2015年05月18日

橋下さん、心よりお疲れ様でした : 住民投票惜敗

 正直、もっと差がつくかと思ってましたが、実に僅差の闘いになりました。

 僅差で敗れた賛成派でしたが、今はまず言いたい。

 橋下さん、心よりお疲れ様でした。


 でも、市長の任期は勤め上げるようですから、その間は変わらず頑張って欲しいです[E:happy01][E:good]

 ただ、今回の選挙には僕は納得はいっていない[E:pout]

 それは結果に対してというより、別の次元での話だ。

 まず、今朝のTVニュースで、出口調査による年代別の賛否の割合を扱っていたが、70台以降の高齢者世代男女の反対比率が飛び抜けて高かった。 それ以外は50台女性が僅かに反対が50パーセントを超えた程度で、残りの世代の男女は全て賛成多数だった
 これからの将来が長い世代では無く、もう先の長くは無い(失礼!)高齢者世代によって結果が出たように見える。 しかし、僕が腹立たしいのは逆で、おそらくは投票率の低いであろう若い世代が投票に行かなかったせいで反対多数となったのでは無いかと思っている。

 昨日の記事にも書いたが、今回選挙は投票率も高く、投票所へ行く人の波がいつもと違った。 しかし、そのほとんどが僕より上の世代だった。 その時点で正直反対派の圧勝になるのでは? と思ったほどだった。
 0.8ポイントという僅差で有れば、若者が真剣に自分の将来を考えて投票すれば、ひっくり返った可能性は極めて高いのでは無いだろうか? 僕が想像するに、おそらく富裕層の若者が行かなかったのでは無いかと思えてならない。 それは自分の、友人の、子供達の将来を放棄するに他ならないと思えることだ。
 投票率は66.83%だったそうだ。 大阪市民以外からの関心がこれほど高かったのにも関わらず、これでは低過ぎるわ[E:sign03][E:impact][E:pout]

 次に、市の職員はおそらく反対に投票したであろうと思えること。
 大阪市の職員は3.5万人ほど居るとか。 その家族・親族等を含めれば、その有権者数はその何倍かにはなっただろうと思われる。 大阪市職員の投票を除外すれば、やはりこれもまた、おそらくは賛成多数となったことだろうと思えてならない[E:gawk] これほど大きな組織票はなかなか無いだろう。

 最後に、ニュースにもなったし、過去記事にも書いたように反対派が手段を選ばずに活動を行ったこと[E:impact][E:pout]
 我が淀川区を含め、投票者数より投票総数の多かった投票所がいくつも有るとか[E:gawk]
 投票所の係の人って、大阪市職員じゃないの? 違ったらすまんけど。

 あ~、せめて過去記事に書いた反対派の車、ナンバー控えて通報してやれば良かった・・・ それで結果が変わるわけでは無いけど、少しはすっきりできたのに・・・[E:gawk]

 一応、関連記事を二つほど紹介しておきます。


 都構想「否決」 「決して晴れやかでない」喜びの反対派にも”宿題”(産経新聞)

 「勝った!」「神風が吹いた!」。住民投票が反対多数となることが確実になった17日夜。「市民サービスを低下させる大阪市廃止分割は反対」などと訴えてきた自民、公明など反対派各党は喜びにわいた。

 午後10時35分ごろ。大阪城に近い自民府連本部に、関係者から「反対多数確実」の情報が寄せられた。厳しい表情でテレビを見つめていた衆院議員の竹本直一府連会長は「よっしゃ!」と両手を握り、ガッツポーズを見せた。

 国政で対立関係にある共産党とも協力して「維新包囲網」を構築。「We Say NO!」の共通スローガンで活動し、「ふるさと大阪市を守る」とのイメージを強調してきた。支持団体数など、賛成派の大阪維新の会側を圧倒する組織力をフル稼働させた。「特別区では財源が足りない」「政令市でなくなれば住民サービスが維持されない」と生活に直結する主張も訴え続けた。勝因を問われた花谷充愉(はなや・みつとし)府議団幹事長は「維新が『二重行政がある』との幻想を広げたが、そうではないと丁寧に真実を伝え続けた」と語った。

 だが、終盤は激しい追い上げを受けた。竹本氏は「勝てる戦いとは思わなかった」と吐露し、公明党府本部で会見した衆院議員の佐藤茂樹府本部代表も「今の大阪市に満足していない人が相当数いる」と語った。

 「戦いは終わったのでノーサイド。府民、市民のため東京に負けない安定した都市をつくりたい」。記者会見で、竹本氏は橋下徹市長が繰り返した言葉を引き合いに語ったが、柳本顕・自民市議団幹事長は「現状を何とか変えたいという橋下氏のメッセージが多くの市民を揺さぶったことも事実。今後、地に足をつけた姿勢で全力を尽くす」と厳しい表情で語った。

 堺市の竹山修身市長は同日午後10時50分から市役所で記者団の取材に応じ、「大阪市民が熟慮の上、大きな判断を示された。大阪市民の民意に敬意を表します」と述べた

 住民投票の告示後、都構想反対の立場で大阪市に21回も応援演説に駆けつけたが、この日は大接戦だったこともあって笑顔はなし。「今回の住民投票は大阪市民を悩ませ、苦しめた末の結果であり、私も重く受け止めている。決して晴れやかというような気分ではない」と語った。(引用終わり)


 このニュースで一つ言いたいのは、堺市長がしゃしゃり出て来るんじゃねえ!!ってこと。
 だいたい、コイツって、2009年の堺市長選では橋下さんの全面支援を受けて当選したわけでしょ? それが寝返ったまでは目を瞑ってやるが、反対派の応援に出て来るんじゃねーよ!! と言いたい。
 それに『大阪市民の民意』だって? はあ? 本当の大阪市民の民意は、上に書いたように『賛成』だろうよ[E:gawk]


 
橋下劇場、最後に誤算 「民意」は小差でノー(朝日新聞デジタル)

 大阪維新の会の橋下徹代表(45)が政治生命をかけた大阪都構想が、大阪市民による住民投票で否定された。タレント弁護士から政界に転じて7年余。自治体のトップとして国政政党まで立ち上げた風雲児に対し、「民意」は小差ながら「NO」を選んだ。憲法改正など国政の動きも連動しそうだ。

 接戦にはなったが、最後は約1万票差で敗れた。

 「政治ですから。負けは負けです。たたきつぶすといくさを仕掛けて、こちらがたたきつぶされた」

 17日夜の記者会見。接戦に持ち込んだことで「引退」の撤回はないのか問われた橋下氏は、完全に否定した。大阪維新の会内部には楽観ムードもあったが、橋下氏は一貫して厳しい見方をしていた。

 「人間は不安が残っている限りは、最後は現状維持を望む。もっと厳しいと思いますよ。現実は」

 ほぼ1カ月前、記者団に漏らした予感は的中した。

 17日の街頭演説場所に選んだのは政治家としてスタートを切った大阪・難波だった。「今日ですべてが決まるという日になった。大阪府知事、大阪市長とやって、一人の人間としてできることをやってきた」

 タレント弁護士だった2008年1月、大阪府知事選に立候補した際、この難波で第一声を上げた。

 「38歳。右も左も政治や行政も分からなかった」

 府知事になると、自らの給料や退職金に加え、職員給料もカット。「改革者」のイメージを印象づけた。改革の行き着いた先が、府と大阪市の二重行政による無駄だった。大阪市を解体して府と特別区に仕事を分ける――。10年に「大阪都構想」を掲げたのも、そうした経験からだった。

 地域政党を立ち上げ、翌11年4月の統一地方選、11月の知事と大阪市長のダブル選も圧勝した。

 高い支持率を背景に「国政に足をかける」と揺さぶり、都構想の手続きを定める法律も成立させた。国政政党のトップにもなった。ただ、「山あり、谷あり、地獄あり。何遍も大きな壁にぶつかった」と語ったように、上昇局面ばかりは続かなかった。

 橋下氏の手法は「ふわっとした民意」をつかむ一方、反発も招いた。都構想案は昨年10月に大阪府・市両議会で否決されて行き詰まったが、公明党の協力で息を吹き返した。

 住民投票へ向けては、強い危機感から自らが前面に立った。

 告示前日まで連続13日間で計39回開かれた都構想の住民説明会に自ら出席。質疑も含め、1時間を超える説明を続けたが、橋下氏の政治姿勢を疑問視する意見が噴き出し、「独演会」との批判も浴びた。最終盤には「僕のことはキライでもいい。でも、大阪がひとつになるラストチャンス」と訴えるチラシを投入したほどだった。

 投票日の17日は賛成が追い上げているとの情報を得て、投票終了前に予定していた維新の党の江田憲司代表らとの夕食の予定を変更し、街頭を回った。だが、最後は頼りにしてきた「民意」から背を向けられた。(野上英文)


■「改憲へ協力」安倍政権に誤算

 「また戦略を立て直さなければいけない」。安倍晋三首相の側近の一人は、住民投票が否決されたことに落胆の色を隠せなかった。首相が悲願とする憲法改正に前向きな橋下氏が政界引退を表明したことで、政権が来夏の参院選以降に狙う改憲戦略の再考を余儀なくされるからだ。

 今回の住民投票では、自民党大阪府連を中心に党内から都構想反対の声が上がる中、首相官邸は「大阪は二重行政(の解消)、効率化を進めるために大改革を進める必要がある。改革に向けて大なたを振るう必要がある」(菅義偉官房長官)などとあえて橋下氏へのエールを送ってきた。今後の政権運営で維新の協力を得たいとの考えからだ。(引用終わり)


 瞬間湯沸器的な発言など、少し言動などに問題の有る方だったが、大阪の為に一生懸命やってくれたのはウソでは無かったのでは無いかと思う
 大阪市長の任期はまっとうしてくれるとのことだが、とりあえずはお疲れ様と言いたい。

 大阪市は、大きな政治改革の記念すべき先陣となることを拒否したわけだ。
 もったいない[E:gawk]
 夕張市みたいにならないと良いけどね[E:gawk]

posted by ちゃんちゃん at 22:33| Comment(6) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
補足ですが、堺市長が出てくるのは大阪市分割再区割りに加え、堺市も対象になっているためで、ようやく政令指定都市として確固たる都市モデルを築き上げてきており、府との二重行政がない堺市を再編するのは納得できないと反対したからですね。
都構想も着想自体は否定されているわけではないのですが、簡単に言えば「堺市に手を出す奴は許さん」というのが反対理由です。

元々は橋下派の人でしたが、当時は都構想が具体化されていない時でしたし、都構想が掲げられて以降は、堺ラブの彼がポリシーを捻じ曲げることは出来ないのは当然ことです。

あと、不正とされる投票数の誤差は3区で、計4票だそうなので、ひっくり返るレベルではありませんでした。
でも、「それぐらいええやん」で済む話ではありませんけどね。

個人的には、自民府連本部で会見をする竹本さんの後ろに、かつて府知事時代に、「大阪府と市を合併する都構想」を掲げた太田房江女史がいたのが、なんだか皮肉っぽっくて面白かったですね。


まぁ、負けはしましたけど、府民が府政に関心を持ついい機会だったと思いますし、逆に言えば民意の約半数は改革を望む声ですから、今後、それがどう反映されるのかは気になるところです。
全く無視ってことはないでしょうからね。

マック赤坂氏、改め、マクド赤坂氏が早々に年末の市長選出馬に意欲を見せています。
こういうぶっ飛んだ人でわやくちゃにして、立て直しできる新たなリーダーの出現を望んだ方がいいのかもしれませんね。
Posted by 回線問屋 at 2015年05月19日 03:29
堺市長の細かいポリシーまでは、存じてませんが、都構想全体に堺市も含まれていることは存じてます。

 ただ、今回僕が批判しているのは、

 ①一度は大恩を受けた橋下氏に
 ②今回はあくまで大阪市民の住民投票なのに
 ③反対の立場で応援演説を繰り返したこと
 ④「大阪市民の民意に敬意を表します」と述べたこと

 なんです。

 僕は、どこそこ関係無く、政治家があちこちにしゃしゃり出て来るのは嫌いなんです。 まあ、まま有ることでは有るのは解って絵いますが。
 それと何より、『大阪市民の民意』を語ったことが腹立つのです。 本当に反対多数は民意なのか? と。
 そうだったとしても、橋下さんも良く『民意が』と繰り返しますが、僕は政治家がそれを大きな声で叫ぶのは違うと思っているんですよ。 もちろん、90%とかの支持率でも有れば別ですが。

> 不正とされる投票数の誤差は3区で、計4票だそうなので、ひっくり返るレベルではありませんでした。
でも、「それぐらいええやん」で済む話ではありませんけどね。

 僕も最初は『ええやん』と思ってましたが、やっぱり違うなと。
 正直、手段を選ばない反対派の仕業の可能性が有るので、看過できないなとは思いました。 市職員の犯行の可能性も否定できませんし。

> 全く無視ってことはないでしょうからね。

 まあ、完全無視は無いでしょうが、喉元過ぎればなんとやらで・・・
 自民党だって政権に返り咲けたのは勝手に民主党がコケたからで、自民党の努力が評価されたという感じはあまりしませんでしたし、今後急に大阪市政が良くなるとは思えないんですよね。
 仮に失敗に終わっても、変化した方が良かったと僕は考えています。

 ご存知だとは思いますが、僕は橋下信者では有りませんので念のため[E:catface]

> こういうぶっ飛んだ人でわやくちゃにして、立て直しできる新たなリーダーの出現を望んだ方がいいのかもしれませんね。

 人は選ばないと[E:coldsweats01]
 今回くらい大きな変革は、とうぶん望めないでしょうね。
 色々と言動に問題の有った橋下氏ですが、政治家として、なかなかの人物で有ったのでは無いかと思います。 少なくとも、自分のためで無く、大阪のために頑張ってくれたのだろうなという想いは有ります。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年05月19日 08:15
ちゃんちゃんさん

>少なくとも、自分のためで無く、大阪のために頑張ってくれたのだろうなという想いは有ります。

って、ここなんですよね、大事なのは。もっと安寧な道があっただろうに、わざわざ茨道を進んだ、その一途さと不器用さ。これからも活躍してほしいです。
Posted by 笑顔 at 2015年05月19日 15:05
> 笑顔さん

 まあ、橋下さんの場合は最初は目立ちたがりだっただけかもしれないような気もするんですけどね[E:catface]

 でも、途中からは本当に一生懸命やってくれたのでは無いかと感じています[E:happy01]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年05月19日 19:08
ちゃんちゃんさん
こんにちは♪

大阪都構想…否決でしたね。
何をするにもメリットもデメリットもあるものですから、反対の方々にはデメリットの方が大きいと感じられたのでしょう。

先の事を考えたら賛成で可決が良かったのかなと思います。
デメリットもいつかはメリットに変わるのだと思うのですが。
大阪市民では無いですが、私は賛成していたと思います。
橋下さん…嫌いではないです、今の政治家には無い物を持ってる…そう思いますね[E:happy01]
Posted by ゆんゆん at 2015年05月20日 11:42
> ゆんゆんさん

 こんにちは。

 失敗しても、一度大きな変革が有った方が良いと僕は考えていたのですけどね。 残念ですが、仕方無いです。

 橋下さんは好みが別れますが、彼の引退によって、維新は党の勢力は低下の一方でしょうね。
 橋下さん、うちの子供達には超不評です。 行っていた市民プールを潰され、中学校に給食制度を導入されましたので[E:coldsweats01]
 僕も柴島浄水場というところの、水道記念館の閉鎖には納得いってませんでしたし。 まあ、個人的都合の話なんですが[E:catface]

 とにかく、大阪の為に一生懸命やってくれたであろうことには感謝しております[E:happy01]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年05月20日 12:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック