2014年02月25日

素人にも解り易いフィギュアの採点の異常性 : PCSの変遷(高騰)は不正の証拠?

 昨日のマリさんとのコメントのやりとりから、ふと思いついたので、近年のPCSの変遷をまとめてみた。

 これを見れば、不正と言わなければ説明がつかないほどの、採点の異常性が解る



 ソチ五輪の女子シングル上位7選手について、今シーズン(2013~2014シーズン)と昨シーズン(2012~2013シーズン)、加えて一部選手は2010年のバンクーバー五輪と、2009年の世界選手権のPCSの変遷をまとめてみた。

 それが以下の表です。

 あくまでフリーの演技でのPCSで有り、点数の後ろの数字は、転倒数を示しています

Pcs 


 まず、突然大きく上がったPCSはピンクで表示し、それよりはまだマシだが、上がり幅の比較的大きかったものには黄色で表示した。
 ちなみに、一番左の『それ以前のベストPCS』はもしかしたら間違いが有るかもしれない。 あくまで世界フィギュアスケート連盟の公認する大会を対象とした。


 まず、最初にPCSが高騰したのは2009年世界フィギュアでのキム。 突然、それまでのベストから7点近く上がった[E:coldsweats02] さらにバンクーバー五輪では3点上乗せし、あっという間に10点以上もPCSが高騰してしまった

 バンクーバーでは浅田選手も高騰したが、それまでのベストと比べ、5点弱と、キムの半分以下に抑えられた。 
 浅田選手はそれ以後、ほとんど上がっていない。

 ちなみに、この7名の中で、ソチ五輪で自己ベストのPCSが出なかったのは浅田選手だけ。 あの奇跡とも言える演技でです。 絶対におかしいことが、誰でも解りますよね?[E:coldsweats02]

 コストナー選手については、2009世界フィギュアやバンクーバー五輪で60点に満たなかったPCSが、2013年の欧州選手権ではいきなり70点台になっている。 いったいこの間に何が有ったのだろうか?[E:gawk]

 この中で、ほとんど一切優遇されてきていないのはワグナー選手ですね。 ほとんど変わって無い[E:gawk]

 ゴールド選手は昨年のGPカナダ大会で51.36点だったPCSが、ソチ五輪ではなんと17点近くも上がり、68点台に。 リプニツカヤ選手は、昨年57点台だったPCSが約13点上がり70点に。 金メダルを獲得したソトニコワ選手は、昨年60点前後だったPCSが、ソチ五輪では約14点も上がり74点台に[E:gawk]

 本当にこんなに上手くなったんですかねえ・・・[E:gawk]


 PCS(演技・構成点)とは、Program Component Scoreの略。 5コンポーネンツとも呼ばれるその5項目とは、

 ① スケート技術
 ② 要素のつなぎ
 ③ 動作/身のこなし
 ④ 振り付け/構成
 ⑤ 曲の解釈

 ジャンプを中心とするTES(Total Element Score:要素点)は、単純にジャンプの回転数が増せば得点は倍増するが、このPCSはそんなに急激に伸ばせるものでは無いように思える。
 以前は、試合に出て良い演技を重ねることで、少しずつ上乗せしていくものだと言われていたが、近年では勝たせたい選手を勝たせるために操作できる得点と化していると言われても仕方ないレベルになっていると思う

 以前、誰かが(確かMizumizuさんだったか)言っていたが、Position Control Scoreだ(順位操作点)と。 なるほど、上手く言ったものだと当時思ったものだ。

 あと、今回のソチ五輪で、浅田選手のPCSが伸びなかったのは前半のグループだったからだと言う話が有る。 確かにそうなのかもしれないが、だとしたらやはりフィギュアの採点は終わっている。 建前上は『絶対評価』で有る以上、それを言っちゃあおしまいなので有る[E:gawk] 滑走順で影響されてはいけないので有る。
 ちなみに、僕は浅田選手のPCSが抑えられた理由はこうだと思っている。 『間違ってもメダルを獲らせないため』、『間違ってもキムの上には行かせないため』だ。 そう考えれば、浅田選手以外にも3名の140点越えの選手を出した上、内2名はあの奇跡みたいな浅田選手の演技の得点を超えたという、有り得ない冗談のような事実も合点がいくのだ[E:gawk]  誰がどう見たって、フリーに関しては文句無しに浅田選手がナンバー1なのだから。


 PCSについては、僕はだいぶ前に記事にしたことが有るが、もっと比率を抑えるべきだと思っている。
 60点前後の頃で充分高い。 70点とかは有り得ないと思っている。
 高くなればなるほど、順位操作点としてのPCSが機能してしまうからだ。

 おそらく、キムが出ない以上、世界フィギュアではPCSはまた抑え気味になるだろう。

posted by ちゃんちゃん at 23:06| Comment(8) | TrackBack(0) | スポーツ(フィギュア・採点) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5の「曲の解釈」・・・
なんか理解できないよ。

解釈は人によって違うし・・
「ボレロ」なんかだとバレエ曲だし副題も付いてるけど。

映画音楽「ロミオとジュリエット」の解釈??

振り付け/構成の一部じゃないの^^;

ほんと、無理やり+点を付けるためと思えるよね。
Posted by マリ at 2014年02月26日 01:16
> ほんと、無理やり+点を付けるためと思えるよね

 そうでしょ?

 僕はソトニコワ選手の金には異論は有りませんが、僕の自己採点のように、高過ぎだったと思っています。
 その巾の大小は有りますが、浅田選手とワグナー選手意外は全員が高過ぎたと言えると思います。
Posted by ちゃんちゃん at 2014年02月26日 12:22
5年近くの沈黙を破って伝説のフィギュアブロガーが返ってまいりましたね。

http://plaza.rakuten.co.jp/mizumizu4329/

ちゃんちゃんさんが今回記事にした内容もこれから触れていくと思われますよ。

楽しみですね。
Posted by スコット at 2014年02月26日 14:36
ちゃんとチェックしてますよ~[E:catface]

 確かに伝説のフィギュアブロガーですよね。
 フィギュアネタの更新が無くても、凄いアクセス数だと聞きます。
 黒猫さんや姐さんが現れる前は、採点を強く糾弾していたのはMizumizuさんくらいですものね。

 Mizumizuさんは贔屓が全く無いので、読んでいて凄く納得させられるんですよね。


 僕が記事にした内容を、もっと以前から、かつもっと解りやすく書いてらっしゃるブロガーさんが居るのをご存知ですか?

 フィギュアスケート分析ノート

 というところなのですが、見解は僕とはずれが有りますが、凄い参考になるブログだと思っています。 作業量も凄く、感服する内容です。
 http://iluvsk8.blog.fc2.com/
Posted by ちゃんちゃん at 2014年02月26日 17:50
この方のブログスケート村からチョクチョクいってますよ。

Mizumizuさん所は客観で好きですね、
姐さんて"Sawakichi"さんの事かな?あの方の皮肉は絶妙だったので好きだったんですが。更新しなくなっちゃいました残念。
"あんたたち"の方なら私の好みじゃないですね。

後、私の好きなブログですが
"MURMUR"さん所(最近更新してない)
"トホホ"の"Koharu"さん所
フィギア専門じゃないけど
"福山知佐子"さんのブログの記事も好きだな
あ、"Crystal-clear Ice"さん所もよく行ってるな。
(後ここもですよねww)

今上げた所は記事を楽しむ為に行ってるところかな、後のブログはあくまで情報収集程度かな。
Posted by スコット at 2014年02月27日 00:18
Mizumizuさんほど、客観的に書ける人って少ないですよね。 だから支持者も多いのだと思います。

 姐さんは後者です。 Sawakichiさんとあまりにも口調が似ているので、今でも同一人物かと思っているのですが、違うのでしょうか?
 黒猫さんとこも同じで、あまりに自由闊達なコメント欄で、中には目をしかめるようなコメントをするような方もいらっしゃるので、僕も完全に同意はできないんですよね。 でも、黒猫さんの功績は大きいと思いますし、今練られているプラチナメダル贈呈案には協力させていただきたいと考えています。 それも賛否有るのは解っていますが。

 トホホのKoharuさんというのは存じてませんでした。 またじっくり覗かせていただきたいと思っています。

 あとはだいたい存じてました。

 昔は、フィギュアスケート・浅田真央熱烈応援さんとか、良く読んでました。 あと、月船書林さんとか。 他にも良いブログが有りましたね。
 多くのフィギュアブロガーさんが、アンチの攻撃に遭って止めていきました。
 ちなみに、嫌いだけれども違った角度からの意見が読める異星人のとこもいつも覗いていますよ。 ああいう連中は、『キム・ヨナ応援ブログ』が、多くのマオタに攻撃されて止めていったと言いますが、逆の方が圧倒的に多いと僕は考えています。

 僕のところも記事を楽しむために来てくださっているのでしたら、ブロガーとして、こんなに嬉しいことは有りません。
 ありがとうございます[E:happy01]
Posted by ちゃんちゃん at 2014年02月27日 08:20
姐さんはSawakichiさんとは別人の筈ですよ、Sawakichiさんは元々フィギィア競技者ですですので競技者目線で記事書いてました。
姐さんはそういう素振りの文章が出てきませんしSawakichiさんはどちらかというと1ぴき狼でしたので、ブログのコメントへの返しも結構ドライでした、姐さんのブログはワイワイした雰囲気ですから同じ人物とは思えないんですよね。

"もしかしてトホホ"の"Koharu"さん知らなかったんですか、Koharuさんは元々バレエ(踊る方ね)鑑賞が趣味でそちらの方(踊りや表現)からフィギィアの演技について語られてて面白いですよ。
お勧めです。

http://thhannex.exblog.jp/
Posted by スコット at 2014年02月28日 00:36
やはり別人ですか。

 確かにSawakichiさんは経験者でしたね。 あまりに口調が似ているので・・・ おネエはみな一緒なんでしょうか?[E:coldsweats01]

 Koharuさんは全然存じてませんでした。 スコットさんからコメントいただいてからチラっと覗きましたが、またゆっくり覗かせていただきたいと思っています。
Posted by ちゃんちゃん at 2014年02月28日 08:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック