2012年02月23日

小中学生にも留年を? もっと他にすべきことが有るだろう?

 橋下市長がまた思慮の浅い考えを口走っている。

 先に断っておくが、僕は先の市長選では橋下氏に投票した。
 それは、平松元市長の選挙公報には何一つ『これから何をする』ということが書かれておらず、それが不満だったのと、劇的に変化するにはダメモトで橋下氏に期待したいと考えたからだ。 市長選は橋下氏に投票した一方、知事選では松井氏には投票しなかった。 これは独裁なんて無理だろうが、維新の会の暴走に対する目付役を造るという意味だった。

 ここで橋下氏に限らず、多くの勘違いした政治家に言っておきたいのだが、選挙に当選したからと言って、『民意を得たのだから』という言葉を連呼して欲しく無い。 投票した人間は、別にその人間のすること全て、マニフェストの全てを支持しているわけでは無いのだ。 むしろ、誰も期待できない中での『究極の選択』で選ばれた人間なのだと謙虚に考えて欲しいくらいで有る。

 橋下氏に関しては、学校教育現場での国家斉唱時の教員の起立の義務付け等では同じような考えだ。
 選挙時の労働組合の政治活動を調べる為に、社内メールを調べるというニュースも否定しない。 少々やり過ぎは有るように思うが、そういうことも想定して会社のメールは使用すべきと考えているからだ。 少なくとも僕はそう考えながら会社でのメールやネットはやっている。

 しかし、今回の件に関しては、批判が先に出てしまう。


 橋下市長:小中学生に留年検討 大阪市教委に指示(毎日jp)

 大阪市の橋下徹市長が、小中学生であっても目標の学力レベルに達しない場合は留年させるべきだとして、義務教育課程での留年を検討するよう市教委に指示していたことが分かった。法的には可能だが、文部科学省は年齢に応じた進級を基本としており、実際の例はほとんどないという。

 橋下市長は、市教委幹部へのメールで「義務教育で本当に必要なのは、きちんと目標レベルに達するまで面倒を見ること」「留年は子供のため」などと指摘。留年について弾力的に考えるよう伝えた。

 文科省によると、学校教育法施行規則は、各学年の修了や卒業は児童生徒の平素の成績を評価して認定するよう定めており、校長の判断次第では留年も可能。外国籍の生徒で保護者が強く望んだ場合などに検討されることがあるという。

 市教委も「学校長の判断で原級留置(留年)できる」としているが、実際は病気などで出席日数がゼロでも進級させているという。担当者は「昔は長期の病気欠席などでごくまれにあったと聞いているが、子供への精神的影響も大きい」と話している。

 橋下市長は22日に予定されている教育委員との懇談で義務教育課程での留年について提案、意見を求める予定という。


 この件では早速今日、大阪市長と大阪市教育委員会に宛てて意見メールを送った。 その際、驚いたことに、大阪市教育委員会直通の意見メールのアドレスや意見フォームが無く、大阪市のHPのトップのご意見フォームを利用するしか無かったことだ。 これでは迅速で丁寧な対応などできるわけも無い。 仕方ないので、市長と大阪市教育委員会宛と記載して意見を送った。

 今回のこの橋下市長の意見を否定する僕の考えは主には以下の通り。

 ① 留年の推進を話す前に、知的障害を持つ子供や不登校児に対する扱いや
   対策を明示すべきで有ること。
 ② 勉強ができないがために留年させられた児童が、新たないじめや不登校の
   危険にさらされる危険性が高いこと。
 ③ 大阪市が独自に進めて良いことでは無いと思えること。
 ④ ①の件と同様、そういう脱落してしまう児童を発生させない対策や、不登校
   児等の勉強のケアに関する対策がもっと優先事項で有ると思われること。



 橋下市長の考えは、いつも常に『強者の意見』だと感じます。 『できる子』の考え方。
 世の中には『弱者』や『できない子』も沢山居ます。 政治家が最優先してすべきは、そういうところの対策では無いでしょうか? 今の政権や政治家に任せていたら、日本はますます格差が拡がってしまいます。

 政治家や我々大人のすべきことは、『弱者』や『できない子』をいかに無くすかでしょう?

 そこに立ち戻って政治家は語っていただきたいと切に願います。

posted by ちゃんちゃん at 00:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小学生で留年はかなりキツいですよねぇ。
授業について行けない子をどうフォローするか、習熟度別クラスにするとか補習をするとか、少人数学級、複数担任等色々考えられると思うんですが、どれもお金がかかるんですよね。

「もう1回3年生をやれ」というのは、ある意味お金がかからなくて“簡単”だし、インパクト強いからとりあえず言ってみた、ってところなんじゃないのかなぁ。
Posted by ひゅうが霄 at 2012年02月23日 11:36
反対意見を聞いて、夜には言うこと変ってましたね。
 補修を充実させるようなことに変ってました。

 僕が嫌いなのはこういうところなんですよね。
 良く言えば臨機応変なんでしょうが、どう考えても却下されそうなことでもつい口に出してしまうことこそが問題なんだと思います。 無用に敵を作る必要は無いわけですから・・・

 政治家はみな、非常に多くの人間が発言を聞いているということを忘れてはいけません。
Posted by ちゃんちゃん at 2012年02月23日 18:49
橋下氏の場合、注目されるのが嬉しいからどんどん無茶を言ってしまう、っていうふうに見えます。

とりあえずインパクト、っていう。
問題提起として過激なことを言うのが効果的なこともあるけど、「後で修正すればいいや」で連発されたら振り回される周りが大変(>_<)
Posted by ひゅうが霄 at 2012年02月24日 10:39
もし本当にそうなら、お子ちゃまですよね。
 まあ、僕は『注目されるのが嬉しいから』とまでは思ってませんが、ああいう、上の立場からガツンと言う人間は原則好きでは無いんですよね。

 建設業界では社内外にそういう人は多いです。 『声の大きい人が強い』というのは嫌いです。 いわゆる『かましするヤツ』が大嫌いなんですよ。
Posted by ちゃんちゃん at 2012年02月24日 20:14
尾木氏は〈小学校で九九ができなければ、留年させてでも面倒をみる。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120224/plt1202241810007-n1.htm

(小中学校でも)留年させても府民の子供の力をつけてもらう、というのを橋下さんが出してきたら僕は大喝采します〉とコメントした。この斬新な教育論に橋下氏が反応し、掲載翌日には大阪市教育委員会に検討要請までしたというのだ。

とのことで
今回も橋下氏自ら考えたことではないんですよね。
人が考えたことを自分の考えにするのが上手です。

過去には役所の人か誰かが
政策を提案したのに、橋下氏が実行しなかったことがあったそうですが、

役人の反対にあったので実行できなかった
と橋下氏は答えてたそうで
す。
Posted by ちょび at 2012年02月25日 10:48
もしも嘘をついたのなら論外ですね。

そういえば小沢氏は、裁判で、『天下国家のことを考えるのに集中していた(だから収支報告書は部下に任せきりだった)』と言ってました。 これは嘘でしょう。
仮に本当だとしたら、代表者が造らないといけない収支報告書を造ってないことになり法的な別問題が発生しますし、第一、小さいことができない人間が天下国家を善くすることなんてできるはずが有りませんね。 そんなことも考えずに、こういう発言をしてしまうことが思慮が無いと思うんですよ。

尾木氏は、今回の橋下発言にはTVインタビューで困惑の表情を浮かべてましたね。 自分の発言の意図とは少し違ったみたいです。
Posted by ちゃんちゃん@携帯 at 2012年02月25日 11:16
ちゃんちゃんさま、こんばんは。
大阪、熱いですね。
わたくしごとですが、この時期は大阪方面が吉方位だったので、厄落としに旅行でも行こうかと思っていたのですが、突如沸き起こった前述のピンチで心が奪われ、いつしかグダグダに・・。明日にでも強引に旅立てばまだ有効なんですが、準備もなく旅立つのは、ちょっと勇気が・・大阪には行ったことないので、名所もよくわからないw。海遊館にはずっと行きたいと思っているのですけど。おすすめスポットってありますか?

ところで、橋下市長って信用していいのか否か、見分けづらい人物ですよね。国家斉唱を!と言っているのは断固支持ですが、外国人参政権とかなんで推進派なのか?
いま、反日思想なの?みたいな政治家が目につきますが、橋下さんみたいにボーダーラインの政治家も多い気がします。

留年制度も、種々のサポート体制がある上で検討されるべきことと思います。こども園などとも通じますが、経済格差や親の社会的地位で子供の将来が決定される社会が固定される方向は勘弁してほしいです。
Posted by カトレア at 2012年02月29日 22:56
カトレアさん、こんばんは。

 大阪の良いスポットですか・・・
 実は今、大阪近辺のハイキングコースを検索していたところです[E:coldsweats01]

 海遊館は、正直あまりお勧めでは有りません。 大阪では無いですが、兵庫県の須磨海浜水族園の方が断然お勧めです。
 海遊館がお勧めでは無い理由は、ショー的なものが少ないのと、原則、大きな水槽の周りをぐるぐる回っているだけなんですよねー ゆっくり回らないと時間を持て余してしまいます。 その点、須磨は、平面的に広くて、そこそこ多くのショーが有ります。 伊勢志摩の鳥羽水族館には及びませんが。 関西の水族館なら、断然鳥羽ですね。

 う~ん・・・ 旅行で大阪となると、考えてみましたが、案外何も無いですね[E:coldsweats01]
 ユニバーサルスタジオも実は行った事無いですしね。 所詮ディズニーランドには遠く及びませんし・・・

 大阪方面と言う意味では、須磨同様、兵庫県三宮付近の北野異人館とかは良いかもです。 神戸港方面や、六甲山方面(ロープウェイを使って布引ハーブ園とか)も併せて考えられますし。
 実は来週の平日に、ハイキングにどこか外出したいと考えているのですが、三宮から布引方面は候補の一つです。
 あとは京都ですかね・・・
 京都はどこに行っても観ることこ有りますからね。 失敗が無いですよね。

 実際、こちら方面へ来られて、何か困ったらここにコメント下されば結構ですよ。 土曜日までは忙しいので、すぐに返答できるかどうか解りませんが・・・


 橋下さんは、僕も国歌斉唱の件は大賛成なのですが(学校の先生が国歌を歌わないとか起立しないとかは論外だと思ってます)、彼の思った通りにやると、格差が拡がりそうで嫌なんですよね・・・
 まあ、あれくらい極端で無いと、変化は望めないのかもしれないんですけど・・・
Posted by ちゃんちゃん at 2012年02月29日 23:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック