2012年01月13日

真央ちゃん初エッセーが発売中止に(涙)

 先日予約したばかりの真央ちゃん初エッセーが発売中止になりました[E:crying]

 昨日、紀伊國屋書店から電話が有り、『2月8日発売って言ってたのに、もう入荷したの?』と思って出たら、なんと発売中止の連絡でした。

 10万部以上の予約が入っていたらしく、新聞やTV・ラジオでは結構大きなニュースとして取り扱ってますね。 予約が10万部って、かなりですものね。


 真央「私の思いと異なる」初エッセー予約10万部超も発売中止(スポーツ報知)

 フィギュアスケート女子・浅田真央(21)=中京大=の自身初だったエッセー「大丈夫、きっと明日はできる」の出版元・ポプラ社は12日、同書の発売を中止したと発表した。2月8日発売予定ながら、昨年暮れまでに10万部を超える予約が殺到。話題となっていたが、本の宣伝・告知が昨年12月に亡くなった真央の母・匡子さん(享年48歳)を前面に出すなど真央本人の意向に反したため、出荷直前で異例の中止となった。真央はこの日、自身のホームぺージで「私の思いと異なる」とコメントした。

 予約だけで10万部を超え、ミリオンセラー必至と注目された話題の本が、発売目前で「お蔵入り」となった。出版元のポプラ社はこの日、発売27日前に同社ホームページ上で発売中止を発表。「一部宣伝方法に、著書ご本人の意にそぐわない部分がございました」と説明し、関係各所への謝罪文を掲載した。真央本人もオフィシャルホームページを通じて「本の宣伝、告知について、私の思いと異なるもので進められたところがあり、出版を中止させていただくことになりました。大変申し訳ないですが、ご理解のほどよろしくお願いいたします」と、異例のコメントを出した。

 真央自身にとって初めて語り下ろしとなる予定だった同書は、2010年バンクーバー五輪で銀メダル獲得後、この2年間の日常生活で気をつかっていることや、目標設定をどう定めるか、日頃から考えている人生訓などを紹介。また、母・匡子さんへの感謝の気持ちなどさまざまなメッセージがつづられており、209ページ、税込み1365円の値段設定で、1年以上かけて制作が進められてきた。

 ところが、2月8日の発売日を前に宣伝・告知で問題が発生。全国書店などに配る予定だった販促用ポスターに「ママ、ほんとうにありがとう」などの文言が強調して使用され、浅田サイドの意に反した。本の制作も最終段階で店頭に並ぶ寸前だったが、中止にした。

 ポプラ社の担当者は「本の内容自体に虚偽はないが、亡くなられたお母様が、あたかも商売の道具にするかのように見えてしまう宣伝・告知をしたことが問題だった。大変、ご迷惑をおかけした。まずは関係各所におわびをしたい」と説明した。

 真央のマネジメント会社担当者は「ポプラ社に対しては不信感がある。発売中止になった本が今後、改めて同社から出版される予定はない」と話した。何よりも真央のメッセージを読みたかったファンにとっては残念な結果となってしまった。

 ◆「大丈夫、きっと明日はできる」 事前紹介では209ページ、5章で構成されているものだった。第1章の「自分の心に嘘をつかない」「憧れの存在を見つける」などから始まり、第5章ではバンクーバー五輪で学んだことを中心に語っている。「昨日の自分は、決して今日の自分を裏切らない」と力強い言葉が載っていた。


 僕も全く気にならなかったと言えばウソになりますが、あの告知方法がそこまで下品なものだったとは感じなかったというのも本音。
 2月8日という発売日からすると、この本の制作はお母様が亡くなられるずっと前から進んでいたことは容易に想像でき、『こんな時期に初エッセーを発売するなんて金の亡者か?』なんて想像するアンチは居るかもしれないが(実際、2chのアンチスレはそんな感じだったらしい)、そんな輩はただのクズか想像力の無いバカだろうと思っていたので、無視すれば良いだけだと思っていたが、ストイックで曲がったことが嫌いな真央ちゃんは許容できなかったのだろう。
 先にそれほど下品な告知だったとは感じなかったとは書いたが、出版会社としては、ああいった告知方法は著者に確認をとって行うべきだったとは思う。 まさか確認をとっていないとは・・・ まあ、確認を取ったら拒否されるか・・・

 エッセーを編集するにあたって、浅田真央という人物を知ればああいった表現方法は真央ちゃんは良しとしないであろうことは推測できたのでは無いかと思うが、理解度が足りなかったのだろう。

 それにしても残念だ
 その目次などから、あの雑念が感じられない、天使のような女性が育った経緯が書かれているように思われ、自己啓発本として人気が出ていたのだろうと思うが、僕もそういう意味合いで是非読みたかった1冊だった。 
自分の半分も生きて来ていない女性に大きな尊敬の念を抱くとともに、彼女がどうやって、どのように考えて育って来たかには本当に興味が有る

 その本の目次の内容を紹介しておきます。

【目次】
第1章
自分の心に嘘をつかない
憧れの存在を見つける
好きなことを、好きなだけ 好きを極める

第2章
頑張り続ける理由悔しいから頑張れた
自分より上の人を目標にする
仲間を見つけて楽しむ
喜んでもらいたい人が見つかると、人は強くなれる
悔しい気持ちをバネにする
みんなの笑顔で元気になれる精一杯楽しむ

第3章
日々の生活において大切なこと後ろ向きな言葉は使わない
長所を伸ばす
自分という軸を持つ
環境を言い訳にしない

第4章
目標設定について一年の目標を持つひと試合ごとに目標を立てる
毎日のサイクルをつくる
毎日の目標をもつ
休まない よく食べ、よく眠り、よく忘れる
一日の終わりは、必ず気持ちよく締める

第5章
オリンピックイヤーから学んだこと努力を記録する
昨日の自分は、決して今日の自分を裏切らない
練習は嘘をつかない
いま、やるべきことに集中する
「いつもどおり」を通す無心の境地
がんばれば絶対できる やるっきゃない
自分らしくがんばれば、それでいい
日進月歩
変わる勇気をもつ
大丈夫、きっと明日はできる!
母への感謝



 この目次を読んだだけで、きっと素晴らしい本なのだろうと想像できます。
 僕は自分が読みたいのはもちろんですが、
息子や娘にも是非読ませたかったのです。 もちろん『努力の天才』と言われる真央ちゃんの真似をして欲しいとは思いませんが、『彼女の生き方からきっと何かを学べる』と思ったのです

 重ね重ね販売中止が残念でなりません。

 いつか、時期が来れば、信頼できる出版社から是非出版して欲しいです。 でも、僕は『いま』読みたかった・・・[E:weep]

posted by ちゃんちゃん at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんちゃんさま、こんばんは。
今日1月17日は阪神・淡路大震災の起こった日ですね。ちゃんちゃんさまは大阪なので、揺れたでしょう?犠牲になった方のご冥福をお祈り致します。助かった方でも、未だ色々と問題を抱えているのですよね。胸が痛みます。この小さな日本列島に信じられない規模の地震が僅か16年の間に二つも起こって。その間にも地震も含め大きな犠牲が出るような自然災害が幾つも・・。
何なんでしょうね、何とかならないものでしょうか・・・・・。

この話はコメント程度では収まりませんね。長くなりそうなので、切り替えなくては。

真央ちゃんの本、残念でしたね。
私はそんな告知の方法をしていたなんて知らなかったので、聞いたときは驚きました。
ささいなことのようですが、やはり美しくないですね。出版社側も悪気があったわけではなく、感覚が麻痺しているのでしょう。まさにマスゴミ。
一年もかけて準備を進めてきたのなら、浅田真央という人をよく理解していたのなら、そんな告知方法すら思いつきもしないはずなのに。一体何を見てきたのでしょう。
浅田真央と一言も話したことがないファンの方が、ずっと彼女のことを理解できているのでは?
真央ちゃん自身も、時間をかけてつくりあげてきただけに、大きな不信感を抱いたのでしょうね。

五月蝿い輩はいるでしょうが、英断だと思います。
しかし・・読みたかったですね。
Posted by カトレア at 2012年01月17日 18:24
カトレアさん、こんばんは。

 阪神大震災時、僕は兵庫県の甲子園の社員寮に住んでいました。
 社員寮付近では激しい液状化が発生し、僕もまさに液状化の瞬間を観察しました。
 ガスの復旧には1ヶ月かかりました。 幸い実家は大阪の十三でしたので、すぐにそちらに戻り、不自由の無い暮らしができましたけど。

 仕事が建設業の技術職ですので、その後、丸々1ヶ月は全く休みが有りませんでした。
 1月19日には、陸上の橋が不通だった六甲アイラアンドに海から船で調査に行くという、海の会社らしい動きも体験しました。 余談ですが、昨年の震災でも、当社社員はすぐに三陸に派遣されました。 土木の技術系社員は、がれきの撤去と共に、遺体の引き上げも行ったそうです。 原発直近の仕事にも駆り出されてますし、大変です。 ちなみに僕も東北応援の筆頭に挙げられてましたが、結果的には行くことなく、今日を迎えています。

 昨年の震災は、母方の実家が茨城ですので、結構心配もしました。
 台風の水害では、父の実家が奈良の吉野の川のそばだったので、こちらもかなり心配しました。
 本当に、こういった災害は無くなって欲しいですね。


 真央ちゃんの本は、本当に残念です。
 僕も帯とポスターをちらっと見ただけなのでさほど気にならなかったのですが、帯やポスター以外の告知も有り、そちらはかなり問題の有る表現が多かったようですね。

 でも、ちょっと事情も有って、僕は本当に、いま、読みたかったです[E:weep]
Posted by ちゃんちゃん at 2012年01月17日 22:45
本の発売は中止になりましたが、こちらのほうは昨日より予約開始しております。

http://www.gashapon.jp/asadamao/
http://p-bandai.jp/item/item-1000014812/
Posted by 回線問屋 at 2012年02月04日 22:40
その件は知ってますよ〜

 美しいスパイラルのポジションを使ったのはナイスチョイスでしたが、私的には『愛の夢』や、SP版『仮面舞踏会』の笑顔のスパイラルとかが良かったです。 衣装だけなら、『ヴァイオリンと管弦楽のファンタジア』とか、良いものは他にも有ったのに… と。

 凄いデキなのは認めますが、今回は見送りです。
Posted by ちゃんちゃん@携帯 at 2012年02月05日 07:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック