2011年09月13日

51歳会社社長よりも余程大人な19歳の石川遼選手

 トーシントーナメント主催者発言の影響を受け、JGTOは連続年大会欠場による罰則強化の方向で検討に入ったそうな。

 これに対するニュースが出た。

 罰則の石川遼「ケガや故障は予測できない」(デイリースポーツ)

 男子ゴルフのANAオープンは15日に北海道・札幌GC輪厚コースで開幕する。先週のトーシン・トーナメントを左肩痛のため欠場した石川遼(パナソニック)は13日午後から、インコース9ホールを練習ラウンドで回った。

 同一大会を2年連続欠場したことで、12日に日本ゴルフツアー機構(JGTO)が罰則強化の方針を打ちだした。石川は練習後、「バックスイングでの左肩の違和感は(先々週の)フジサンケイ・クラシックの時から傾向が出ていました。(先週は)エントリーをしていましたが、思い切って休みました。自分の立場で何を言えばいいかですが、ケガや故障は予測できない。(トーシン・トーナメントは)去年は全英オープンと重なり、今年は開催時期が変わったことで出場できると思っていましたが、2年連続の欠場となってしまい、タイミングというか間が悪くなり、残念です」と話した。


 今回、石川遼選手には200万円もの罰金が科されたそうだ。(関西オープンも含めか?)
 にも関わらず、上記記事のようなコメント。 なんと大人で紳士的なのだろうか? 
トーシンの石田社長は遼クンの爪のアカを煎じて飲ませて貰うべきだ。 今週17日に20歳の誕生日を迎える若きヒーローだが、51歳の会社社長よりよほど大人だと言えるのでは無いだろうか? 血気盛んな者ならば、『こんな大会、来年から絶対出てやらねえ』と思うはずだろうに。 僕ならそう思う。

 個人的な意見を言わせて貰えれば、賞金が低い今回のような大会に対しては、選手が進んで休養に当てるのも仕方ないと思っている。 先日も書いたが、強い選手に出て欲しければ、それだけ選手にとって魅力的な大会にすれば良いだけなのだ。 簡単なところでは賞金額のアップでも良いだろう。 あと、ヤフーニュースのコメントで読んだのだが、スター選手と多額の契約を結び、その選手が必ず出場しなければならない状況を造る努力をすべきなのだ。 これもヤフーニュースで見かけた意見だが、トーシンは今回のことで社会的に批判を受け、周囲の信頼や尊敬を失ったのでは無いだろうか? その方が痛いのでは無かっただろうか? しかし一度言ってしまったことは引っ込めることはできない。 誠意を持って発言撤回と石川選手他に対する謝罪をして社会的信頼の回復を図るのか、このまま信頼と尊敬を失って行くのか、二つに一つなのかもしれない。

 このニュースは世間の注目も大きいようだ。 昨日から当ブログのアクセス数が通常時の3倍以上に急増している。 検索ワードも『トーシン  社長 変』等だ。 やはりトーシン社長に否定的で、遼クン擁護の意見が圧倒的に多いようだ。

posted by ちゃんちゃん at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プロゴルフ界のシステムをよく知らないのですが、いくら罰則とはいえ、未成年に対してこういう何百万単位の支払いって強制できるものなんでしょうか?
Posted by 回線問屋 at 2011年09月15日 03:11
強制できます。

 2年連続で同一大会を欠場すると罰金100万円となります。 主催者有ってのJGTOで有りプロゴルファーですから、仕方無い制度だとは思います。 ただ、公傷制度とか有ったと思うので、怪我等の理由での長期欠場とかは、対象にはならなかったかと思います。 今回の左肩痛とかはどうなんだろうと思いますね。
 ただ、賞金額の低い金額の大会から休養に当てる優先順位が高いのは選手にとって当然で、主催者側も賞金額を増額する等、打てる手立てはいくらでも有るとも思います。

 宮里藍選手なんて、相当額の罰金を毎年払っているのでは無いでしょうか?

 JGTO登録のプロゴルファーとして活動している以上、19歳という年齢は今回は関係無いとは思います。
Posted by ちゃんちゃん at 2011年09月15日 12:57
今日の夜の番組で遼くんが出てたの。
室内での単独取材だったけど、遼君キャップを最後まで取らなかった。

マナーでは室内では「取る」なんだよね。
それを知ってる遼君が取らない。

スポンサーが取らないで、といってるんだと思うけど・・

主催者・スポンサーは「ゴルフのマナーや選手の故障より」自社の宣伝が第一なんだろうね・・

それを許すJGTOも情けないなぁ。
Posted by マリ at 2011年09月16日 01:44
マリさん。

 僕も多分同じ番組観てました。

 確かに室内では帽子を取るのが一般的なマナーですよね。 ゴルフに限らず。
 でも、プロゴルファーの会見では帽子取らないのが普通になってますので、すっかりそういう違和感は無くなってましたよ。

 フィギュアスケートなんて、バンクーバーの時、五輪憲章違反なのに、韓国では大会期間中にキム・ヨナの使用アクセサリーの宣伝とか普通にしていましたよ。 日本のスポンサーは自粛してましたけど。

 世界のルール、一般のマナーを守ることを重視して欲しいですね。 金を出せば偉いって訳では有りません。 出すほうも利益なりの見返りが有るからスポンサーやってるんでしょうからね。
Posted by ちゃんちゃん at 2011年09月16日 08:08
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック