2014年12月27日

判定が厳し過ぎるわ!!(怒) : 全日本フィギュアスケート選手権 女子SP

 テクニカルは選手を潰すつもりか?[E:pout]



 観た目の印象と実際の得点の乖離が酷い
 去年とえらい違いだ[E:gawk] 去年はインフレ気味だったのに[E:gawk]

 テクニカルは無理矢理回転不足を探して無いか?

 『微妙なものは選手にとって有益に判定する』というルールを忘れてはいないか?

 厳し過ぎる判定は選手を委縮させるので、選手の成長にも競技会の面白さにも良い影響は無いと僕は考えている 国内大会だからなおさらだ。

 関西でTV放送された選手は誰も転倒しなかった。 なのに得点の低いこと・・・[E:gawk]
 以前、小塚選手も言っていたが、国内大会なのだからもっと点数出して、海外にアピールすれば良いんだ。 ロシアなんかあからさまだ。 隣国は言わずもがな。

 こういう厳しい判定で回転不足を怖れて潰れて行ってしまう選手も居るかもしれない。
 厳しいファンは、『それはそれで仕方ない。 所詮それまでの選手だったのだ。 甘い採点をして、海外で通用しなかったらそれはそれでショックを受けるだろうから。』と言う人も居るだろう。 しかし僕はそれより、甘い判定だろうが自信を持ってのびのびと演技して行って選手が伸びる可能性の方が高いと考えている。
 だいたい、大きなミスも無いのに、得点が出て表情が曇る選手の顔なんて見たく無い。

 テクニカル、一体誰や[E:pout][E:sign03]


 選手の演技は皆良かった。
 かいつまんで何人かの選手の演技の感想を書いておきます。

 坂本花織選手、レイバックスピンが回転速度も速く、ポジションも良くって凄く良かったです。

 新田谷凛選手、スタイルの良い、実に華の有る選手ですね。 演技中のお顔が実に美しい[E:lovely]
 2Aはかなり難しい入りでしたが、しっかりと跳びましたね。
 ポル・ウナ・カペサは真央ちゃんの印象の強い演目でしたが、悪く無かったと思います。
 今年の全日本では、この選手を知ることができたのが一番の収穫だったかもしれません。 明日はどんな演技を魅せてくれるのか楽しみです[E:happy01]

 樋口新葉選手、期待通りの演技でした。
 ジュニアでは一歩抜けていますね。 スピード感と勢い溢れる演技でした。 チャルダッシュなんて難しいと思うんですけどね。 体力も有りそうです。 度胸が特に素晴らしい。
 2Aは余裕たっぷりに降りてました。 3Aも行けないかな? とか思ってしまいます[E:catface] ただ、スピンが少し弱いかな・・・ と感じましたが。

 今井遥選手も良かった。
 今年のSPは本当に好みです。 今季の日本女子では文句無くこのプロかな・・・ 
 特に後半、細かく音を拾ってましたね。
 得点は低過ぎ[E:pout]

 大庭雅選手も良い演技でした。
 2Aはやはり難しい入りからなんなく跳びますね。 明日は3Aチャレンジしないかな・・・ 今季は無さそうな感じですが・・・
 得点、低くっ!![E:coldsweats02]
 去年の全日本を振り返り、当時の大庭選手を『無名の女子高生が・・・』と紹介していましたね。 おいおい、ニワカはともかく、ファンはたいがい知っとるぞ[E:pout]

 村上佳菜子選手も良い演技でしたが、得点が酷いことになってました[E:pout]
 途中、良い笑顔で演技していましたが、得点が出て一気に曇りました[E:pout]
 インタビューでも得点に『びっくりしています』と。 そりゃそうだ[E:pout]


 テクニカルが誰かは知らないが、明日も回転不足を厳しくとる傾向は続くでしょう。
 となると、転倒合戦になってしまうか、3+3を回避して来る選手が出てつまらないFSになるかもですね・・・[E:gawk]

 とにかく、選手の哀しい顔は観たく無い[E:angry]

posted by ちゃんちゃん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック