2010年12月31日

『俺たちフィギュアスケーター』を観た

 昨夜、回線問屋さんがわざわざ自宅まで届けて下さったDVDの中から、今朝さっそく『俺たちフィギュアスケーター(2007年:アメリカ)』を観させていただいた。

 フィギュアスケートに詳しい人が観たらおかしく感じるところも有りますが、逆にフィギュアスケートに詳しければ面白い部分も有りました。

 男性ペアだからこそできるサイドバイサイドの3Aとか有りました。 普通の男女ペアでは絶対に有り得ませんね。
 あれを観たら真央ちゃんがペアに転向したら現実的にも可能なのになあ・・・ とかしょうもないこと考えてしまいます[E:coldsweats01]
 もちろん、真央ちゃんにはシングルで活躍して欲しいんですけど[E:happy01]

 びっくりしたのは、サーシャ・コーエンはじめ、ナンシー・ケリガンとか実際のスケーターがちょい役ながら出演していたこと。
 ナンシー・ケリガンはアメリカスケート連盟の委員の役

(?)か何かで出演していて、名札も有ったのですぐ解りますが、サーシャ・コーエン選手はそういうものが有りませんでした。 しかも、主演男優が投げたブラジャーを受け取るという不思議な役[E:coldsweats01] でも知っている人はすぐコーエン選手だって解りますね。

 ウィキで調べると、他にも、ブライアン・ボイタノスコット・ハミルトン等も出ているみたいでした。 日本の佐藤有香さんも画像ですが出ていました。

 ギャグ映画として、とても面白い作品でした。
 子供達も含め、家族全員で観ましたが、みな爆笑でした[E:happy01]

 回線問屋さん、わざわざお届け下さり、ありがとうございました。

 せっかくなので、この休み中にあと『新世紀エヴァンゲリオン 新劇場版・破』も観せていただこうと思います。

【関連する記事】
posted by ちゃんちゃん at 16:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
特にちゃんちゃんさんにとってはフィギュアでゴタゴタあった年だけに、笑って終わっていただきたかったんですよね。

喜んでいただいて、よかったです♪
 
 
・・・と言いながら、持っていったわたしが、途中までしか見ていないので休み中に楽しもうと思います(苦笑)
Posted by 回線問屋 at 2010年12月31日 21:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック