2011年11月19日

映画版『BECK』を観た

 今日は急に休みになった。

 しかし、昼寝したくても、豪雨が気になり眠れなかったので(クレームの電話が鳴りやしないかと思うと落ち着かない[E:crying])、先週、嫁さんが録画していた、映画版『BECK』を観た。

 僕は40歳を過ぎてなお、漫画雑誌を買っている。

 『月刊少年マガジン』は定期的に買っている漫画雑誌2つのうちの一つだ。
 『BECK』の原作は、その『月刊少年マガジン』で連載されていたが、結構好きな作品だった。

 この映画を観るにあたり、注目すべき点は、誰もが聞き惚れる歌声を持つヴォーカル、『コユキ』(役:佐藤 健)の歌声をどうするのかだったが・・・

 そう来たか[E:sign03][E:sign03][E:coldsweats01]

 という印象だった。

 なんとまさかのヴォーカルのみ音声カット[E:sign03][E:sign03][E:coldsweats01]

 いや・・・ これしか手は無かったような気がする

 いや、面白かったです。
 かなり原作に忠実に作られている印象でしたし、配役もそれぞれがかなり似合っていました。

 ギタリスト『竜介』役には水嶋ヒロ。
 ベーシスト『平君』役には向井理。
 ドラムス『サク』役には中村蒼。
 メインヴォーカル『千葉』役には桐谷健太。

 それぞれが良くハマっている。 ヴィジュアル的にも。
 もちろん、『コユキ』役の佐藤健も。

 『竜介』の妹『真帆』役には忽那汐里。
 ちょっと原作の『真帆』とはヴィジュアル的に雰
囲気が違う気がっするが、これはこれでカワイイし悪く無い[E:coldsweats01]
 ポッキーのCMより、『家政婦のミタ
』での役柄よりこちらの方がちょっとツンデレでカワイくて良かった。 ファンになってしまいそうだ[E:coldsweats01]


 以前は『邦画なんて面白く無い』と思っていましたが、最近はそうでもないですね。

 先日は三谷幸喜監督の『ザ・マジックアワー』も面白かったし、同監督作品の『ステキな金縛り』は是非観たい作品だし、『星守る犬』や『一命』も観てみたい作品だ。

posted by ちゃんちゃん at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック