2014年04月09日

STAP細胞と小保方さん、そしてフィギュア

 今日は小保方さんの会見が有った。

 全てを観た訳では無いので、憶測で色々言うのは良く無いのだが、何点か言いたいことだけは書いておく。





 会見で話をする小保方さん、僕には嘘を言っているようには見えなかった。

 しかし、正直な話、STAP細胞が本当に有るのか無いのか、小保方さんが嘘を言っているのかどうか・・・ というのには僕はあまり関心が無い。 少なくとも今の僕には何の影響も無いからだ。

 ただ、これだけは言っておきたい。

 持ち上げる時は必要以上に持ち上げ、本来評価すべき部分と全く関係の無い私生活の部分まで執拗に追いかけて報道し、ひとたび汚点(?)が出れば、今度は地獄の底まで叩き落とすマスゴミの在り方は絶対に問題だ。

 小保方さんは、良く会見の場に出て来たと思う。 神経の細い人間なら、一歩間違えば自殺に追い込まれていても不思議では無いだろう。 逆に、理研のトカゲのしっぽ切りのようなやり方には反感を覚える。 小保方さんは理研の一員。 その一員が仮に重大な過ちを犯したので有れば、それは理研の過ちなのだ。 僕には、理研がそういう態度には見えないのがとても残念に感じる。

 フィギュアスケートに対しても、今までも主張して来たように、報道の在り方は偏りが激しい。 そして、スケート連盟はそういうものから選手を守ろうという努力を怠っている。 それどころか、選手達を金づるのように使い込む。

 例えば、今日は以下のようなニュースが上がっていた。


 【フィギュア】真央に姉・舞さんが現役&恋愛のススメ(スポーツ報知)

 フィギュアスケート世界女王・浅田真央(23)=中京大=の活躍を振り返る「感動をありがとう! Smile 浅田真央 23年の軌跡展」(入場無料)が8日、東京・中央区の日本橋高島屋で始まり、姉の舞さん(25)が式典のテープカットに参加した。幼少期から現在までの写真やパネルが約100点、試合で使用した衣装約30点、10年バンクーバー五輪の銀メダルや、3月の世界選手権の金メダルも展示された。

 真央の進退について舞さんは「いちファンとしてはまだまだ見たい。でもお姉ちゃんとしてはそう簡単に、頑張りなよとは言えない。すてきな人生になれる道を選んでほしい」とエール。また「あまりにも浮いた話がないので、ちょっと心配になる。心の余裕があるならそういうのもいいんじゃないかな」と笑顔で恋愛を勧めていた。

 真央展は同所では21日まで、名古屋、大阪、横浜、京都と各支店で順次、開催される。(以上、引用終わり)


 記事の表題が、『舞さんが現役&恋愛のススメ』となっているが、記事中にはどこにも現役を勧める言葉など書いていない。 こういう記事を出されれば、スケート連盟は、偽りの報道をしないように、マスゴミに警告を与えるべきなのだ。 なのに、このようなものはスルーし、逆に、連盟の長で有る橋本聖子氏すら浅田選手に現役を続けさせるように誘導するような発言をするのだ。 ライトファンを動員し、世論を誘導し、浅田選手にはボロボロになるまで働かせるつもりなのか?
 本当のファンは、姉・舞さんが言うように、『すてきな人生になれる道を選んで欲しい』と考えている者がほとんどなのだ。

 余談だが、JRAは良くも悪くも非常に閉鎖的な組織だと思う。
 最近の未成年騎手の怪しげな引退や、騎手の二世誕生のニュースなど、ほとんど表に出ることが無い。 閉鎖的組織ゆえ、逆にそういうプライバシーもかなり守られているように思う。

 有名人にはある程度の有名税というものは有ろう。 しかし、いまのマスゴミは、報道の自由を楯にし、本来報道すべき部分以外のプライバシーに関わることまで必要以上に報道する。 それも僕に言わせれば悪意を持って。 もちろん、そういうネタに喰いついてしまう我々国民も悪いのだ。 浅田選手の競技に臨む背景等、僕も知りたい。 そういうのがいけないのだろう。 しかし、そういうものを知っているからこそ、ソチでの、そして世界選手権での感動が有るのもまた事実。 それはそれで自分も受け止めなければならないが・・・ 複雑だ・・・

 真央展には行くつもり。
 大阪開催期間中、GWの代休をとって病院に行くつもりなので、その際に行く予定[E:happy02]

posted by ちゃんちゃん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック