2013年10月07日

伝説のプログラムへ・・・ 浅田真央、オリンピックに向かって期待高まる今季初戦! : ジャパン・オープン

 浅田真央選手が上々の滑り出しで今季初戦を終えました[E:happy01]

 TV放送の有った5日は佐世保に出張で行っていたのですが、現地では放送が無く、携帯で動画を観ただけでした。
 昨夜遅くに帰宅して1回、本日1回演技を観ましたが、別記事のコメントでカトレアさんがおっしゃっていたように、観れば観るほどに味の出て来るプログラムだと感じました

 バンクーバーシーズンの『鐘』は最初は??な感じで、完成度が高まるにつれてその良さがどんどん出て来るプログラムでしたが、今季FSは最初から3回観ただけでどんどん良く感じるようになって来ます。 そしてもっと良く感じるようになって行きそうです。 もしもソチで完璧な演技が出来たなら、伝説のプログラムになるのでは無いでしょうか?

 真央ちゃん、ジャンプもさらに質が良くなったような気がします
 どのジャンプももともと細かった軸がさらに細くなり、そのせいか回転が速くなり、キレも良くなって、結果、ある程度身体が浮き上がってから回転するディレイド回転のジャンプになっているように思います。 飛距離も出て、流れも良くなっています
 特に3F+2Lo+2Loと3Loが凄く良くなっていますね。 今大会はGOEもしっかりと評価して貰えました。
 3Lzはeが付きましたが、ジャンプ自体の質はとても高いため、ヨナみたいにGOEがプラスになることは無いにしても、減点が最小限に抑えられています(-0.4)
 3SのUR判定はちょっと厳しいような気がしますが、3Aはきちんと認定されましたね。

 ステップも素晴らしく、今大会のステップ中の表情が、2010年の世界選手権のFS『鐘』の時と被りました。 気迫溢れる表情だったと思います。
 ステップなのかつなぎなのか、言ってくれないと解らない、隣国のエセ女王様とは比較になりませんね[E:catface]

 僕的には、ステップ入った直後のガッツポーズみたいな腕の形で高速回転するところと、スパイラルの時に片手で氷面をサっと払うようなところ、そして最後のポーズへの動き大好きになりました[E:happy01]

 あと、真央ちゃんって肩の可動域が凄く広いなあ・・・ と改めて思いました
 ステップ中とか、腕の動きが凄いんですよね。 顔芸しかできない誰かとはえらい違いです。

 当初、PCSは高めの評価だったように感じましたが、観れば観るほど相応の評価だったような気がしてきました。
 バンクーバーOPや直後の世界選手権のキムのPCSに比べたらまだ低過ぎるくらいですね[E:catface]
 ちなみに当時のPCSと今大会のPCSは以下の通り。(FS)

            J・O     2010世選  バンクーバーOP

 真央ちゃん   67.77     62.48      67.04
   ヨナ                65.04      71.76
 ロシェット    64.16                 68.48

 うん、けして今大会の真央ちゃんが高過ぎるというわけではないですね[E:catface]


 ところで、ロシェット選手も、長く戦っていなかったのに、以前よりむしろ細く見え、ジャンプのキレも素晴らしいですね。 もしかして、ソチに出るつもりでも有るのでしょうか?


 他の選手達にも少し触れておきます。

 村上選手は近年克服したかに見えたループとアクセルが全然でしたね。 靴の不調を聞いていますが、それだけが原因なら良いのですが・・・
 期待していた高橋選手のビートルズメドレーは・・・ 正直僕の好みでは有りませんでした。 ステップも素晴らしいのですが、高橋選手のステップは『今から行くぞ!!』とばかりに会場を巻き込みながらステップに入っていって欲しいのです[E:gawk]
 そういうノリが高橋選手のボルテージも上げそうですしね。

 他では、フェルナンデス選手はさすがでしたね。 今季も日本男子の強力なライバルになりそうです。

 

posted by ちゃんちゃん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック