2014年09月05日

インコアイス

 昨日、ヤフーの急上昇ワードに『インコアイス』というのが有ったのでググってみた

 口の中でインコ臭が広がるインコアイスが話題! 材料には何が使われてる?(マイナビニュース)

インコや文鳥などの小鳥を眺めながらお茶が楽しめる神戸市の「とりみカフェ ぽこの森」が、イベント限定で販売した"インコ風味のアイスクリーム"が話題となっている。果たしてどんな味なのか、その材料は何なのかを、同店スタッフに聞いてみた。

インコ風味のアイスクリームは、5月8日~13日の期間に阪神百貨店梅田本店で開催された『幸せを運ぶ小鳥の作品展2013』にて限定販売されたアイスクリーム。同作品展は毎年行われていたが、今回から8階のメイン催事に昇格して飲食物の販売も行えるようになったことから、本業であるカフェ経営の仕入れルートを生かして製造したとのこと。

販売されたのは、「セキセイインコ アイス」「ぶんちょ仕立てのフィンチアイス」「オカメインコ アイス」の3種で、各100mlカップ入り。値段は各284円とのこと。それぞれ100個、計300個ほどを用意して11日と12日のみの販売となったが、両日ともに開始10分で完売するほどの人気だったという。なお、正確には「食べると口の中でインコ臭が広がるアイスクリーム」なのだとか。

気になる味と材料を同店スタッフに聞いてみたところ、セキセイインコ風味は「あわ・ひえ・きびなどの人間用穀産雑穀と蜜りんごを使用し、雑穀の香ばしさの中にりんごの酸味と甘みが広がります」とのこと。

ぶんちょ仕立てのフィンチ風味は「あわ、ひえ、きびなどの香ばしい雑穀が入ったバニラアイスに、ふわふわマシュマロの食感が楽しめるアイスです」、オカメインコ風味は「食用ひまわり・かぼちゃのシード(種)と蜜りんごを、ふわふわルチノーの羽根のようなバニラアイスの中に封じ込めました」との回答をいただいた。食べた人からは「あっさりしていて軽いので、まるでふわふわの羽毛のよう」という感想が返ってきたという。

再販は「とりみカフェ ぽこの森」店舗にて予定されているが、いつから提供できるのかは決まっていない。また、アイスクリーム工場が繁忙期を過ぎる時期を見て、"お鳥寄せ"対応が出来るように製造元と交渉中とのことなので、"口の中で広がるインコ臭"を味わってみたい人は、もうしばらく待ってほしい。(引用終わり)


 このニュース自体は昨年5月のニュース。
 『口の中でインコ臭が広がるアイスクリーム』が美味しいとは思えないが興味は有る。
 原材料に穀物が多く使われているというのも僕には解る。 昔飼っていた手乗りインコを口の中に入れると、なんか穀物臭い味(臭い?)がした[E:coldsweats01] 良くそうやって遊んでいたが、インコは嫌だったのだろう。 口の中に入れると『ヒユユ、ヒユユ』と心細そうに鳴いて(泣いて?)いた。 そしてそのインコについた名前は『ヒユユ』だった[E:coldsweats01](命名:ちゃんちゃん)

 このお店は神戸に有るらしい。 一度寄ってみたい[E:coldsweats01]

 とりみカフェ ぽこの森HP

posted by ちゃんちゃん at 18:50| Comment(5) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>穀物臭い味
とっても良く判ります。自分も文鳥を飼っていた時にちゃんちゃんさんと同じことをしていました[E:coldsweats01]

手乗り文鳥として雛から育てていたんですが、成鳥になったある日、籠から出して遊んでいたら10センチの窓の隙間を見つけて飛び去って行きました…何が不満だったんでしょうか…
今でも許しがたい出来事として心に残っています。

確かに飼い主の口の中に入れられたのも原因の一つかもしれませんね…
Posted by 銀ベェ at 2014年09月06日 00:34
小鳥を口の中にいれるって、どんな心境なんですか?愛情表現のひとつですか?
僕も子供の頃、インコやジュウシマツを飼っていましたが、口の中に入れるという発想はなかったです。
Posted by トイプーロロ at 2014年09月06日 08:23
>銀ベェさん

おお!
解っていただけますか!?[E:happy02]

口の中に入れられたことと逃げてしまったことは関係無いですよ。
親戚の家のインコは、良く口の中の掃除をしてくれましたよ。歯垢を食べていましたよ。考えてみたら、酷いことしていましたね[E:catface]

ちなみに僕も、セキセイインコの『ヒユユ』と一緒に、文鳥の『チュン子』(なんと単純な名前[E:coldsweats01])を飼っていました。
2・3日家を空けた時、1週間分くらい入れていたはずのエサが空になていて、明らかに餓死したように干からびて死んでました。
あれはショックでしたよ[E:crying]
Posted by ちゃんちゃん at 2014年09月06日 15:13
>トイプーロロさん

飼い主にとっては愛情表現ですね。
怯えた声がまた可愛いんですよ。
でも、小鳥にとっては迷惑以外の何物でも無いですよね[E:catface]

ちなみに、口の中に入れるといっても、全身を入れるわけでは無いですよ。
小鳥の頭を口の中に入れるのです。

嫁さんが言ってましたが、今、小鳥のブームが来ているようですね。
僕ら世代が多く子供の頃に飼育していたため、大人になった今、再び小鳥を飼う人が多いそうです。
だから本記事中の鳥カフェなんかができているんですね。
Posted by ちゃんちゃん at 2014年09月06日 15:17
以前に、「月曜日から夜ふかし」でインコの香り=インコ臭がブームになっていると紹介されてました。

首筋の匂いに心地よさを感じるとか。

インコを飼う人が増加していると聞きますし、フクロウカフェなんてのもあります。鳥の魅力に憑りつかれる人が増えているんですね。


口に入れられるインコ。
リアル進撃の巨人ですね(笑)
Posted by 回線問屋 at 2014年09月06日 22:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック