2015年08月26日

淡路島家族一泊旅行 2015夏 part3 : 淡路夢舞台 海洋堂劇場編

 今回の旅行で一番目新しく、なかなか面白かったのがこれでした[E:happy01]


 淡路夢舞台 海洋堂劇場 フィギュア×ジオラマの世界


 7回目の淡路島旅行で初めて訪れた淡路夢舞台。 今回は旅行決定から当日まで1週間程度でしたが、どこか目新しいところは無いかと探して見付けたのがこれでした[E:happy01]

 滋賀の長浜に海洋堂ミュージアムが有るのはマニアの間では有名ですが、まさか淡路島に出張していたとは[E:coldsweats01]

 淡路夢舞台の地下駐車場に車を停め、会場に向かいますが、建物が凄く複雑で迷路のようで(この建物についてはpart4で触れます)、やたらきょろきょろしながら向かいました。 まあ、それでも我々は順調に辿り着いた方でしょうか[E:gawk]

 入口券売機前の柱型には綾波レイのポスターが[E:happy01]

01kaiyodogekijyo

 写真に撮ると立体感が有ってフィギュアみたいに見えますが、あくまでポスターです。

 中に入るとショップを抜けたところにはその綾波レイの等身大フィギュアが有りました。

 入場時に入口の職員の方が、『写真撮影はしていただいて結構です。』と、聞いてもいないのに教えてくれました。 親切[E:happy01][E:note]

 ということで、バシバシ写真を撮影させていたできましたので、ピックアップして紹介させていただきます[E:happy01]

02ayanamirei

 なんかちょっとバランスが悪いような・・・
 顔が大きいかな・・・?

 エヴァシリーズではシャムシェルvs初号機のジオラマが有りました。

03testtypevsshamshell

 会場が大きく無いので、エヴァのこういったジオラマは数が少ないですが、長浜ではいま、エヴァの特別展みたいなのをやっているようです。
 これはなかなかに凄いです。 vsゼルエルとか、初号機がジェットアローンを停めるシーンのジオラマとかが有りますね[E:happy01]

 それ以外のジオラマではこんなのが有りました。

04jigendaisuke

 ルパン三世から次元大介。
 別の棚の写り込みが有りますがごめんなさい[E:gawk]

05kenshirovsshin

 北斗の拳からケンシロウvsシン(南斗獄屠拳)

 もちろん他にも色々有りました[E:happy01]

 それから動物シリーズ。

06kame

 カメですね。
 種類はパッとは解りませんが、色と甲羅後方のギザギザから、イシガメの一種でしょうか? キールの感じはクサガメっぽいですが、色が違います。

 パッと見、そのリアルさに一番感動したのがこれ[E:coldsweats02]

07kohika

 コウイカ。

 写真にするとそうでも無いですが、陳列ケースを覗いた瞬間、『おお!』という感じでした。 これには息子も全面同意[E:happy01] 嫁さんと娘はさほど感動せず、息子が『これは男のロマンや』と。 さすがは我が息子。 その通りじゃ[E:happy02][E:good]

 写真に撮ると凄いクオリティに見えたのはこれ。

08tarabagani

 タラバガニ。

 まるで水族館で撮影したみたい[E:coldsweats02]
 ミニチュアフィギュアだとは思えん[E:coldsweats02]

 てな感じで展示を1時間くらいは楽しめたでしょうか。

 入口の近くには少ないながらもガチャポンが有ったので少々やってしまいました[E:coldsweats01]

 その成果はこんな感じ。

09gachapon

 まず、子ガメ(ヤエヤマセマルハコガメ)の孵化の瞬間は一発必中でGet![E:happy02]

 しかし、エイリアンの成体を狙ったやつは、エイリアン第一形態、第一形態、第二形態と、外しまくって4回目にようやく成体Get[E:gawk] 1回400円もするのにこれだけで1600円も遣ってしまいました[E:weep] ちなみに成体はもう1種有り、5種の内2種が成体なのに、3連続で外すヒキの弱さ[E:weep]

 最後は、息子が何回かやっていたイモムシシリーズ。
 僕が当たったのはキイロアゲハの幼虫。
 これもかなりリアルで、ストラップの部分を外せばホンモノみたい。 柔らかくて形も変えられますし。
 息子はストラップとして使うと言ってましたが、ぶら下げる場所次第では、通学の電車内とかで女性客に悲鳴を挙げられそうです[E:coldsweats01]

 といった感じで、ここはかなり楽しめました。
 特に僕と息子は[E:catface]

 来春は、また休暇村近江八幡に行って、少し足を伸ばして、長浜の海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館に是非行こうと思いました[E:happy01]


 次回予告!

 淡路島家族一泊旅行 2015夏 part4(最終回) : 淡路夢舞台 迷宮編!!

 

posted by ちゃんちゃん at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは男のロマンですね。
いくつになっても、テンション高まる気持ちは変わりません。

海洋堂のいいところは、有名作品ばかり取り扱っているだけではなく、動植物、それもディフォルメすることのないクオリティの高いレベルのものを作っている点ですね。
 
これは、時間を忘れて楽しんでしまいますよ。
Posted by 回線問屋 at 2015年08月30日 15:57
男のロマンでしょ?[E:catface]

 小規模の展示でも1時間くらい楽しめましたから、長浜に行けばどれくらい時間がかかるのかな? と思ってしまいます[E:coldsweats01]

 本社が大阪なのに、なぜ博物館が滋賀、しかも長浜なのでしょうか?
 大阪ならいつでも行けるのになあ・・・[E:gawk]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年08月30日 21:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック