2012年08月27日

淡路島一泊旅行・夏 part2 : 休暇村南淡路編①

 さて、淡路島一泊家族旅行初日の後半編です[E:happy01]

 阿万海岸海水浴場を出たのがまだ13時半頃だったので、いったん宿泊先で有る休暇村南淡路を通り越して道の駅うずしおへ行きました。

 春に来た時ほど試食を楽しむことはできませんでしたが、それなりに試食もし、ここはお土産も少し安いような気がしましたので、お菓子などのお土産も買いました。

 15時過ぎには休暇村南淡路に到着しました。

Kyuukamura

 これは湾の対岸の福良港から撮影した写真。
 丘の上に見える大きな建物が休暇村南淡路の宿泊棟。 海岸沿いにはその休暇村のオートキャンプ場が有ります。

 到着後、少し休憩してから、息子と僕はそのオートキャプ場の海岸へ釣りに行き、娘と嫁さんはお風呂に行きました。(釣りのレポートは次回に書きます)

 それから楽しみな夕食のバイキングへ[E:note][E:happy02]

Yorubaikingu1

 僕のセンスが悪いのでイマイチに見えるが、まあまあのメニュー[E:happy01]
 でも、何か物足りないと思って春の時の記事を見たら・・・

 天ぷらが無い[E:crying]

 玉ねぎの天ぷらが無いのは痛い[E:crying]

Yorubaikingudezaert

 これはデザート。

 写真には写って無いが、春と違い、今回はジェラートが有った。 でもバニラが無いのが残念だった。 ちなみにプリンは絶品[E:happy02]

 バイキングなので、皆お腹いっぱい食べた[E:happy01]

 食後、ウミホタルの鑑賞会が有ったので、それに参加。
 少し解りにくかったが、ウミホタルの蒼白い光が見えた[E:happy01]

 続いてスターウォッチングに参加。
 春は悪天候のため、パソコンを使ってのお話だけだったので残念な思いをしたが、今回は最高の天気の下、星空の観察と望遠鏡を使っての観測ができました[E:happy01]
 この
スターウォッチングでは、大型望遠鏡で土星の観測、小型望遠鏡2台で月表面の観察を行いました。 土星は土星本体と輪が同じ色に見えましたが、土星だということははっきりと解りました。 春は確か木星だったので、もう少し大きく見えたはずなので、春に観れなかったのは本当に残念です。
 月の方は、表面のクレーターがはっきり見えて、非常に面白かったです[E:happy01]

 この後、皆でお風呂に入りました。
 その際に量った体重、僕は62.2kgでした。

 体重が62kgを超えたのは、6月末以来2か月ぶりでした。 やはりバイキングの威力ですね[E:coldsweats01] 嫁さんは、夕食前と夕食後で1kg変わったそうな[E:coldsweats01]

 お風呂から部屋に戻って来て、皆でふとんの上でごろごろしていると・・・

 電気つけたまま、21時40分頃でしょうか、全員寝てました[E:coldsweats01]

 22時半頃に僕が目が醒め、電気を消して再び寝ました。 たぶん、誰も歯磨いて無いや[E:coldsweats01]

 皆早起きでしたし、海水浴場でみっちり遊んだのでよほど疲れていたのでしょうね[E:coldsweats01]

 翌朝、僕は全身、少しだるかったです[E:coldsweats01]

 朝は6時過ぎには全員起き、朝食前に再びお風呂に入りました。 ちなみに僕のその時の体重は61.5kgに減ってました[E:coldsweats01]

Asabaikingu

 そしてこれが朝のバイキング。

 前回と違い、スクランブルエッグが有る[E:happy02]

 これは嬉しかったです。 僕は朝のバイキングではスクランブルエッグが一番楽しみなんですよ[E:happy01]

 温泉タマゴを使ったタマゴかけ、ウィンナー、カスタードパンが美味しかったです[E:happy02]

 子供達が望めば二日目も海水浴場に行くことを予定していましたが、1日目にもうお腹いっぱい遊んだようで、その予定は変更し、朝はチェックアウトぎりぎりまで休暇村で過ごすことにしました。

 そこで朝食後、息子と僕は昨夕に続き海岸へ釣りに(この釣果も次回書きます)、娘と嫁さんは再びお風呂に行きました。 嫁さんはこれで都合5回目の入浴[E:coldsweats02]

 そして、10時ちょうどに休暇村をチェックアウトしました。


 今回記事はこれにて終了。

 次回、『part3 : 休暇村南淡路編② 釣り編』に続きます。

posted by ちゃんちゃん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック