2014年01月26日

四大陸選手権は男女ともワンツー!!

 男子シングルの無良・小塚両選手に続き、女子シングルも村上・宮原両選手が1位・2位となりました。

 しかし、欧州選手権に比べて選手のレベルが落ちていたとはいえ、採点は欧州選手権の方がインフレしていた感じは否めませんね・・・ なんなんですかね、フィギュアの採点って・・・


 男女ともワンツーでしたが、僕の印象に一番残ったのは今井遥選手のSPでした
 もともと癒し系の雰囲気を持った選手ですが、スケーティングも綺麗で、ジャンプも平均的に美しいと思います。
 五輪代表陣がみな引退したとしたら、次代の女子を担うのは、この今井遥選手と大庭雅選手あたりだったらなあと思います。 宮原選手はジャンプの難度ではナンバー1ですが、全てのジャンプが低く、ジャンプが美しく無いのが勿体ないです。 あと、やはり体型でしょうか。 これから極端に体型変化も無いと思いますが、なんだかんだ言ってもフィギュアは見た目のバランスの良さが欲しい。 採点対象とは関係無いですが・・・
 問答無用に凄いジャンプやスピンが有れば良いのですが、『これなら一番』というものは見当たらないんですよね・・・

 あと、本田望結ちゃんのお姉ちゃん、本田真凛ちゃんが今のまま順調に育ってくれれば、もしかしたら次の五輪でメダルを狙えるかもしれません。 今後の成長が楽しみです。


 日本選手以外では、李子君選手のフリーが印象的でした。
 冒頭、音楽に合わせてまばたきをしていたのは、滅多に見ない振り付け(?)なので、新鮮な感じで、引き込まれました。

posted by ちゃんちゃん at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック