2014年12月20日

STAP細胞とマスゴミ

 STAP細胞は無かったのか・・・



 小保方さんによる再現も失敗に終わり、理研による再現実験もできないまま中止となった。 現段階ではSTAP細胞は無かったということとなった。

 再現できなかった以上、小保方さんは嘘を言っていたことになる。
 となると、『なぜそんな嘘をついたのか?』という疑問が残る。
 すぐにばれる嘘をつく理由がわからない。

 虚言壁でも有るのか? 自分に注目して欲しいからなのか? ミュンヒハウゼン症候群に似た感じの病気なのか?


 僕自身はSTAP細胞自体に別に興味は無かったし、信じてあげたいと考えていた方なので、今更彼女を責めたりはできない。 しかし、『STAP細胞が自分の病気に効くかも』と期待してしまった人達の落胆を考えると・・・
 税金も相当額投入されているでしょうしね。

 でも、この件で一番言いたいのは、前も書いたかもしれませんが、マスコミの報道の仕方。
 最初は必要以上に持ち上げて、風向きが変わると一気に落とす。 どちらもプライベートまで追い回してね[E:gawk] 当然、自分達では何の検証もせずに。 まあできないでしょうが。 慰安婦報道だってほとんどそう。 あ、あれは捏造だから、もっと悪質ですね・・・
 他人の情報を自分の足以外ほとんどタダで入手して、値打ちを付けて売る。 しかも自分達はさぞ正義ですなんて顔してね[E:gawk]
 良い商売ですなあ・・・ そういうのを偽善者って言うんですよ。
 僕ら建設業なんて、素人には絶対できないような事業を薄利でやっているのに、世間からはボロカスですよ。 えらい違いだわ。

 嘘だったのであれば、小保方さんがいつかきちんと謝罪して、いや、それも無くて良い。 そのかわり、せっかく能力は有るのでしょうから、その能力を良いことに使っていただいて、世の中にお返しをして下さればと思います。 ひっそりと、小さなことでも良いですから。
 自殺だけはしてはダメです。

 


 

posted by ちゃんちゃん at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック