2014年03月17日

キム・ヨナの本当の凄さ

 僕の思うキム・ヨナの凄さは他者とちょっと違うと思うので、一度ここに書いておく。

 『もう引退した人なんだからそっとしといてやれよ』と思う人も居ると思うが、それは違うと思う。 彼女が結果的に犯してしまった罪は、それほど軽いものでは無い。

 けして忘れてはならないレベルの大罪なのだから・・・



 先に断っておくが、彼女がもともと悪い人間だったとは思ってはいない。 しかし、彼女の周囲の悪い人間達が彼女の素質を利用した。 そして彼女に過分な得点が与えられるようになった。 彼女がそれを過分な得点だと思えば良かったのだが、彼女はそれが過分な得点だと思わなくなった。 そして人間が変わって行き、僕も彼女が大嫌いになったのだ。

 それでは本題に入っていく。
 下記に彼女の凄いところをいくつか列記してみる。


 ① 3Lz+3Tの出来栄え。

 ② 過分な得点に対し、あからさまに不満の表情をして眉間にしわ
   を寄せられるずうずうしさ

 ③ 前演技者の素晴らしい演技に対する歓喜の状況を見て、ハナ
   で笑える無神経さ

 ④ 優勝じゃないクセに、やたらと中央に立ちたがるおこがましさ

 ⑤ 自分が邪魔したクセに、『他の選手に練習を妨害された』と言っ
   てのけられる恥知らずさ

 ⑥ メダリストの会見で、金メダリストの席に荷物を置いたり、金メダ
   リストが話している時に携帯をいじりまくるマナーの悪さ


 このように挙げたらキリが無いが、実は僕が考える彼女の本当の凄さは上記の6点では無い。(①はセカンドがUR見逃して貰ってるのも有る。 まあ、他選手基準でなければ認定で良いとは思うが。)

 彼女が本当に凄いのは・・・

 周囲が全てをお膳立てしてくれた、『ミスをいくつも重ねさえしなければ優勝できる』という状況の中で、本当に大きなミスをせずに演技できてしまう精神力の強さ・・・ もとい、図太さなのだ[E:coldsweats02]

 よくキム・ヨナに対して、『少々ミスをしても勝てるようになってるんだから楽に演技できるんだ』という人が居るが、これが僕には解らない。 小さな大会ならそれも理解できるのだが、4年に1度しか無いオリンピックという舞台で、それをやれてしまう。
 バンクーバーのフリーで、『2~3度転倒し、後続の浅田真央に完璧な演技をされたら逆転されてしまうかもしれない。』、しかも、『もしもそんなことになって負けてしまったら、祖国に帰ったらただでは済まない。』という状況の中、そういうプレッシャーを表に出さずに、ミスの無い演技をできてしまうのは、もう精神力の強さなどでは説明できない。 図太いのか、いや、もしかしたら、鈍感力というやつなのか・・・

 ソチでは、敗れたものの、自身が大きなミスをしなかったために、自国内では自分に矛先が向かず、そのほとんどが優勝したソトニコワ選手やロシアに向けられたのは幸いだったといえるだろう。

 しかし、僕はけして忘れない。 彼女のせいで、辛い想いをした選手や大勢のファンが居ることを。







posted by ちゃんちゃん at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんちゃんさま、こんばんは。
キムヨナという要素が不足する日々を懇願する毎日ですが、矛盾してても食いつきますw長いです。

さて私見ですが、
①・・・見せ場かつ猛練習している要素がコレしか見当たらないので成功して当然、評価するに当たらないです。
②・・・美しくはありませんが、ジャッジもおかしいので他の選手もやってOKと思ってます。
ただ、恩恵しか受けていないこの人がやってしまうのは賢くないです。
③④⑥・・・この人のイメージが悪くなるだけですね。ファンだったら眩暈がしたと思います。
⑤・・・絶対許すまじ。その上、バンクーバーでの真央ちゃんの曲かけ練習を妨害したのもライブで観て血圧があがりました。

あと、重要な試合でミスをしない凄さ・・ちゃんちゃんさまは以前も仰ってましたね。
ピークをきっちり合わせてくるのは才覚あると思います。
バンクーバーの例は・・・プレッシャーよりも、あらゆるアドバンテージのほうがずっと大きかったと思います。
こんなチャンスだったら私も欲しいくらいです。やってのけます。

お膳立てと結果が約束されている状況で、それなりの演技ができることよりも、
その状況が何年も続いても気持ちが折れないところがすごいと思っています。
これに関しては鈍感力・・そうですね・・特殊な思考回路というかやっぱり精○的にちょっとアレなところがある子だから・・と感じています。
異様な執念深さ、一貫性のない言動の繰り返しや客観性に乏しいこと、記憶が都合よくすり替わっていくこと、コミュニケーション能力が低すぎることetc・・まぁ、プロから見てどうだかわかりません。
単純にノーマルな韓国産出品なだけかもしれません。

私、バンクーバーまでのキムの自己プロデュース能力は買ってたんですよ。
もちろんバックの指示に従っていただけだと思いますが、(一般層に向けて)ゴージャスなイメージを作り上げました。
金メダルを獲る、その目的達成のために与えられた役割を見事に演じ切る部分には図太さとある種のクレバーさをもった子だと思っていました(すごく歪んだ性格に見えるのを良心から否定したくて脳内補正していた部分もありますw)
それが⑥のトリノ・・・お膳立てで金の予定が壮絶なる自爆で銀。
オリンピックで金取ったんだから余裕を見せときゃいいものを、ちゃんちゃんさまが挙げられた部分と
『フリーは1位だったから満足』でしたっけ?やっぱただのヤンキーでバカだわ、シナリオがないとまともなことも
言えないんだわ。第一おまえ本来銀ですらないわ・・とがっかり。速攻で脳内補正を外しましたw
ちゃんちゃんさまの
>先に断っておくが・・
の段落部分、凄くわかるんですよ。エキセントリックな母親に振り回されてたスケート好きな根暗のヨナちゃんが、
国策もなく、祭り上げもなく育っていたらどんな選手になっていたか興味があったのに・・・。
Posted by カトレア at 2014年03月19日 01:08
> キムヨナという要素が不足する日々を懇願する毎日ですが、

 面白い[E:sign03][E:happy02]

 ①については、点数の評価という意味で、それはやはりきちんとするべきだと思っています。

 ②について、『他の選手もやってOK』は確かにその通りですね[E:catface]

> こんなチャンスだったら私も欲しいくらいです。やってのけます。

 凄い!
 『やってのけます』は、カッコイイです[E:lovely]
 僕は無理です・・・
 日本人ですからまだマシですが、韓国人ですからねえ・・・
 とても度胸が追いつかないです・・・[E:gawk]

 僕が一番許せないのは、③なんですよ。
 あの時、僕はライブで観ていましたが、あの瞬間、強い嫌悪感を感じました。 あそこで、決定的に嫌いになりましたね。 まあ、その後はカトレアさんがおっしゃるように、さらにどんどん酷くなって行ったんですけど・・・
Posted by ちゃんちゃん at 2014年03月19日 19:00
こんばんは。
③ですか。ちゃんちゃん様はきっと他選手にリスペクトがないのが許せないのですよね。
口だけでは何か言ったみたいですが、彼女は今でも自分を高みに上げ、他選手のことはその目に映していないと思います。
それがまんま、彼女の演技に表出していませんかね?
私としては、『ぶっさーなお顔が全世界に放映されて素敵♪』って思ってるので怒りが沸かないのですwそう思ったらちょっと笑えませんか?ダメか・・。

私の許せないポイントは『犠牲者を出した』かどうかなので、⑤は絶対許さない。
あの発言後の世選での真央がどんな目にあったかを思えば・・忘れっぽい真央が忘れても、私は忘れません。
Posted by カトレア at 2014年03月19日 23:18
> 『ぶっさーなお顔が全世界に放映されて素敵♪』

 確かにそれは思います。
 でも、だからといって、看過できません。
 笑えはしますけど[E:coldsweats01]
Posted by ちゃんちゃん at 2014年03月20日 12:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック