2014年12月30日

小塚君もカッコ良いぞ!! : 現役選手のジャッジに対するコメントは重い

 小塚君は言うね~[E:good][E:happy02]



 復活した小塚崇彦が語る全日本選手権「今、練習していて、みんな若いなと思います」(スポーツナビ)

 フィギュアスケートの全日本選手権で3位に入り、来年3月の世界選手権(中国・上海)で男子代表に選ばれた小塚崇彦(トヨタ自動車)が29日、長野・ビッグハットで今の心境を語った。電撃的に現役引退を表明した町田樹(関西大)にも触れ「フィギュアスケート界を外からも中からも盛り上げていけたら」とエールを送った。

 以下、小塚のコメント。

「(現在の気持ちは?)まずはうれしい気持ちですかね。ショートプログラム(SP)は(6位と)間に合わなかった感がありますけど、全日本(選手権)の舞台でなんとか、フリー(FS)は間に合わせられてよかったなというところです。あとは世界選手権の代表に決まったので、また練習していかないと、というところです。

 何よりも、今、練習していて、みんな若いなと思います(笑)。ついに町田(樹)君も引退してしまって、町田君がいれば年齢的に順番に並んでいけたのに、無良(崇人/HIROTA)君も2歳違いですし、村上(大介/陽進堂)君も2歳違いですし(小塚25歳、町田24歳、無良、村上は23歳)、スポーンと抜けて最年長になってしまいました。同年代のみんながいなくなって寂しいですが、でも、自分が(競技を)やりたいと思ううちは、頑張っていきたいと思います。

(町田の引退は?)僕は全然気がつかなくて、本当にびっくりしました。『話があります』ということだったので『報告があります。結婚します』とか、そういう話かと(笑)。代表発表だったから『そうか』と思って、何が何だかわからなかったのですが、率直にびっくりしました。

 町田選手自身が新たな決断をする時期が来たのかなと思いました。フィギュアスケートに携わって応援してくれると思うので、フィギュアスケート界を外からも中からも盛り上げていけたらいいなと思います。

(引き際について思うことは?)引き際というのはどこがいいのか誰にもわからないです。自分の気持ちが決まった時だと思います。今回の町田選手には決める勇気が出た、決めても勇気が湧かなければ引退しないでしょう。僕は、決まった試合、ユニバーシアード(スペイン・グラナダなど、1~2月)も世界選手権(中国・上海、3月)もしっかり競技を続けていきたいと思います。

(全日本を終えて感じることは?)何よりも苦しいシーズンでしたし、ミスが続いて、なにがなんだかわからなくて、自分の気持ちが乗っていないことに気がついた時に、『あの時に、気が乗っていなかったのかな』とか、『氷の上にはいるけど、心ここにあらず』みたいな。自分自身のことを確認しながらスケートができたのが今後のスケート人生に財産になるかと思います。全日本であれだけの滑りができて戻ってきたという点でも、スケートだけでなく今後の人生という点でも、自信になるのかと思います。

(世界選手権の後について)大学院も残っています。僕の研究はバイオメカニクスの分野をやっていて、動作分析をして、選手たちの無駄がないようにしていくことが研究の目的で、それをすることによって競技人生が延びるのかなと思います。その後に、競技に戻るか戻らないもわからないです。

(前日の記者会見での回転不足に関する発言について)選手が言うべきではないというのは分かっていますけど、一個人として、知識を持ち合わせた観客として見た意見です。回転不足(という判定)が女子では多く、それを気にしてタイミングを外したり、力んでしまい「女子ってすごいね、怖いね」と男子でも感じる思い切りのよさや勢いが、影をひそめたと感じています。(女子の選手は)回転不足を意識していると思います。パンクしたり、ステップアウトしたりというのは、間違いなく力んだり、高く上がって、いつもと違う感覚で下りているのは、男子のみんなと見ていても「パンクが多いね」というのは(話していました)。いつもの全日本の雰囲気だったり、勢いだったりを感じられなかったのは残念だったなと思います

(回転を)全部認めろとは言わないですけど、詳細に基準を決めるといったことがあってもいいのかなと。ジャッジやスペシャリストによって、判定が全然違ってくるようなことは考え直してもらえると……。みんなが引きこもったような感じはなくなっていくのかなと思います。全日本のみんながはつらつとした演技が、男子が終わった後の女子で見たいと思います。

(リスクのある発言では?)個人として言うと、ジャッジに評価してもらう者として、言うべきではないとわかっています。誰かが言わないと変わらないと思いますし、それが「よし」とされる世界ではよくないと思います。最年長ですし、誰が言うかといえば、僕しか言える立場の人はいないのかなと思います。意見して文句を言うのではなく、話をして切り捨ててもらってもいいと思います。受け入れられても、切り捨てられてでも、とにかく耳に入れて考えてもらうだけでも十分だと思い発言しました

(来年の目標は?)ユニバーシアードと世界選手権に出ることしか決まっていないので、そこしか目指していないです」(引用終わり)


 小塚選手は以前も全日本での厳しいジャッジが有った時に言ってましたね。
 確かあの時は『ロシア並に高い点を出して海外にアピールすれば』というものだったと思いますが、それには諸手を挙げて賛成はできかねましたが、今回は全面的に賛成です。
 『誰かが言わないと変わらない』からと言って、『僕しか言える立場の人はいない』と言って本当に言えるって、マジで男前ですよね[E:good][E:lovely]

 引退した選手でもなかなか言えないですからね。
 引退しても、何らかの形でISUやJSFとは関わって行くわけですから。
 以前、織田君が、『むっちゃ回ってるやん!』と言ってくれましたが、あれに比べても重みが違いますよね。 いや、織田君も充分カッコ良いけど[E:happy01]

 以前、田村岳斗氏が宮原選手のルッツのエッヂエラー判定に対して意見を言ったことが有りましたが、また異星人が絡みそうな話題です[E:gawk] あの時、異星人は田村氏のブログにまで絡んで行きましたからね。 あー、ヤダヤダ。 ジャッジ判定恭順者って[E:gawk]

 こういう現役選手の生の声をJSFは真摯に受け止めないといけないですよね。
 小塚選手は『とにかく耳に入れて考えて貰えるだけで充分』と言ってますが、本当に考えて貰わないといけません。 現役選手がリスク背負ってここまで言っているんですからね というと、ジャッジ判定恭順者は、『いったい何がリスクなの?』と言うと思いますが[E:gawk] 『アホか』と言いたい[E:gawk]

 小塚君、大人しそうな見かけによらず、中身は漢(おとこ)だねえ[E:happy02]
 ますます応援したくなったよ[E:happy01]

 それにしてもこのニュース見出しって何?
 どこにも記事の核心で有る小塚選手の意見のこと書いて無いじゃん[E:pout]
 この記事以外にもこのコメント内容の記事は無いしね。 報道規制でもかけてんのか?[E:gawk] と言いたい。

posted by ちゃんちゃん at 15:32| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんちゃんさま、明けましておめでとうございます。
新年のご挨拶の記事がありますが、他のみなさまより大分出遅れており気後れがいたしますのでwこちらで代えさせていただきます。

ちゃんちゃんさまのおっしゃるとおり、小塚選手は以前にも採点に対して物申したことがあり、
また真央ちゃんを記者の突撃取材から守ったこともありました(そしてその記者から逆恨み記事を書かれるという・・・)。
確かに朴訥としたところがあり一見ガンガン前に出て主張するタイプではないのでやるときはやる、とは言え、
結構勇気を出して言っているのだと思います。

今回の小塚君の発言に対して賞賛の声が多いのは嬉しいのですが、 心配の声が少ないのは正直ひっかかります。
報復採点などどいう馬鹿馬鹿しいものが本当に存在するとは思いたくもないのですが、
少なからずそのような影響があるとすれば、他の選手や競技のためによくぞ言ってくれた!などでは済みません。
記者にも『リスクのある発言』などと捉えられているあたり大変気にかかりますね。


今回このような発言をしたこと、そして羽生選手の体調面のこともあって
ますます年長者として責任感を持って世界選手権に挑む気がします。
しかし彼自身が怪我を抱えていますし、練習に根を詰めるほど股関節に痛みが出るとのこと、
悪化させてしまい最悪のコンディションで試合を迎えてしまうのではないかととても心配しています。
世選で良い感触が得られれば現役を続行してくれる気がするので、
適切にコンディションを整えて、何とか良い演技をしてほしい。
小塚選手(およびファン)にとっては、一試合一試合が本当に貴重な時期なのでしょうから。
Posted by カトレア at 2015年01月05日 02:40
あけましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願いいたします。

 今年はフィギュア選手の皆が怪我無く、自身の納得できる演技ができて、得点を見て喜ぶシーンが多く観れれば良いですね。

> 他のみなさまより大分出遅れており気後れがいたしますのでwこちらで代えさせていただきます。

 別に気にされることも無いと思いますけど[E:coldsweats01]

> また真央ちゃんを記者の突撃取材から守ったこともありました(そしてその記者から逆恨み記事を書かれるという・・・)。

 そういえばそうでしたね。
 逆恨み記事は憶えてませんでしたが。
 本当に、普段は言葉少ななのに、いざというときは頼りになる。 一番カッコイイですよね。

> 心配の声が少ないのは正直ひっかかります。

 確かにそうですね。
 すいません。
 僕も今回はそこに触れてませんでした[E:gawk]

 羽生選手も世選解りませんし、もしも羽生選手が回避なんてことになったら(いや、ならなくてもですか)、小塚選手は枠取りに責任を感じて必死になるでしょうね。 それがゆえ、怪我が悪化しないように祈りたいです。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年01月05日 12:16
ちゃんちゃんさま、こんばんは。
なんと、大事な一言を申し上げていなかった!
「今年もよろしくお願いいたします」。

>僕も今回はそこに触れてませんでした

気を遣わせるような書き方をしてしまったみたいですみません・・。

小塚選手はどうしても二番手・三番手以下の人気の選手なので(それをいうか私w)
フィギュアファンの思い入れも薄くなるんだと思います。
でも、これが現役時代の高橋さんや真央ちゃん、羽生選手が発言したのだったら、
もっと選手本人に対する気遣いや心配の声が聞かれたんだろうなと思うと微妙な気持ちになってしまって。
こういう発言を現役選手がしたという重みがサラッと流れていってしまうと、残念だなと感じたのです。

ちゃんちゃんさまは‘現役選手の生の声をJSFは真摯に受け止めないと’ときちんとおっしゃってくださっているので全く対象外ですよ。

とはいえ、小塚選手自身が勝手に言ったことといえばそうだしなぁ(世間が軽く受け止めようが)仕方ないのかな。
とにかく結論、小塚頑張りすぎないようにがんばれ!です。
Posted by カトレア at 2015年01月06日 23:55
カトレアさん、こんばんは。

>なんと、大事な一言を申し上げていなかった!
>「今年もよろしくお願いいたします」。

そんな大げさな[E:coldsweats01]

>気を遣わせるような書き方をしてしまったみたいですみません・・。

いえいえ、とんでも有りません[E:catface]

>とはいえ、小塚選手自身が勝手に言ったことといえばそうだしなぁ(世間が軽く受け止めようが)仕方ないのかな。

いや、でもマスコミの取り上げなさは異常ですよ。
僕は絶対、意図的に報道していないと思います。誰の指示かは別として。

>とにかく結論、小塚頑張りすぎないようにがんばれ!です。

ですね[E:happy01]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年01月07日 22:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック