2015年07月09日

せっかくSOSを出していたのに・・・

 書こうか書くまいか、考えましたが、やはり記事にしておきたいと思います。


 自殺ほのめかす生活記録ノート、学校で共有されず 岩手(朝日新聞デジタル)

 岩手県矢巾(やはば)町で中学2年の男子生徒(13)が電車にはねられて死亡した事故で、この生徒が同級生から暴行を受け、自殺をほのめかす記述を残していたノートが、学校内で共有されていなかったことが、学校への取材でわかった

 学校側は、生徒へのいじめの有無に加え、担任教諭や学校の対応が適切だったかどうか調べている。

 7日夜の保護者説明会で、学校の校長は、生徒が担任とやりとりしていた「生活記録ノート」について、生徒が亡くなった後の6日に初めて内容を確認したことを明らかにした。「なぐられたり首しめられたり」といった記述も初めて知ったという。説明会後、「ノートに書かれている内容を校内で共有していなかった」と語った。

 担任が校長にノートの内容を報告していなかったとみられる。町教育委員会の立花常喜・学務課長は「学校はノートの内容をもう少し問題視して何らかの配慮をするべきだった」と話す。

 また、学校は、いじめを早期に発見する目的で毎年度計3回、全校生徒を対象にアンケートを実施してきたが、5月分について「行事で忙しかった」として実施していなかった。

 生徒は5日夜、矢巾町のJR東北線矢幅駅で電車にはねられ死亡した。岩手県警は自殺とみて調べている。(斎藤徹)(引用終わり)


 今回の件、せっかく良いツール(生活記録ノート)が有ったのにも関わらず、それが生かされていなかったことが凄く残念に思います。

 子供はなかなかSOSを出せません。
 いじめられて学校に行けなくなる子供や、自殺のような最悪の方向に行くような子供は、そのほとんどが非常に心の優しい子供達なのです。 心優しいからなかなか親には告白できません。 迷惑をかけたくないからと、一人苦悩し、不登校になったり自殺という最悪の選択をしてしまいます。 『自分が生きていたらお父さん、お母さんに迷惑がかかる』と、そう考えるのです。 親からすれば、『生きてさえいてくれたら』、『笑顔でさえいてくれたら、学校なんか行かなくても・・・』というのが本当のところなのに、心優しき子供は自分が存在することで、親に迷惑がかかる、悲しませる、と考えてしまうのです。

 しかし、今回のケースはSOSを出していました。
 それを生かすことができなかったのは、学校側の責任です。 もちろん親御さんに責任が無かったとは言いません。 われわれ子供の親には、『どんな悩みでも相談できる家庭環境を造ること』や、『子供の異変を察知してあげること』といった、家庭側での問題も有るからです。
 しかし、前記したように、心優しき子供に育ててしまった場合、逆にこんな悲劇が起こってしまうことが有るのです。 心優しき子供に育て上げた両親を、他人が責められますか? 僕は責められません。 本人が一番辛く感じている部分のはずですし。

 じゃあ、担任の先生だけを責められるのかというと、そうも思えません。
 ノートのやりとりをみていると、死をほのめかしているにも関わらず、それに触れないような回答をしていたり、非常におかしな応答をしている部分も見受けられることから、担任の先生が精神的になんらかの異常をきたしていた可能性も有ります。 仮にそうでなかったとしても、せっかく生活記録ノートという良いシステムが有るのに、それを教職員で共有できなかったのは実に悲劇的なことに思えます。
 この中学校には、副担任や学年主任といったような立場の先生は居なかったのでしょうか?(うちの子供の通う中学には居ます) 居れば、このノートを皆で目を通していれば済んだこと。 担任一人に任せておいてはせっかくのツールも意味を成しえません。
 担任の先生は、できるだけ自分の中で解決してしまいたいと。 学校はできるだけ学校の外部に問題が漏洩しないようにしたいと考えるものです。 それはどんな業界もそうですから、今回のようなケースを回避するには、この生活記録ノートという良いツールを有効活用するために、学校の複数の教職員で共有しなかったことが最も大きな問題だったと言えるように思います。

 亡くした命は帰っては来ませんが、学校はこれを教訓に、このノートを活用して欲しいと思います。 それがせめてもの亡くなった子供さんの供養になるのでは無いでしょうか。


 生活ノート、担任への「叫び」記録・・・中2死亡(読売新聞)

 岩手県矢巾(やはば)町で、同県紫波(しわ)郡の中学2年の男子生徒(13)が電車に飛び込んで死亡した事故で、男子生徒が4月からクラスの担任と交わしていた「生活記録ノート」の全容が8日、明らかになった。

 別の生徒からの暴力や、体調不良を繰り返し訴え、助けを求める「叫び」が記録されている。SOSはなぜ届かなかったのか。学校側は死亡にいたった経緯などの調査を始めた。

 クラス替えが終わり、2年生としてのスタートを切った4月。ノートの書き出しは7日で、「学年がスタートした1日。この今日を大切に、でだしよく、終わりよくしたい」と意欲的な記述で始まっていた。異変が起きたのは、4月中旬だった。

 〈最近、「いかれてる」とかいわれ、けっこうかちんときます。やめろといってもやめない。学校がまたつまんなくなってきた〉(4月17日)

 父親によると、生徒は4月上旬頃から「(別の生徒に)ちょっかいを出されてうざい。学校に行きたくない」などと話すようになったという。

 その後、生徒は「イライラする」「だるい」「つかれました」と徐々に体調不良を訴えるようになる。具体的ないじめの記述と共に、心理的不安も書くようになる。暗闇の中で人が迷っているイラストを添え、孤立感を訴える記述も出てきた。

 別の生徒からの仕打ちについて「しつこい」との記述が続き、6月3日には「けんかしました。ボクはついに、げんかいになりました」とつづった。

 そして担任に直接助けを求める記述が現れる。 〈次やってきたら殴るつもりでいきます。そうなるまえに、ボクを助け……〉(6月5日)

 〈実はボクさんざんいままで苦しんでたんスよ?なぐられたり、けられたり、首しめられたり、悪口言われたり!〉(6月8日)

 6月中旬には、担任が「きのう話しができてよかったです」と記載し、生徒と話をした形跡もある。

 しかしその後、テストに関する記述が続くが、約2週間後に突然自殺をほのめかす。

 〈生きるのにつかれてきた。氏(死)んでいいですか?〉(6月28日)

 最後の記述は死の6日前だった。

 〈ボクがいつ消えるかはわかりません。もう市(死)ぬ場所はきまってるんですけどね〉(6月29日)

 これに対し、担任は学校行事についてのコメントしか書いていない。

 この日を最後に、記述は途絶える。7月5日、生徒は祖父に「買い物に行ってくる」と言って外出したまま、帰らぬ人になった。

 校長は7日の記者会見で、「ノートの内容について担任から報告がなかった」と述べた。担任は体調不良だとして7日から休んでおり、生徒が記載した後にどう対応したかや、生徒との間でどんなやりとりがあったかなどについて、学校側は把握できていない。(盛岡支局 福元洋平、安田英樹)(引用終わり)




 <岩手・中2自殺>校長「いじめ知らなかった」(毎日新聞)

 岩手県矢巾(やはば)町の中学2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺したと見られる問題は、学校側の対応が不十分だった可能性が出てきた。生徒と女性担任が交換していたノートで、生徒は「もう市(死)ぬ場所はきまってるんですけどね」と書いたが担任は「明日からの研修 たのしみましょうね」と翌日からの学校行事(合宿)に触れただけだった。6月30日ごろの記述とみられ、このSOSが生徒の最後のメッセージとなった。

 ◇父「なぜ連絡ない」

 同校には生徒と担任がほぼ毎日交換する「生活記録ノート」があり、毎日新聞は生徒の父親を通じて全文を入手した。この中で生徒はいじめについて何度も担任に訴えていた。

 日付が明確でない記述が多いが、今年5月以降、生徒が「なぐられたり、けられたり、首しめられたり」と書き担任は赤ペンで「それは大変、いつ?? 解決したの?」と返事を書いていた直後に生徒は「解決していません」などと書いたが担任の欄は空白で、生徒の記述に二重丸がつけられていた。

 その後、生徒が「もうつかれた。……。どうなるかわからない」と書いた時担任からの記載はなかった。別の日に生徒が「ここだけの話。(中略)氏(死)んでいいですか(たぶんさいきんおきるかな)」と自殺をほのめかした時には、担任は「どうしたの? テストのことが心配? クラス? ××(この生徒の名前)の笑顔は私の元気の源です」などと応じていた

 校長は7日夜に開いた緊急の保護者会の後、取材に応じ、ノートのやり取りについて「担任から聞いていない。いじめは否定できないが、あれば私に報告があるはずだ」と話した。担任は生徒の自殺後、病欠しているという。

 生徒の父親も生徒が自殺するまでノートの内容は知らされておらず、「ここまで書いていたのなら、なぜ連絡してくれなかったのか」と学校側の対応への不満を述べた。

 7日夜の保護者会の出席者によると、学校側からいじめの有無について明確な説明はなく、生徒が死亡したことへの陳謝もなかったという。

 町教委などによると、同校は7日、全校生徒(約450人)を対象にいじめを見聞きしていないかについて記名式のアンケートを実施したという。(引用終わり)


 この記事の校長のコメントは、こういったニュースの時には判を押したように同じだ。
 このコメントを出した時には既にノートの内容が解っていただろうに、まだ、『いじめは否定できないが、あれば私に報告があるはずだ』なんてことを言ってしまう。
 こういう姿勢が心優しき子供の命を奪ってしまうというのに。
 報告が無いから子供が自殺に追い込まれたというのに・・・

posted by ちゃんちゃん at 20:17| Comment(16) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんちゃんさん

救いたかった命…どうして気が付いていたのに止めてあげられなかったのか。
本人にしたらとっても耐え難い事なのに…子供がSOSを発したら重く受け止めなければ助かる命が[E:weep]本当に悲しくて悔しい…辛かっただろうと思うと何も言葉が出ないです。
Posted by ゆんゆん at 2015年07月09日 21:39
今朝のニュースを見ていると、担任の先生は生徒の信頼厚い方だったみたいですね。
 亡くなった生徒さんも、『先生に救われた』と書いていましたし、それはきっと本音で書いたのだと思います。
 ただ、せっかくのシステムが生かせていなかったのも事実ですね。

 ちなみに、僕は先生が信頼できなくて、守ってくれないから不登校になった子供も知っています。
 先生がどういう対応をするかで、子供の運命は大きく変わります。 もちろん親の対応も大事ですが。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年07月10日 08:18
担任批判が横行していますが、ちゃんちゃんさんやゆんゆんさんのコメントに、ほっとしました。

担任が、もう対処しきれないというサインを出しています。彼のSOSをスルーしたのは、きっと万策尽きたような感覚だったのかと思います。

学校の面子を保とうとする、事なかれ主義の校長の発言。
いじめっ子についてはまだ何も明らかではありませんが、狭いムラ社会に特有の濃すぎる人間関係の中で、事を荒立てたくない大人の事情がいろいろありそうです。

中学校も高校も、いかなくても何とかなりますよ、ぶっちゃけ。不登校から立派に自立した成人になっている人はたくさんいます。
親御さんも、ここまでと分かっていれば環境を変えてあげることもできたのだろうに。

一人で抱え込まざるを得ないと、勘違いしている人が多すぎるのかも。
Posted by 笑顔 at 2015年07月10日 09:22
私の息子も中学の時不登校でしたいじめが原因でした。
いわれもない理由ですけどね。
親がいじめはいけない事をしっかり教えないとね。
経験上…いじめをしている子の親を見るとうちの子に限って[E:punch]家ではとても良い子なんですよ。

学校の先生も色々考えてくれましたね、子供自身が友達を信用出来なくなり学校に絶望したのだと思います。
長い人生つまづいたってやり直しきくし生きていればこそなのですから…息子は会社を休まず少々嫌な事があって胃潰瘍になったりしましたが、元気に今の会社で社長の片腕になって働いていますよ。

その子と同じ目線になって考える…大切な事なんですよね。
大人社会で先生同士でもいじめがある現実…担任を責めることは出来ないですが、抱え込まずにいてほしかったなと思います。
辛い結果になってしまって担任も親御さんも辛いと思います。
Posted by ゆんゆん at 2015年07月10日 10:30
> 笑顔さん

 僕も生活記録ノートのやりとりを見ていたら担任批判したくなるのですが、もしかしたら担任の先生も精神的に病んでいた可能性が否定できませんからね。 先生が大変な職業で有ることは、考えなくても解ることですし。 単に事なかれ主義だっただけだったらボロクソ書きますけど[E:catface]

 担任もサイン出していました?
 それはちょっと気づきませんでした。

 今日も町教委は事なかれ主義的コメント出してましたね。 これは組織の問題なので、なかなか改善は難しいですよね。

 笑顔さんがおっしゃるように、自殺するくらいなら、学校なんか行かなくて良いのです。 もちろん、行くにこしたことは無いですが、親御さんにノートの内容が伝わりさえすれば、環境を変える等して、最悪のケースは避けられたと思われるだけに悔しいですね。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年07月10日 23:11
> ゆんゆんさん

 息子さん、不登校だったのですか。
 今は元気に社会生活を営めておられるのでしたら何よりです。
 ゆんゆんさん自身も、きっと多くの苦労、苦悩、そして何より辛抱をされたことでしょう。 痛いほど解ります。 うちはまだ記憶がレアなので、多くは語れませんが・・・

 話は本筋から逸れますが、息子さん、胃潰瘍にもなられたのですか。
 僕も大学時代に潰瘍を発症してから、クレーム担当という役回りも有り、15年くらいは胃潰瘍と戦ってきました。 でも、ピロリ菌が居たことが発覚し、除菌したら凄く善くなりました。 もしも息子さんのお腹にピロリ菌が居るなら、是非とも除菌することをお奨めしますし、解らないなら調べることをお奨めいたします。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年07月10日 23:17
ちゃんちゃんさん[E:paper]

息子も娘もピロリ菌の検査の結果白でした♪

同じ胃カメラでも、息子は鼻からで娘は口からでした…息子いわく鼻からのが楽らしいです。

今はすっかり良くなり…熊さん体型に!少しオーバーですね。

時と言うものは優しいもので、衝撃はいつしかオブラートに包まれ記憶の隅に…忘れることは出来ないけれど。
子供にとって
いつでも安息の場所があれば大丈夫なのですよ♪
最大の味方は家族ですもん[E:happy02]
Posted by ゆんゆん at 2015年07月11日 13:29
> ゆんゆんさん

 お子様方、ピロリ菌は白でしたか。
 それは何よりです[E:catface]

 僕は除菌により、一気に体重が5kg増えましたよ[E:catface]

 僕は胃カメラはベテランですが、鼻は経験無いです。
 かかりつけ医が凄く麻酔効かすので、口からでもかなり楽ですけど。

 ピンチには、子供を肯定してあげることが大事ですよね。
 親が子供を否定したら、子供には居場所が無くなりますから。
 もちろん、なんでも肯定すれば良いわけでは無いですが、否定から入ることだけは絶対にしてはいけないですね。

 すっかり話すことの減った息子ですが、思ったより他人にも気遣いのできる、優しい人間に育ってくれているなあと、最近感じることが多いです。 意外と、親の行動も見ているのだなあとも。
 関西テレビの元アナウンサー桑原征平さんが時々ラジオで言っていますが、『人生生きてるだけで丸儲け』だと、子供を見ていると思います。
 ただ、笑顔で生きていってくれればと・・・
 親は、本当はそれだけを願っているんですよね・・・
Posted by ちゃんちゃん at 2015年07月11日 13:42
ちゃんちゃんさん

担任から出ていたサインって、つまり人間、大きすぎる問題にぶつかって自分でどうしようもないと思った時、それがなかったかのように振る舞うでしょう??

私も以前、友人にとんでもなく大きなトラブルで八方ふさがりみたいな話を聞いた時、生半可なアドバイスも、共感もできず、話をはぐらかしてしまったことが…[E:despair]

この担任の先生も、似たような状況だったのかな、と。

副担任をちゃんとつけて、担任が一人で問題を抱え込まないようにするべきだったのでしょうね。

とってもあどけない笑顔の、可愛らしい少年。誰も彼の味方にならなかった…嘘のような、陰湿なことです。
本当に心が痛みます。

うちの娘も、だいぶ変人なので友達がいないんです。それで、時々鬱になります。下宿先から深夜、電話をよこして延々愚痴るのですが…[E:coldsweats01]
まあ、これも親の行なのでしょうね[E:confident]
Posted by 笑顔 at 2015年07月11日 16:00
ちゃんちゃんさん[E:happy01]

〈生きてるだけで丸儲け〉本当にそうですね。
いじめられる子は優しい子が多い…当たり前ですよ強かったらやつっけてますよね[E:happy01]

娘は中学の時髪を縛るゴムが茶色いと言われ放課後囲まれて…やっつけたと言ってました。この子は優しいが強いので逆に心配しています今でも!

絡まれたら買ってしまうのですよ、相手の間違いを探して警察呼ぶよで終わるそうです。
でも痛みには超弱いです。
息子さん…優しく時に強くいい子に育てましたね。
男の子は寡黙なもので…様子がおかしいときは親ならわかるはず、毎日顔を合わせ少しの会話の中でも気付くものです。

娘は胃カメラは2度と嫌だと言ってましたよ(笑)
結石の破壊も2度と嫌だと言ってましたが[E:coldsweats01]
Posted by ゆんゆん at 2015年07月11日 16:56
>笑顔さん

なるほど。
生活記録ノートの担任の言葉が、逆にSOSだったのではということですね。
それを読んでくれる人間が対象生徒さんしかいなかったのは悲劇だったかもしれませんね。

副担任は解りませんが、学年主任は居たそうですね。
やはり最低3名くらいでは情報を共有しないといけませんね。

うちの娘も愚痴言いますよ。
ずっと聴いてあげている嫁さんは本当に偉いなと思います。
僕はついついその愚痴に口を挟んでしまうんですよね・・・
もちろん、娘の為を思って言っているんですけど・・・

ところでご自分の娘さんを変人とは言い過ぎでは?[E:coldsweats01]
まあ、実の親だから言えるのでしょうけど[E:catface]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年07月11日 20:06
>ゆんゆんさん

僕は『やられたらやり返せ』と言って育てたんですけどね[E:catface]
『それで先生に怒られたら俺が先生を怒ってやる』と[E:catface]

小学生くらいまでは男の子ならどつきあって、どれくらい殴られたら痛いかということを身体で覚えるべきだと思っている人間なので。
今の人間は、そういう経験無いから死ぬまでやってしまいますからね。

娘さんは言える子だったんですね。
でも、それでゆんゆんさんが逆に心配することも解ります。
大人になったら、正しいことを正しいと言っても通用しない相手が居ますし、そういう相手がいきなり武器を手に襲いかかってくるような世の中ですからね[E:gawk]

>男の子は寡黙なもので…様子がおかしいときは親ならわかるはず

いやあ、なかなか解らないですよ~
というか、解った段階ではもうかなり深刻になっていました・・・
もっと会話をするべきだったとは思ってはいますが・・・
でも、親に心配かけたくないからか、なかなか本当の想いを話してはくれないんですよね・・・[E:weep]

僕は腸カメラは二度と嫌ですね~[E:gawk]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年07月11日 20:17
ちゃんちゃんさん[E:paper]

親と言うより母親でしょうか、毎日接するのが母の方が多いですしね。

私は子供から学校の事を話すように毎日話を聞いてあげて…で最近学校はどんな感じ?でしたね。

ポロッと話します中学生でしたから。
息子は定時制を卒業しました、働きたくて定時制を選んだみたいですが任せました。
男の子も高校生になると中々分かりにくいかも(-.-)
今の子は加減を知らない…その通りでわりと残虐ですよね[E:sweat01]家庭での教えが大切になりますね。

若いうちは色々な経験をし、優しさや強さと人の痛みが分かる人間に育っていくので、その時は辛いけど負けずに生きて欲しいと思います。

ちゃんちゃんさんも胃カメラ!腸カメラ[E:camera]
私には無理です[E:shock]

私もやられたらやり返せタイプでした…[E:punch]
Posted by ゆんゆん at 2015年07月11日 22:18
>ゆんゆんさん

いやあ、母親のせいにはできないですからねえ・・・
子供のSOSに気付けないのは二人ともの責任ですよ。少なくともそう思わないと、母親の負担が大き過ぎますよね。
特に男の子は、父親が気付いてあげないといけないのでしょうね・・・

腸カメラは大変ですよ。
お腹の中身を完全に出すところから始めますから、胃カメラと違って完全に一日潰れます。
お尻に穴の空いたズボンを履かないといけませんし、かなり屈辱的ですからね[E:weep]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年07月11日 22:54
ちゃんちゃんさん[E:happy01]

子育ては私一人でしたみたいなもんです…元の主人は趣味に生きていたので。
その代わり口は出しませんでしたね[E:good]
子供が3人いたみたいなもんですわ[E:shine]

腸カメラ聞いただけで…プルプルですね。
娘は腎結石で6000発石にあてたので手術室から出てきた時はぐったりしてましたね(ToT)痛めどめが効きづらくて…石にあたると激痛だと言ってましたよ。
結石は出来やすい体質があるみたいです…皆様もお気をつけて。
Posted by ゆんゆん at 2015年07月12日 15:26
>ゆんゆんさん

子育て、僕もしらんぷりできたらどんなにか楽かとは思いますが、そういう訳にも行きませんからねえ[E:catface]

結石に超音波を当てるやつ、痛いんですね。痛く無いと思ってました。
男性は尿道が長い分、痛いとか聞きますし、経験したくないですね[E:catface]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年07月12日 17:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック