2012年02月22日

永過ぎた13年 : 光市母子殺害事件 被告少年の死刑確定へ

 僕がずっと注目し続けていた光市母子殺害事件が、事件発生から13年の年月を経てついに決着の時を迎える。

 生きていれば我が長男と同じ中学1年生で有るはずの夕夏ちゃん。 事件当時、乳飲み子だった長男が居た為に、よりこの事件に強い怒りを覚えたのかもしれない。

 この事件の件を書いた以前の記事では、僕の浅はかな考えや、偏った常識のせいで、僕自身も痛い目を見たせいで、より思いの強い事件となっている。

 決着の時を迎え、色々な思いがめぐったが、遺族で有る本村さんの言葉がほとんど全てを物語っているように思う。 よって僕は余計なコメントは最小限としたい。


 【光市母子殺害  本村さん会見詳報(下)】
 この判決に勝者はいない。犯罪が起きた時点でみんな敗者だ(MSN産経ニュース)

 ――判決前の心境は 

 「非常に精神的に落ち着かない状況だった。努めて特別なことをせず、いつも通りの日常を直前まで続けた。たくさんの取材依頼があったが、お応えできずに迷惑をかけた。明日は判決内容をしっかり墓前で伝えたいと思う」 

 ――弁護団への思いは 

 「殺意の否認は非常に残念だが、逆風の中で熱心に弁護されたことは立派なことだと思う。被告にとっても、最後まで自分の命を助けようと足を運ぶ弁護士と接することで感謝の気持ちが芽生え、反省の一歩になる。弁護のテクニックなどでいかがかと思うことはあったが、弁護士の役割を果たされたと思う」 

 ――被告に言いたいことは 

 「彼のしたことは許されない。きっちりと罪を償わないといけない。判決をしっかり受け止め、罪を見つめ、反省した状態で刑を堂々と受け入れ、全うしてもらいたい。これが私の伝えたいことです」 

 ――この裁判が13年間注目されたのは、本村さんが素直な思いを話してきたことを世論が重く受け止めたからだと思うが、今後、社会に向けてどのような活動したいか 

 「私が色々な方と手を携えてやった活動が正しかったか、正しくなかったかは私が言うことではなく、歴史が判断することだと思うが、何もしなければ始まらない。小さな一歩でも始めれば、社会が変ると実感できた。司法制度を変えることができたのは良かったと思う。今後は、市井の会社員なのできちんと仕事をして、納税をして、一市民として社会の役に立てるようにしたい。特に社会に出て、活動することは考えていない」

 ――判決後、家族とどのようなやり取りをしたのか 

 「判決が述べられた後、(死亡した妻の弥生さんの)お母さんに『長い間お疲れさまでした』と声をかけ、お母さんから『ありがとうございました』と言われた。自分の父親からは『よくがんばった』と背中をたたかれた。また裁判が始まる前、(弥生さんの)お父さんから手紙をもらった。普段あまりしゃべらない方だが、『今まで何も言わなかったけど、よくがんばってきたね』という直筆の手紙をいただき、それがすごくうれしかった。いつも会見の場に私しかでないが、後ろから親族、家族に支えられていたということを改めて痛感した」 

 ――未執行の死刑囚が増えている。執行の現状についてはどのように思われているか 

 「わたしごときが言っていいのか分からないが、法律を読めば死刑確定から半年以内に執行することが法務大臣の責務。法務大臣の思想信条で死刑執行しないことが決まるのは法律違反をしていることになり、おかしなことだと思う。日本は死刑がある。その国の法務大臣は死刑執行の書類にサインすることが最大の役目だと思う。それを放棄したり、責任から逃げる人は法務大臣には適していないと思っている。確かに冤罪(えんざい)の可能性がある事件や、再審請求されている事件は慎重に考えるべきだが、法務大臣の思想信条によって死刑執行が円滑に進まないという事態は避けなければいけないと思う 

 ――13年間、どうして公の場で強くいられることができたのか 

 「私はそんなに強い人間ではない。本当に強い人は、自分の弱さを明るみに出せる。私は弱い人間だから、堅苦しく話してしまう。決して強い人間ではないし、聖人君子ではない。話しながらも悩み、どきどきしながら発言している」 

 ――奥様の結婚指輪をネックレスにしたという話をしていたが、そのネックレスは? 

 「今もしている。棺おけに入るまでしていこうと思っている」

 ――亡くなった2人に言葉をかけるとしたら、どんな言葉をかけるか 

 「私と家庭を持ってもらい、私の子として生まれてきてくれたことに感謝している。守ってあげられなかったことの自責の念が強いが、こうして社会の皆さんに関心をよせていただき、刑事司法制度に影響を与えることができたことなどを、数少ない罪滅ぼしの一つとして報告したい。そしてやはり、妻と娘のように、無残にも人生をたたれてしまうような犯罪の被害者が生まれなくなることを切に願う。一番いいことは犯罪がなくなることで、そのことを社会には知っていただくことができたと思っている」 

 「この判決に勝者なんていない。犯罪が起こった時点で、みんな敗者だと思う。社会から人が減るし、多くの人が悩むし、血税を使って裁判が行われる。結局得られるものはマイナスのものが多い。そういった中から、マイナスのものを社会から排除することが大事で、結果として、妻と娘の命が今後の役に立てればと思う。そのためにできることをやってきたということを(亡くなった2人に)伝えたい」 

 ――今はどのような生活を送られているのか 

 「私自身、2009(平成21)年にある女性と籍を入れて、細々と家庭を持っている。それには色々な理由があるが、私自身、1人で生きていくことがとてもつらくなり、精神的にまいっていた。そしてとてもすばらしい方と出会えたこともあった。いろいろ悩んだし、相手も考えたと思うが、私を支えてくれるということで、今、細々とだが、2人で生活している。その彼女は命日には一緒にお墓に行って、手を合わせてくれている。その人のおかげで、こういった場に立てる。感謝している」


 赤く太字で表示した部分に強く共感を覚えた。
 また、あの弁護団に向けても暖かい言葉を述べられている。 僕には絶対にできないと思えるだけに、凄いと思う。

 法務大臣の死刑執行業務に関しては、僕も過去に取り上げているが全く本村さんのおっしゃる通りだと思う。 死刑執行を行えないので有れば、法務大臣を受けて貰っては困る

 今は本村さんをはじめとする遺族の方々の幸せな将来をお祈りすると共に、亡くなられたお二人方のご冥福をお祈りしたいと思います。 同時に速やかに死刑が執行されることを期待したいと思います。


 あと、毎日新聞にも大きく共感を覚える記事が有ったので紹介しておきます。


 
「新供述」弁護 被告窮地に 佐木隆三さん(ノンフィクション作家)(2月21日 毎日新聞朝刊より)

 差し戻し上告審判決を前に、広島拘置所で毎日新聞記者の面会に応じた被告が「事件の真相を認めてもらった上で、(判決が)厳しいものであれば受け入れたい」と語ったことが報じられた。

 20日の最高裁判決は、その通り厳しいものだった。被告には最高裁の法廷に出廷する義務も権利もないが、せめて判決を聞く被告の表情が知りたかった。

 裁判で被告はどこまで自己主張できたのだろうか? もとより何の落ち度もない主婦を殺害後強姦し、天使のような幼児を巻き添えにした行為に弁明の余地があろうはずはない。

 しかし、犯行当時18歳1カ月だった被告が父親から激しい家庭内暴力にさらされ、中学1年の時、母親は自殺に追い込まれている。この劣悪な家庭環境が捜査段階で明らかになりながら、
なぜか1審で精神鑑定がなされていない。「裁判を受ける権利」が正当に行使されたか疑問に思う。

 差し戻し控訴審(第4審)で大弁護団が編成された。
著名な死刑廃止論者を中心とする弁護活動が、被告に幸いしたかどうかも疑問。むしろ世論を敵に回したといえる

 
その典型が、「母胎回帰ストーリー」で、弥生さんを殺害後に姦淫したのは、自分を母の胎内に回帰させる母子一体化の実現・・・との主張だ。これは「被告の新供述」と弁護団は主張するけれども、法律の専門家として信用に値するかを真剣に検討したのであろうか?

 
このような「新供述」に依拠した弁論を聞かされる方はたまらない。少なくとも弁護人たるものが「そんな言い分は通用しないぞ」としかりつけるべきであり、被告の言い分を垂れ流す弁護活動など有害無益なのだ

 そういう意味で私は弁護団を批判せずにいられない。
あなた方は「新供述」を垂れ流すことで、被告を窮地に追い込んだ。その責任をとることなく今後どのような弁護活動を続けるつもりなのか

 
あえて問いたい。あなた方の弁護活動が被告を死に追いやった可能性がある。それを反省することなく「正義」を振りかざすのであれば人間性のかけらもないような気がする


 こちらも赤い太字部分に強い共感を覚えた。
 本村さんが言ったように、逆風の中での弁護は大変だったろうと今は思う。 しかし、この佐木隆三氏のおっしゃることはもっともなことだ。 僕も同じように思っていた。
 もし、
彼ら弁護団の中の死刑廃止論者が、この事件の弁護を、死刑廃止論の展開に利用しようとたとえ僅かでも考えていたので有れば、今すぐに弁護士を辞めて欲しいと思う

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

 
 
 
 
posted by ちゃんちゃん at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック