2014年07月06日

石川遼が逆転優勝! 横峯さくらは猛追及ばず・・・

 石川遼選手が得意の大会で逆転優勝!!

 石川遼が逆転優勝! プレーオフで小田孔明を下す(ParOn.)

長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(7月3~6日、北海道・ザ・ノースカントリーGC、7127ヤード、パー72)

 大会最終日。石川遼と小田孔明が通算10アンダーで並びプレーオフに突入。3ホール目で小田を下した石川が2シーズンぶりのツアー通算11勝目を挙げた。

 石川は首位に2打差の3位からスタート。前半を3バーディ、1ボギーと二つ伸ばすと、首位の小田に1打差でサンデーバックナインへ。13番のバーディで首位に並んだものの、続く14番ボギーで再び1打差となり、迎えた最終18番でバーディを奪って通算10アンダー、小田と並んでプレーオフへと突入した。

 プレーオフは3ホール目まで進み、バーディを奪った石川が小田を退け、2012年三井住友VISA太平洋マスターズ以来のツアー11勝目を逆転優勝で飾った。

 3位には、2位で最終組を回った山下和宏と65の5アンダーで回ったK・T・ゴン(韓国)が通算7アンダーで並び、5位にデービッド・オー(アメリカ)の通算6アンダー。

 ディフェンディングチャンピオンの薗田峻輔は、通算5アンダーで市原弘大と並んで6位タイ。谷口徹は通算4アンダーの8位タイグループ。

 また、松山英樹は4バーディ、1ボギーの68、最終日にようやくアンダーで回り、通算3アンダーの17位タイで大会を終えた。(引用終わり)


 並んだ後の14番のボギーはいただけませんでしたが、最終ホールも、プレーオフ2ホール目のバーディーパットも、しっかりと入れましたね。

 全英は出られませんが、今年後半は期待したいです。
 僕はやっぱり、松山選手より、石川選手を応援したい。

 頑張れ!! 遼君!! といあえず、優勝おめでとう!![E:good][E:happy02]


 横峯選手も頑張りましたが、優勝者が上を行ってしまいました。


 「優勝しか意味がない」横峯さくらは猛追及ばず2位(GDO)


最終18番ホールをバーディでフィニッシュしても笑顔は見せなかった。富山県の八尾カントリークラブで開催された「日医工女子オープン」の最終日、首位と3打差の3位から出た横峯さくらは、6バーディノーボギーの「66」で猛追も、首位のジョン・ヨンジュ(韓国)に2打差届かず、通算15アンダーの2位でフィニッシュした。

トップと同じ最終組で3打差を追ってスタートした横峯は、序盤に我慢強くパーを重ねる苦しい展開となったが、折り返し手前の7番、「(スイングの注意点で)忘れていたことを思い出した」と、違和感のあったテークバック時のフィーリングを取り戻し、残り160ヤードの第2打をピンそば50センチにつけて1つ目のバーディ。続く8番(パー3)では3メートル、9番(パー5)でも再び3メートルを沈め、折り返した10番まで4連続バーディとして優勝争いに食い下がった。

勝負の分かれ目は15番。首位に立っていた同組のジョン・ヨンジュに8メートルのバーディパットを先に沈められ、約3メートルのバーディチャンスにつけていた横峯は、これを決めきれずパー。一時は1打差まで追い込みはしたが、「(ジョンは)ポーカーフェイス。駆け引きなしの強さがあった」と、流れを傾かせるまでには至らなかった。

「前半あがりの時点でトップと3打差」という目標はクリアした。ただ、いくらノーボギーの「66」であっても、この日のラウンドは横峯を満足させるものではなかったようだ。「良いスコアを出しても、“優勝”しか意味がない。今日はスタートから優勝を意識してプレーしていたから」

もう、数字上の満足で妥協はしない。夫の森川陽太郎氏が推奨するOKメソッドでは、文脈の上での“欲”を満たすことがテーマとなるからだ。

夫唱婦随で“ミセス初V”に挑む横峯の戦いはこれからも続く。今年は1億円プレーヤーを目指すという高い目標に向け、「自分にプレッシャーをかけながら、それを受け入れつつ目指して行きたい」と力強く前を向いた。(富山県富山市/糸井順子)(引用終わり)


 『優勝しか意味が無い』とは自分に厳しいですね。
 あえて言うなら、15番ホールでバーディーを取れずに勝者を楽にしてしまったのが痛かったでしょうか。
 それにしても、横峯選手は今大会3日間を続けてノーボギーです。 それが凄いですね。 パーセーブ率が100%[E:coldsweats02]
 僕は来週、3年ぶりのゴルフですが、パーセーブ率20%なら上出来です[E:catface]
 車の納車が遅れて、この週末も練習できずじまいです[E:weep]
 納車予定の木曜日に、無理にでも50球くらい打っておきたいですが・・・

 横峯選手は、全米女子オープンからメンタルトレーナーの旦那さんとの精神面のコントロールがぴったりかみあった感じですね。 こちらも全英女子オープンには出られませんが、今季後半の活躍を期待したいです。

 

posted by ちゃんちゃん at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック