2013年10月06日

今年もだめなのか・・・

 凱旋門賞が終わった。

 オルフェーヴル2着
 キズナ4着・・・

 ノヴェリストが熱発で回避し、最も怖いと思っていた3歳牝馬トレヴに完敗だった。

 今年は昨年とは比べ物にならないレベルだったことは解っていた。 それでもなお、今年は過去最大のチャンスだと思っていた・・・

 しかし世界の壁は厚かった。

 凱旋門の扉はこれほどまでに重いのか・・・

 中盤までは武豊騎手が上手くトレヴを内に封じ込めるかに見えたが、いつの間にか、キズナの前に行っていた。 キズナも動かざるを得なかったが、その差は開く一方だった・・・

 チャレンジした陣営の関係者に今言えることは、とにかくお疲れ様ということと、夢を見せていただいてありがとうという言葉。
 そしてオルフェーヴル・キズナ両陣営だけではなく、日本のホースマン達には、これに懲りずにチャレンジを続けて行っていただきたい。 それがファンの我儘だということは解っては居ますが、それでもなお願わずにはいられません。

 エルコンドルパサー、ディープインパクト、そしてオルフェーヴル、キズナの悔しさを、いつかもっと強い相手を倒して喜びを何倍にもして味わいたい。

 我儘ないちファンの想いです・・・

posted by ちゃんちゃん at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もだめでしたね。残念です。

日本馬が優勝すれば、昨夜は一人祝勝会(ただの深酒の晩酌ともいう)
を予定していたのですが、それも叶いませんでした。
レース後、残念会もせずに早々に寝てしまいましたよ。

でもこれからもチャレンジして欲しいです。
欧米のホースマン達に目に物見せてやりたいですね。
Posted by 銀ベェ at 2013年10月07日 18:23
完敗でしたね・・・

 同じ敗戦でも、昨年のように弾けたオルフェを観たかった・・・

 ただ、相手が強かっただけなのでしょうが・・・

 今年は大声上げるシーンも有りませんでした[E:weep]

 来年、もっと強くなったキズナで再チャレンジして欲しいです。
Posted by ちゃんちゃん at 2013年10月07日 18:27
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック