010年06月16日 23:54
矢ガモのように直接肉体に傷を付ける行為では無いので、ここまで報道することかとは思うのですが、

> カメにすれば痛くももかゆくもない被害かもしれませんが

 甲羅に日光を当てて体内でカルシウムを精製するカメにとっては一応ノーダメージでも無いみたいですね。

 なんにせよ僕が言いたいことは、

 『弱いものイジメをするな』

 ということです。
 やってはいけないことですが、やるなら自分より明らかに強いモノに対してしてみろや ということなんです。
Posted by ちゃんちゃん at 2010年06月17日 08:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック