2011年09月24日

神戸新聞杯(GⅡ)予想

 オルフェーヴルの三冠が注目される今年の牡馬クラシック戦線のトライアル。 いよいよその主役が登場する。

 しかし僕の予想はその好きなオルフェーヴルが出走する中、ちょっと遊んだ予想をしてみることにした。

 菊花賞は僕が現地生観戦することを決めたことで、オルフェーヴルの三冠達成は確定的となったが[E:coldsweats01]、果たしてその秋初戦はどうか?

 (注:前にも書きましたが、平成の二冠馬が三冠に挑戦した菊花賞では僕が現地生観戦をしたナリタブライアンとディープインパクトの2頭がいずれも三冠を達成し、僕が現地生観戦しなかったミホノブルボン・ネオユニヴァース・メイショウサムソンの3頭はいずれも三冠達成できていません[E:coldsweats01])

 明日の僕の本命は三連勝でオルフェーヴルに挑む上がり馬フレールジャック。
 今年は平成6年のナリタブライアンの三冠の年と
共通点が多く、ナリタブライアンが敗れた秋初戦・京都新聞杯(阪神にて開催)を勝ったのはやはり三連勝で挑んで来た上がり馬スターマンでした。
 そして奇しくも三冠に挑むナリタブライアン同様、オルフェーヴルもスプリングS・皐月賞・ダービーと全く同じ過去3走を経て秋初戦を迎えます。

 スローになりそうな感じの中で、他の有力馬に比べれば、先行できそうな脚質も好材料。 鞍上も乗れている福永騎手と頼もしい。

 他に怖いと思った馬は以下の3頭。

 ウインバリアシオン
 ショウナンマイティ(少し調子の上がって来た武豊騎手鞍上)
 ステラロッサ(先行しそうで成長力も有りそう)

 しかし、僕の予想はあくまで以下の通り。

 ◎フレールジャック
 〇オルフェーヴル

 馬券は、◎-〇の馬連と◎→〇の馬単各一点買い。

posted by ちゃんちゃん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック