2013年11月24日

町田選手が2連勝でファイナル進出! : フィギュアスケート グランプリシリーズ第6戦ロシア杯

 町田選手は文句無しの優勝で良かったのですが、採点については先行き不安になる大会でした・・・

 ロシアよ、お前もか

 という感じです[E:gawk]

 

 これでファイナル進出上位6名が決まりました。

 パトリック・チャン(カナダ)
 町田 樹(日本

 羽生結弦(日本)
 マキシム・コフトン(ロシア)
 高橋大輔(日本)
 ハン・ヤン(中国)

 織田君は残念ながら次点でしたね・・・
 行けると思ってたんですが・・・
 誰かが欠場でもすれば、繰り上がりにはなりますが・・・
 順位点こそ負けましたが、得点そのものでは、コフトン選手やヤン選手に負けてないだけに、ファイナル進出を逃したのは悔しいです。 実力ではこの2名には絶対に負けて無いのに・・・ ファイナルに出れれば、メダルを狙う力も有るのに・・・


 女子の方は以下の6人に決まりましたね。

 浅田真央(日本)
 ユリア・リプニツカヤ(ロシア)
 アシュリー・ワグナー(アメリカ)
 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
 アデリナ・ソトニコワ(ロシア)
 エレーナ・ラジオノワ(ロシア)

 こちらは鈴木明子選手が次点でした。
 でも、あまり調子も良く無かったですし、仕方なかったですかね・・・
 コストナー選手もファイナル進出を逃してしまいました。

 それにしてもロシア娘の活躍が凄いですね。


 しかし、今大会は日本選手下げ、リプニツカヤ選手上げ、コフトン選手上げがロコツでしたね[E:gawk]

 特に酷かったのは、リプニツカヤ選手のショート。 72点は出し過ぎです。
 コフトン選手もそうですが、日本選手比でPCSが高過ぎる。 そういえばコストナー選手のフリーのPCSも高過ぎ。
 逆に町田選手のショートはもう少し出してくれても良いでしょう。

 女子は皆酷過ぎます
 特に村上選手と今井選手が酷い。 二人とも、もっとPCS出しても良いと思う。 特に今井選手は随分と滑るようになったと思います。 スピードが良く出てますし、上半身も良く動いていて良く音も捉えていたように思います。
 村上選手のフリーも、3Lzのエッジエラー以外は見た目ノーミスなのに、きっちりUR取られて減点されてました。 微妙なものは、選手の有益に判定するというのがルールじゃなかったでしょうか? UR取られたジャンプはそれに充分当てはまると思うんですけどね・・・
 村上選手は、得点はともかく、ショートの悔しさをフリーで晴らせて良かったです[E:happy01]
 あ、あと、長洲選手もフリーは出して貰えなかったですね・・・

 この僕の感想は、厳密に検証したものでは無いので(バカバカしくて、それに時間を浪費する気にすらなりません)、根拠には乏しいですが、印象的にはそれほど間違ってはいないと思います。

 なにせ、上げたい選手はGOEとPCSで上げて、下げたい選手はGOEとUR、PCSで下げるということだけは今もはっきりしていると思います。

 これでは、今後の大会で、隣国の偽女王様がどれくらい上げて来られるか解らないという不安が有ります。 真央ちゃんは、PCSでは上げて貰える選手だと思ってますが、おそらく偽女王様はその上を行きます。 そして真央ちゃんはGOEは出して貰えないし、URで削られるかもしれません。 10点くらいはそれで差がつきますし、下手したら20点近く差がつくかもしれません。 それでは4回転を余計に2回跳ばないといけませんよね・・・

 今年はまだ少しマシな採点かなあと思ってましたが、ファイナルを前に、一気に不安になって来ました[E:gawk]

posted by ちゃんちゃん at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック