2013年04月13日

まさか今週も淡路島に行くとは思わなかった(苦笑)

 今朝の地震は結構揺れましたね[E:coldsweats02]

 地震のおかげで、怒涛の一日となってしまいました[E:gawk]

 今朝はまさにその地震で目が覚めました。

 強い横揺れを感じ、目を覚ましました。
 阪神大震災の時同様、地震のさなかに気になったのは震源地がどこか?ということ。 大阪であれだけ揺れて、震源地が遠ければ、当然相当の被害が想定され、当然我々建設業者は異様に忙しくなったりします。 人員が不足しているのに、これ以上仕事が増えるのは困るんですよね・・・
 あと、わが家は海抜0メートルに近い場所に住んでいるので、津波が来たら一発です。 まあ淀川の堤防は大丈夫だろうとは思っていますが、東北の震災のことを考えると、その考えも甘いと思えてしまいますしね。 揺れが収まったらすぐに1Fに降りて地震情報を確認しました。

 震源は比較的近くて津波の心配も無いということで少し安心しましたが、震源は淡路島[E:coldsweats02] 1週間前の土曜日であれば、地震発生に時刻、僕と息子は南淡路の海岸で釣りをしている時間でした。 もし地震が1週間前だったら、津波にびびってパニックになっていたかもしれませんね[E:coldsweats01]


 TVでニュースを観ていると、すぐに会社がセキュリティ会社と契約している安否確認メールが来たのですぐに返事しました。
 6時半頃には会社の上司から、今日、有事に動けるかどうかの確認電話が入ります。
 7時過ぎには某役所より電話が入り、現在施工現場(今日は当該現場は休み)の安全確認指示が入ります。 どうせなんともないのは解っていましたが、すぐに朝食を済ませてから走りました。 8時過ぎには異常無きことを確認して某役所に報告し、9時頃に帰宅。

 今日は私用で2件のどうしても済ませたい用事が有ったので、1件目の用事の為に休む間もなく9時過ぎに自宅を出発。 するとその目的地に向かう途中に会社より連絡が入り、淡路島の物件より被害確認依頼が入りました。 出先で色々と調整し、用事を済ませて自宅への帰路に会社に寄り、資料を持ち出しいったん帰宅。 再び一度も座ることなく2件目の用事に出発。 2件目の用事も僕が不要になった瞬間に退席。 この2件目の用事前後の移動はほとんどランニング[E:gawk]

 13時前に出発し、14時に淡路島の目的地に到着。
 2時間近く現場調査を行いました。 途中には結構大きな余震も有りました。

 16時前に淡路島を出発し、途中会社への報告等を行いつつ会社に向かいます。
 17時過ぎに会社に到着し、今日の調査報告書をまとめ、関係各所にメールを入れ、19時頃に退社。 それにしてもこんな日に営業の人間は一人も出社していないのだから気楽なやつらだ[E:gawk] この辺がうちの会社のおかしいところだ。

 帰宅するとフィギュアスケートの中継はとっくに始まっており、観るが、今日の2件の私事の後始末が色々有って、ほとんど観ずに作業をして、落ち着いたのは22時前。 とにかくまともに休む間も無い一日でした。

 昨日は夜の仕事も有ったので、朝寝坊したかったのに地震で目が覚め、怒涛の一日・・・ ちょっと疲れました。 特に目が疲れています。

 今日は夕方に15km走したかったんですけどね~[E:weep]
 明日は朝ランできるかなあ・・・ せめて15km走りたいなあ・・・ 
 もう眠いので、できるだけ早く寝ます。 明日も出かける予定ですしね。


 それにしても2週続けて淡路島に行くとは思わなかった[E:coldsweats01]
 やっぱり淡路島へは遊びに行きたいです。


 しかし、建設屋ってのはつくづく因果な商売だと改めて思いました。 わざわざ余震が有ると解ってる場所に行くわけですからね。 阪神大震災の時なんか、わざわざ船で六甲アイランドに行ったもんなあ[E:gawk]
 クレーム担当だからなおさらですね・・・[E:catface]

posted by ちゃんちゃん at 23:31| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変な1日でしたね。
本当にお疲れ様でした。

滋賀はそれほどの揺れは感じず、ケータイの緊急地震速報のサイレンにびっくりして飛び起き、「え?播磨灘?」と速報メールを読んでるうちに揺れ終わってた感じでした。

震源といい発生時刻といい、嫌でも18年前を思い出さずにはいられませんでした。
怖いですねぇ、地震……。
Posted by ひゅうが霄 at 2013年04月14日 11:15
揺れていたときは僕はもう仕事を
していたのですが
揺れる30秒ほど前に町内放送で
大地震です!とフルボリュームで
放送したので皆、飛び起きた様です

ちゃんちゃんさんは大変でしたね。
これからも暫くは忙しいとは思いますが頑張ってください。
Posted by あお at 2013年04月14日 19:03
皆さん、緊急地震速報を受信されているんですね。

 我が家では寝室に携帯を置いていない上、仕事の携帯以外は受信しないので全然気付かずでした[E:coldsweats01]


> ひゅうがさん

 本当に、阪神大震災を思い出しますよね。
 時間を見て本当に思いました。


> あおさん

 地震発生時、もう仕事されていたのですね。

 30秒前に解れば色々対処できそうですよね。 緊急地震速報はなかなか役に立ちますね。

 仕事については、被害物件は今回の1件のみでしたので、どちらにsろ来週もダブルブッキングが続く僕では対応できません。
 阪神大震災の時は自社施工物件以外でも多くの引き合いが有りましたので、とりあえず1ヶ月は休み有りませんでしたが、今回は前みたいなことは無さそうです。
Posted by ちゃんちゃん at 2013年04月14日 20:35
お疲れ様でした!
お仕事とはいえ大変ですね。

今回は県の防災システムで予測されたような甚大な被害にならなくて幸いでしたが、それでも、余震の規模の予想もつきませんし、そういった中での現地入りはご家族も心配されたでしょうね。

それにしても、揺れが始まった時は衝撃がかなりあったので、本当に震災を思い出してドキッとしました。
でも、携帯は電源を切っていたせいか緊急地震速報はキャッチできず、偶々起きていてテレビも付けていたので良かったですが、完全爆睡中だと何の役にも立たない代物ってことにも… (^_^;)

あの程度であれだけ狼狽えてしまったのですから、東南海が起きた時にはどうなってしまうことやら。
ますます不安になりますね (-_-;)
Posted by 手鞠 at 2013年04月15日 19:51
手鞠さん、こんばんは。

> 余震の規模の予想もつきませんし、そういった中での現地入りはご家族も心配されたでしょうね

 それがですね。
 さっきようやく嫁さんの口から、『でも良く考えたら、地震当日に現地に行って、大きい余震でも来たら大変なとこやったね。』という言葉が出て来た次第です[E:coldsweats01]

 車の運転は最初から心配して貰ってましたが、余震に関する心配は全く皆無でしたよ[E:coldsweats01]

 緊急地震速報は、今回の手鞠さんの携帯みたいに機能しないことも有るでしょうが、それでも多くの効果は有ったと言えるでしょうね。 阪神大震災の時にこのシステムが有れば、おそらく被害も小さくなったことだろうと思わずには居られません。
Posted by ちゃんちゃん at 2013年04月15日 22:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック