2014年12月30日

メダリスト・オン・アイスとクリスマス・オン・アイス

 町田君、カッコ良過ぎ[E:crying]

 真央ちゃん、本当に楽しんでましたね[E:sign03][E:happy02]



 まずはメダリスト・オン・アイスの放送。

 冒頭は昨日の世界選手権代表発表からでした。

 町田君の電撃引退発表、本郷選手等の唖然とした表情が印象的でした。
 彼の発表を動画で観て、僕もちょっとじ~んと来てしまいましたよ。 ちょっと涙出たかも[E:weep]
 町田君、あんた、カッコ良過ぎるよ[E:sign03][E:crying]
 是非、充実したセカンドキャリアを築いて下さい。
 本当にお疲れ様でした。 僕はエデンの東が一番好きでした。

 村上選手も代表に選ばれて涙涙・・・ 本当に良かったね。
 もともと回転不足気味なのは確かですが、今大会のSPレベルならきっと世選では認定されるよ。 だからとにかくのびのびと滑って、佳菜子スマイルを見せて下さい[E:happy01]


 演技の方は・・・

 町田選手は期待通りのエデンの東でした。 でもやっぱ、僕は競技プロの方が好きかな[E:catface]

 村上選手はフラメンコ。 凄く良かったですね。 笑顔が良かった[E:happy01] ジャンプもバンバン決まりました。 このプロ好きですわ。 特に最後の決めポーズが良いね[E:happy02]

 本郷選手は凄いメイクでしたね[E:coldsweats01]
 でも、どうせスリラーなら、もっと弾けて欲しかったかな[E:catface]
 あと、もう少ししゃべり上手になって欲しい[E:catface]

 小塚選手もフラメンコ。
 少し自信を取り戻したかな? ジャンプもしっかり決まり、切れも有りました。
 世選では活躍して欲しいです。

 フィナーレでは宇野選手と無良選手が果敢に4回転に挑戦。 無良選手が先輩の貫録?で決めましたね。 無良選手も世選、結果を出して欲しいです。 また、無良選手のファントムが観れますね[E:happy01]
 宇野選手も世界ジュニア、力を出せば、圧勝できそうですね。 頑張れ[E:sign03][E:happy02]


 続いてクリスマス・オン・アイス。

 各選手の弾けた笑顔が良かったです[E:happy01]

 特に真央ちゃんは近年無いくらい楽しそうでしたね[E:happy01]
 笑顔いっぱいのソロプログラムでした[E:happy01]

 でもね・・・
 実はやっちゃったんです。 僕・・・

 なんと、録画予約忘れてた[E:crying]

 冒頭の高橋選手と真央ちゃんのソロプラグラムが終わったところで気付いたんですよね。 痛恨のミス・・・[E:sign03][E:crying]

 気をとり直して続きを観たのですが、この後も素晴らしいショーだったので、かえってショックは大きくなりました[E:crying]

 モロゾフ父娘のペアプロ、良かったです。
 最後の抱擁、実の父娘ならではですね[E:happy01] モロゾフ、完全にお父さんの顔でした[E:coldsweats01] まだあんなに滑れることがまた凄い[E:coldsweats02]

 織田君も凄い良い表情でやってましたね。 弾けてましたね。
 サプライズのお客さんとの一瞬のダンス、お客さんも嬉しかったことでしょう[E:happy01]
 最後のセリフは、『メリー・クリスマス!!』だったのかな?[E:happy01]

 練習風景も楽しそうでした。
 真央、高橋、織田、鈴木の4人のシーン、織田君が真央ちゃんの真似したりしてましたね[E:happy01] 4人でSPEEDのホワイト・ラブを唄ったりして楽しそうでした[E:happy01]

 そして真央&高橋のペアプロ。
 やっぱりぎこちないですよね[E:coldsweats01] 二人は結構照れずにやれたみたいなこと言ってましたけど、ぎこちなかったです[E:coldsweats01] でもその初々しさがまた日本人らしくて良いですよね。 これがプルやバトルなんかだったら、サプライズでキスしたりとか、平気でしますからね[E:coldsweats01]
 お姫様ダッコは、もっと長い方が良かったぞ?[E:happy02]

 競技会のプレッシャーから離れて、本当に心からフィギュアスケートが好きだと言い、楽しそうに滑る真央ちゃんも本当に良いですね。
 ペアプロでは、本当に良い表情してましたね。 恋する乙女の表情を凄く良く表現していました。 どこかの顔芸偽女王様よりよっぽど素晴らしいわ[E:catface]

 でも、僕はやっぱり競技会での真央ちゃんの表情が好きだなあ・・・
 3Aに挑む時の厳しい眼差し・・・
 『鐘』や『ラフマニノフ』の時のような荘厳な音楽に合わせた重厚な表情。
 『アイ・ガット・リズム』の時のような溌剌とした笑顔・演技。
 『ポル・ウナ・カペサ』の時のようなセクシーな表現力。
 『ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア』の時の儚さ・・・
 『愛の夢』では柔らかな愛の表情・・・
 『仮面舞踏会』ではFSとSPでまったく違う顔を見せて・・・

 でも、真央ちゃんが一番輝くのはやっぱり競技会で良い演技をした直後の笑顔だと僕は思います

 今年の世選でのSP(ノクターン)終了時の笑顔。
 バンクーバー五輪の時のSP(仮面舞踏会)終了時の笑顔。
 昨年の四大陸のSP(アイ・ガット・リズム)終了時の笑顔。
 GPファイナル初制覇の時の天真爛漫な笑顔。
 そして、ソチ五輪のFS終了時の涙と笑顔・・・ どちらもとても美しかったです[E:crying][E:happy02]

 でも、きっとこのまま引退してしまうんだろうなあ・・・
 そんな気がします[E:weep]


 さて、最後に高橋選手の『eye』。
 凄い歓声でしたね[E:coldsweats01]
 またマンボも観てみたいです[E:happy01]

 クリスマス・オン・アイス、素晴らしいアイスショーでした[E:happy02]

posted by ちゃんちゃん at 01:16| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こっちにもコメント。

 >>でも、真央ちゃんが一番輝くのはやっぱり競技会で良い演技をした直後の笑顔だと僕は思います。

そうそう、彼女の演技は見ていて実に引き込まれるんですよ。特にタラソワさんの振り付けは、目を凝らして見入ってしまう。
そして、音が消えて喝采を浴びて、素の真央ちゃんの歓喜表情に戻るとき。

見ている方まで、カタルシスというのか、清められるような瞬間です。

だから、一番嫌なのがキスクラだったりしました、ここ何年も。茫然のトリノワールドが最たるものでしたが、口元を引き締めてキスクラを退く姿、何度もやり場のない怒りが…。

おんなじように、昨シーズンの織田君、ニースワールドの高橋君、昨シーズンのマッチー…

最新記事も拝見しました。(あっちにコメントする勇気ないし[E:sad])
やっぱり、PCSであそこまで差がつくのははよくないです。中に、いくつか謎の項目があって、誰がどういう物差しで採点しているのかと思います。

私は、同じ楽曲を使って新しい解釈とかって、本来は[E:ban]だと思ってるんですよ。ロミオはロミオだし、ファントムはファントムだと思う。そうすると、新しい解釈って難しいですよね。

キムさんは、新しい解釈で古いプログラムの使いまわしをする人でしたが、それでも安定のPCSでした。そんな彼女の「新解釈」を「是」としたジャッジたち…。

本当の「新解釈」とは「仮面舞踏会」みたいに、演技を観たことでその曲の光景が広がるような、豊かな表現力に裏打ちされたものであるべきだと思います。

って、こんな風にあちらで書くと、「アンチ」だの、「分断工作」だの言われますよね。

でも、今絶対王者認定されているのが誰であっても、国籍がどこで、年齢がいくつで、どんな人生を経てきた人でも、演技が良ければ正当に評価されるべきだと思うんですけどね。
ここに来て、スケートブログは絶対王者全面攻撃/擁護の二極化して…ちゃんちゃん様はどう思われますか?

ジャッジの基準がわからないとアシュリーのように「訳わかんねえし」顔する選手が後を絶たないのでは?
Posted by 笑顔 at 2015年01月20日 12:36
こちらにもコメントいただき、ありがとうございます[E:happy01]

 タラソワプロ、良いですよね~[E:lovely]

 ラフマニノフもそうですが、仮面舞踏会に鐘(最初は暗くて嫌でしたが)、あとヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジーやポル・ウナ・カペサもそうでしたよね?
 本当に引き込まれます[E:happy02]

 キスクラでも、今年のワールドのSPは良かったですよ!
 超カワイかったです![E:lovely]

> 最新記事も拝見しました。(あっちにコメントする勇気ないし

 なぜですか?[E:coldsweats02]

 PCS、僕も順位は付けても差をつけてはいけないと思うんですよ。 差別化したい意志が高騰の原因だと思うんですよね。
 まあ、PCSなど、採点基準に関してはまた近いうちに記事を書きますので、良かったらまた覗いてやって下さい。

> 本当の「新解釈」とは「仮面舞踏会」みたいに

 FSとSPでは振り付けもあまり変わって無いのに、衣装と表情一つで全く違うものになりましたよね。 あれこそが真央ちゃんの表現力・実力ですよね!![E:happy02]

> 「アンチ」だの、「分断工作」だの言われますよね。

 いやいや、大丈夫でしょう。

> 演技が良ければ正当に評価されるべきだと思うんですけどね。
ここに来て、スケートブログは絶対王者全面攻撃/擁護の二極化して…

 もちろんそう思います。
 誰だって好き嫌いは有りますし、正直、キムはどんな良い演技をしても僕は嫌いですが[E:catface]
 羽生君に対する扱いは、ちょっと攻撃的過ぎる人が多いように思いますね。 いつかのチャン選手に対してよりも酷いです。 日本人なのに・・・
 僕も中国杯の強硬出場は批判しましたし、得点も高過ぎたと思います。 しかし、得点が高かったのは彼のせいでは有りませんし、逆にファイナルはけっこう正当に評価されたと思っています。
 まあ、僕的には無良選手の完璧オペラのPCSが低いのは納得行って無いのですが[E:gawk]

> ジャッジの基準がわからないとアシュリーのように「訳わかんねえし」顔する選手が後を絶たないのでは?

 もう諦め入っている選手も居ますよね。
 以前検証しましたが、ワグナー選手は恵まれていない印象でした。
 でも、PCSの検証してみたら、意外と上がっていることに気付いたのですが・・・
Posted by ちゃんちゃん at 2015年01月20日 12:54
ご回答、ありがとうございました。最新記事は興味深く、ご意見にはうなずけます。でも私自身が、なにせチャンのファントム見ても、「びっくり箱から何が出てきたんだい??」って茶化してしまったり、アランフェス観ても途中で音楽に浸って目を閉じてしまう人間ですから、正直ジャッジの感性との乖離が大きすぎて[E:coldsweats01]

アメリカ女子も、ワグナー、長洲、ゴールドあたりを比べると、見てる方も諦めてしまいますよね…。

ところで別の話ですが、ちゃんちゃん様、私の実家の近くにお住いのようで…不思議な感じです[E:dog]
Posted by 笑顔 at 2015年01月20日 14:07
僕も、無良君や羽生君(あくまで前が無良君です[E:catface])のを観てしまうと、チャン選手のはなんだかなあ・・・ と思いますよ[E:coldsweats01]

 ご実家、近いのですか?
 まさか、同じ中学だったとか言わないですよね?[E:coldsweats01]

 なかなか近くに住んでいる人とかは居ないです。
 同い年で、僕が受験予定だった高校に行っていたという方とはブログを通じて知り合ったりもしましたけど[E:catface]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年01月20日 18:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック