2014年11月07日

あおさんの質問への回答です

 改善に取り組もうとしております手首の角度について、記事にしておきます。



 まず、改善前の僕の手首の向きです。

Before

 上からの写真です。
 下に僕の両膝が写っているので、解り易いと思います。(寝間着にて失礼!)

 このように、僕は手の甲を外に向けた状態で、やや手首を内側に向け、腕自体はほぼ前後に振って走ってました。(少し極端に表現しているかもしれません)


 次は改善後の写真です。

After

 このように、手首を外側に向けます。
 実は苦しくなると、僕は右手のみこうなってました。 それが女の子みたいで嫌だったので、内側に折るように心がけてました。 知らないというのは恐ろしいですね[E:coldsweats01]

 中には、手の平を下に向けて走る人も居るので、人それぞれだと思うのですが、もしもあおさんが手の甲を外側に向けた状態で、腕を前後に振り、手首を真っ直ぐか内側に折って走っているので有れば、一度手首を外側に向けて振ってみると、それが胸を張り、お尻を突き出す姿勢に繋がって行くという意味が解ると思います。

 ただ、それが必ず正しいとは限らないと思います。

 実は僕、今夕から大腿部の内転筋に軽い筋肉痛が出ています。 もしかしたら、手首の向きを変えることが、下半身の動きにも影響し、内転筋の筋肉痛に繋がっているのかもしれません。 だとしたら凄いです。 下半身の動きも改善されている可能性が有るということですから。
 ただ、先週の日曜日からのランオフで、4日間、内転筋の筋トレの量を増やしていたので、その影響の可能性も有ります。 でも昨日は筋トレしていないので、たぶん筋トレの影響では無いと思うのですが・・・

 あと、僕のウイークポイントの左膝ですが、いつも痛む部分から7~8cm上の部分(太腿の筋肉の下部付け根?)に少し違和感が出ています。 これも過去に経験の無いことです。
 少しの変更が多くの結果を産むことは好ましいことですが、その反動も大きい可能性が高いということですね。

 明日は僕の中期リハビリ最後の15km走の予定ですが、明日の朝の状況で回避も考えています。 今更、怪我はしたくないですからね。

posted by ちゃんちゃん at 23:06| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、難しいところですね。
同じことを話されているのかもしれませんが、自分の場合は腕振りのばらつきが最終的に疲労につながると言われました。
自分は前後にまっすぐ振るのが良いのだろうと判断しました。

でもそれに集中するとやはり動きがカクカクしますよね。
リラックスして自然に正しく腕振りするのは難しいです。
Posted by 銀ベェ at 2014年11月08日 00:18
一般的には腕は前後に振るものだと思いますが、大事なのは手首の角度と、肘の角度を一定にすることと捉えました。

肘は大きく振るというよりも、後ろに引くことが重要だと言われました。

おっしゃるように、リラックスして自然に理想的な腕振りをするのは難しいので、とにかく沢山の距離を走るしかないのかなと思います。
Posted by ちゃんちゃん at 2014年11月08日 10:35
ビックリしました!
写真つきで丁寧な説明
ありがとうございます!

手首の角度の事を聞くのは
初めてだったので、
ちゃんちゃんさんの記事を読んで
驚きでした。

早速、実践したいと思います。
腕振りは自分も苦手で
最近、使い古しのマジックの芯を抜いて、そこに砂を詰めて、それを握って走っています。

そう、NISHIのグリップを
真似ました(笑
あのグリップ、素材の割には
価格が高いなと思って、自作しました。ある程度の重さがあるので
振り子の様に腕振りが楽になりました。効果はありました。
今度走るときには、マジックを持って
さらに手首を曲げてみようと思います。
Posted by あお at 2014年11月08日 12:09
写真付きで無いと、間違って伝わるかもしれませんからね。
それでフォームを崩されては申し訳無いので。

グリップ、自作されたのですね。
僕はそういうの苦手なので[E:catface]
Posted by ちゃんちゃん at 2014年11月08日 14:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック