2014年01月12日

休養の決断をすべきか・・・

 どうも膝の具合が芳しく無い。
 腸脛靭帯炎がクセになったのか?

 先週日曜日の15km走で痛みが出たため、今週の平日は忙しかったり寒かったり、天気が悪かったりも有り、大事をとってランを控えていたのにも関わらず、今日はいつもの夜ランの距離でも違和感が出た。 正直、走ろうと思えば10kmは充分に走れそうだったが止めた。

 ここは泉州を走るためにも、逆にすっぱりと休養する決断が必要なのかもしれない。


 走ると感じる違和感・・・ 僅かな痛みも、歩けば平気。
 走り終わり、屈伸等をしても、ほぼ違和感は感じ無い。 しかし、走ると違和感を感じる。 そんな感じ。

 このまま練習を続けても、淀川の時のようにリタイアになる可能性が高い。 ここは思い切って練習を止めるべきのように感じる。
 他人が怪我した時には、『しっかり治してから再開した方が良い』と涼しい顔で言って来たが、いざ自分のことになると、なかなかそれはできるものでは無い。 大会が控えているとなおさらだ。

 少し無理をすれば、正直それなりに走れる。 しかし、今度泉州で淀川の時のような痛め方をしてしまえば、秋の淀川にまで悪い影響が出てしまう。 それが怖い。
 年間1500kmとか、泉州での4時間24分とか、元日に挙げた目標が有るが、この二つはダメでも淀川でのサブ4はなんとか達成したいのだ。 だから、この二つの目標に黄色信号が灯っても、ここは休養すべきと考えた。 それを貫き通せるかどうかは今のところ心配だが、走らずに調整をしようかと今は考えている。

 仕事の日は4.26kmのウォーキングのみ。 あとは仕事での移動ではエスカレーターを使わないようにするなど、地道な運動。 休日は3~4時間のウォーキング。(12.4km~18.6kmくらい) ようは3時間以上、続けて身体を動かすということ。 あとは少しの筋トレ。
 これで泉州を走れるだろうか? もしかしたら、練習で走らなくても、大会時に痛みが出るかもしれない。 その時は病院に行くべきか。

 泉州まであと35日。 僕は意志が弱いので、足が大丈夫だと感じたら、また走ってしまうかもしれないが・・・ それはダメなのだろうな・・・


 今日の走行距離 :  6.2km
                34分21秒
                 5分32秒/km
                 10.83km/h
 今月の走行距離 : 37.74km


 走れない足・・・ 悔しい。。。

posted by ちゃんちゃん at 21:20| Comment(10) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1週間ラン休むか
ウォーキングがいいかもしれませんね。


自分も膝痛でました。
1ヶ月以上走ってないのに
昨日自転車こいでたら右ひざが痛みました。

筋力がかなり落ちたからかもしれません。
Posted by ちょび at 2014年01月12日 22:55
いえ、1週間では無く、大会までずっとです。
 今さら、1週間程度のラン中断では、効果は見込めそうに有りませんので。
 とのかく、とことんウォーキングのみです。

 ちょびさんの場合、ランどころか、運動量が極端に落ちてますから、筋力も落ちているでしょうし、関節が固まってそうですよね。
 僕より、ぼちぼちやっていかないといけなさそうですよね。

 お互い、大事に行きましょう。
Posted by ちゃんちゃん at 2014年01月13日 21:58
ちゃんちゃんさんこんばんは。

整骨院とかで治療はしてらっしゃると思ってましが・・。
かなり辛そうで、言葉をかけようがないです。僕の場合は、毎日、整骨院に行って、走れないかわりにウォーキングとスクワッドで、1か月で淀川のハーフを走れるようになりました。
ウォーキングでもかなり心拍数は上がるので、それなりに練習にはなってると思います。
だから、ちゃんちゃんさんも、最後まで望みを捨てずに頑張ってください。
Posted by トイプーロロ at 2014年01月13日 22:44
難しい決断ですよねぇ。正直何が正しいかは判らないと思います。


話は少し脱線しますが、自分がランニングを好きになったのは競馬の調教・レースに似ていると思ったからでもあります。
例えるなら自分自身が馬主・調教師・騎手を兼ねている感じといったところでしょうか。

外から競馬をやっていれば単に勝った負けた、走った走らないだけなのですが、
走る走らないの本当の理由は騎手調教師にしか判らない事もあるし、馬にしか判らない理由がある事を
ランニングを始めてリアルに感じ取れた気がします。

何か抽象的な話になってしまいましたが、どんな決断であっても間違いは無いと思います。
Posted by 銀ベェ at 2014年01月14日 00:37
> トイプーロロさん

 痛み自体は全く深刻なものでは無いので、そういう意味ではご心配無く。 逆に心配いただいたら申し訳無いくらいです。
 しかし、いざマラソン完走を目指すという意味では、僕にとって重い問題であることは事実です。

 本当は整骨院等も行くべきなのでしょうが、時間とお金をこれ以上かけたくないというのも有ります。 ただ、いくら休養しても同じだと言うのなら、そうも言ってられません。 やはりフルマラソンサブ4は何がなんでも叶えたい夢の一つですから。

 泉州は制限時間が厳しいですが、行けるとこまで行こうと思います。 ただし、秋の淀川リベンジへの大きな障害になると判断したら、その段階でリタイアすべきと考えています。
Posted by ちゃんちゃん at 2014年01月14日 08:20
> 銀ベェさん

 マラソンを競馬に置き換えて考えたことは有りませんでした[E:coldsweats01]

 確かに、馬主・調教師・騎手に加え、競走馬も兼ねていますよね[E:coldsweats01]
 なるほどという感じです。

 レースも調教も、引っかかりがちですので、引っかからないように、抑えて行かないといけませんね[E:coldsweats01]
 僕の場合、かなり慎重にやって来たつもりなんですが、もともとの運動経験がほぼ無く、体力も無かったのに、自分の体型が向いていると思っていたために、色々と軽視していたのだと思います。
Posted by ちゃんちゃん at 2014年01月14日 08:24
それって、1シーズンあきらめるぐらいの休養したほうがいいんじゃない^^;

休養したら取り戻すのが大変だと思うけど・・

中途半端な休養で完治しないまま続けたらぁ、慢性的な痛み(持病)になっちゃう気がする。

20代の身体じゃないから少しの無理が間接にまで影響してくるんじゃない^^;

いま頑張ったら引退の危機かもだよ。
休養して1シーズン遅れでも現役を目指す。

シード権とかないから無理しないほうがいいと思うよぉヾ(><*)
Posted by マリ at 2014年01月14日 23:56
マリさん、ありがとうございます。

 確かにおっしゃる通りなのかもしれないんですよね。 ただ、現時点では、普通の生活をしている分には、本当に全く問題無いレベルなんです。 だから、なかなかその決断ができないんですよ・・・

 泉州が終わって、痛みが発症しているようなら、それこそ病院に行って、2か月くらいは休養すべきかとは思っているんですけどね・・・

 今から来年の11月を目指すにはモチベーションが持たないので、やはり目先の目標が欲しいというのも有ります。

 難しいですね・・・
Posted by ちゃんちゃん at 2014年01月15日 00:12
腸脛靭帯炎の事なら何でも聞いてください。
と言っても素人なので参考になるかどうか
解りませんが。

走れない時は、筋トレと有酸素運動だけでいいと思います。筋トレはスクワット、カーフレイズ、腹筋、腕立て伏せで、有酸素運動は、
家にある自転車でいつも走っている
マラソンコースを走ったらいいと思います。
スクワットはザックなどにダンベルを入れて
負荷をかけるといいと思います。

休んでいる暇はないですよ〜〜
僕は年末年始、2週間も休みましたが(笑
Posted by あお at 2014年01月15日 21:38
あおさん、ありがとうございます。

 師匠と呼ばせていただきます[E:coldsweats01]

 スクワットは膝に悪いような気がしているので、気持ち的にやりたくないんですよね。
 腹筋や腕立て、上腕部の筋トレ、腕振り等やっています。
 カーフレイズって知らなかったですが、ふくらはぎがキツそうですねえ。
Posted by ちゃんちゃん at 2014年01月16日 21:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック