2015年09月16日

芸能人の政治的発言の是非と、暴徒と化す反対運動家達

 安保法案に対する芸能人の個人的発言が多くなっていることがニュースになっていました。


 安保関連法案:「芸能界のタブー」超え主張始めたタレント(毎日新聞)

 戦後の安全保障体制を根本から変える安保関連法案を巡り、著名なタレントたちが続々とテレビ番組やネット上で自分の立場を鮮明にしている。その大部分は「法案反対」だ。「芸能界で政治色はタブー」(専門家)とされてきたが、法案への国民の関心の高まりを受けて、タレントたちが沈黙を破って訴え始めている。

 「普段、人間として(政治のことを)考えていても放送で言おうと思ったことは一回もない。(政治は)プロに任せればええって言うけど、もう任せていたらあかんと」

 8月8日に放映された東海テレビ「樹木希林ドキュメンタリーの旅」。録画放送だったが、ゲスト出演した笑福亭鶴瓶さん(63)は「政府がああいう方向に行ってしまうというのは、止めないと絶対だめ」と発言。レギュラー出演するNHKの番組「鶴瓶の家族に乾杯」の名前も挙げ「(戦争になれば)そんな番組なくなる」と危機感を語り、視聴者に強い印象を与えた。

 フジテレビ系の情報バラエティー「ワイドナショー」では、高校生らの反対デモについて「ニュースに誘導されている」との見方を示したコメンテーターの「ダウンタウン」松本人志さん(52)に対して、SMAPの中居正広さん(43)が「若い子が声を上げるのはいいことだと思う。僕はうれしかった」と反論する一幕もあった。

 また、SHELLYさん(31)や渡辺謙さん(55)など、ツイッターで公然と安保関連法案を批判するタレントも少なくない。

 芸能評論家の肥留間正明氏は「ファンの支持政党はさまざまで、それに配慮し政治色を出さないのがタレントの道とされてきた。しかし今回は戦争に反対するという趣旨でスポンサー離れの心配もない上に、『平和だから芸能界で生きてこられたのだ』という思いもあり、発言せずにいられなかったのだろう」と見る。

 また、タレントもツイッターやフェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で生活の様子をつづり、自由に意見を述べるのが当たり前になったことで、「(思想的に)真っ白で可もなく不可もなく、というスタンスでは支持されないという損得勘定もあるのではないか」と分析する。【加藤隆寛】(引用終わり)

 影響力の強い芸能人にとって、政治的発言はタブーというのはまあ解るが、僕は別に芸能人が政治的発言をしてはいけないとは思わない。 ただし、それは熟考されたもので有るということが大前提で、我々のような一般人と比べて比較にならないくらい影響力の有る芸能人は細心の注意が必要だとは思う。 また、芸能界に居る人間は、基本的に左傾向の強い業界に居るわけで、そういうバイアスがかかっていることも認めた上での判断・注意が必要だと思う。

 その芸能界の中で、ダウンタウンの松本氏だけは、『このままでいいと思うなら「平和ぼけ」だ』と、なかなか強烈なコメントをしている。 ダウンタウンは好きでは無いが、ちょっと見直した[E:happy01]

 その他、上記ニュース(のリンく先画像)で紹介された芸能人の意見に対し、僕の意見を示しておく。

高田延彦氏へ

 安保法制が憲法違反だと言うなら、まずは先に自衛隊は憲法違反だと叫べ

SHELLYさんへ

 雨の中でデモをする連中がカッコイイ? 中身が伴って無いなら全く意味は無い。
 普通に仕事しているサラリーマンや、学生らしく、勉強やバイトや恋に時間を費やしている連中の方がよほど立派だよ[E:gawk]

長渕剛氏へ

 戦争が近づいているような気がする?
 それ、日本のせいか? 近隣諸国に言えよ[E:gawk]
 良い案が有るなら言ってみろ[E:gawk]

久保田利伸氏へ

 誰が殺すとか言った?
 それに、殺されない保障なんてどこにも無い。
 俺なら殺されるなら、その前に殺すよ。
 歌、好きだったけど、見損なったよ[E:gawk]

笑福亭鶴瓶氏へ

 『家族に乾杯』をしたいから、少しでも長く平和を保ちたいから進めてるのですが?

中居正広氏へ

 若い子が声を上げるのは悪いことでは無いが、それは中身が伴っていればの話では?

 とにかく、あなたがたは良くも悪くも影響力が大きいのだから、安易に扇動するような意見を言うのは確かによろしく無い。 みな、もう少しきちんと考える必要が有るのでは無いでしょうか?

 ところで、今日も反対派は暴徒化しているようです[E:gawk]

 以下、パンスト委員会のtwitterより。
 (今日はもう面倒なので、スクショのみ貼って、リンクは貼りません)

Giinsoshi

Sitin1

Sitin2

 完全に暴徒ですな[E:gawk] 
 まあ、さすがに今日は逮捕者出てますな[E:catface]

 こんな夜遅くでも、まだ国会前は大騒ぎみたいです。
 本当、迷惑な連中[E:gawk]
 奥田君、今日は『アベ、辞めろ』を連呼していますね。
 それ、昨日、国会で言えや[E:annoy][E:pout]

 

posted by ちゃんちゃん at 23:52| Comment(20) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんちゃんさん[E:cat]

おはようございます。
本日はどしゃ降りです、家計を預かる身として悲鳴をあげていますわ。

山形市長選、法案反対をうたった民主や共産その他の推薦を受けて立った方が落ちました、自公民推薦の方が当選しましたね。

新聞では余り大きく取り上げてなかったです。
産経新聞が「不都合な民意」見ないふり 希薄な現実感覚、安保法案反対のデモと似ている」と書いていました、なるほどなと不都合な事は市民には知らせたくないのだと。

徹底抗戦している野党…中にはこういう行動は恥ずかしいとする議員の声がありました。
群衆心理に乗っかる野党どうかしている。
〈安保法案は海外で戦争する法案〉なのだそうです、民主が主張する反対の理由です。

安保法案に反対する人達には、日本を取り囲む4国が視野に入ってないんですね。
デモをする人逹にはモラルもルールも無いって事、総理に対して呼び捨ては無いよね。

芸能人…公共の電波を使っての意見はやめて!影響が有りすぎますから。
反対なら反対でいいんですが[E:run]カメラの回ってない所でどうぞと言いたい。

松本さんがまともな人だといつもおちらけているのに。
中居さんガッカリです、若者が政治に関心を持つのはとても良いことですが、今回の様なデモの在り方については…大変宜しくありませんね。

反対者の多くは直ぐにでも戦争が始まると…駄目です×もっと深く考えてから行動に移すべきなんです。
深く考えての行動なら…見ていて吐き気はしません。
群衆心理は恐ろしいなと思いました。
Posted by ゆんゆん at 2015年09月17日 10:20
特別委員会で安保法案が可決されました。
民主党の実力行使には残念だと思いますね。

安保法案反対者の声だけ拾って賛成派の意見は拾って貰えなかった…マスコミは一体何なんでしょうか。
Posted by ゆんゆん at 2015年09月17日 16:48
ゆんゆんさん、こんばんは[E:happy01]

山形市長選、そんなことが有ったのですか。こちらでは全く報道されていないような気がします。
今に始まったことでは有りませんが、マスコミは客観的事実を正確に伝えて欲しいですし、伝えるべきですよね。
今、ニュースZEROでは賛成派の意見も取り上げていましたよ。

結局、安保は特別委で可決されましたね。早く確定して、うざったい反対派のモラルも法も無いデモを見ずに済む日が来て欲しいです。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年09月17日 23:23
野党女性議員のピンクの鉢巻きで「触らないで~ きゃ~ セクハラ~・・・」
あれだけ陣取っていれば普通にぶつかるでしょうに(-"-)

女性として(私、女性です^_^;)怒ってます。恥ずかしい!


自分は確認してないがマスコミは一歩的な報道はするなと言ってましたね。辻本清美さん。
あれ? 鉢巻き隊の中にいませんでした?


つるの剛士さんは前から賛成派の意見も聞いてみたい、と言ってバッシングされてましたね!
(反対派の意見ばかりだったので)

ダウンタウンの松本さんくらい?


芸能人が政治的発言をしてはいけないとは思わない、はそうなんですが・・・
やはり、影響力は大きいと思います。


赤川次郎、好きな小説家です・・でした!
雨の中演説した石田純一さん、(怒
Posted by an at 2015年09月18日 12:28
訂正です(+o+)

〇 一方的
✕ 一歩的

いつもごめんなさい!
他にあったらお許しを・・
Posted by an at 2015年09月18日 12:33
> anさん

 野党女性議員の件、いつも男女平等を叫んで来たはずなのに、こういう時だけ女を武器にするなんてズルいですよね[E:gawk]

 石田純一氏のこと、『クソカッコいい』なんてつぶやいていた人見かけましたが、クソカッコ悪いの間違いですよね[E:gawk]

 芸能人に限らず、有名な方々は、自分の声の重みを肝に銘じ、理解した上で言葉を発しないといけませんね。

 誤変換は僕も有りますから、あまりお気になさらずに・・・[E:catface]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年09月18日 20:28
ちゃんちゃんさん

今晩(^o^)は
今回の女性議員の浅ましい姿…同じ女性として恥ずかしいと♪

ジェントルマンらしい振る舞いもしてほしかった…民主党には1票も入れないでしょう。

山本太郎…モラルもルールもない人柄がよくででいました。

石田さん…やっぱり嫌いですね。
エッ×赤川次郎さん…母がよく小説を読んでいましたよ、何だかな〜(ノд<。)゜
Posted by ゆんゆん at 2015年09月18日 22:49
> ゆんゆんさん

おはようございます。

パンスト委員会や、志位るズのTwitterとかを見ていると、いかに多くの左翼芸能人や左翼著名人が居るか解りますね。
山本太郎に、『見直した』なんて言ってるアホな反対派も居ましたよ(呆)

彼らが持ち上げている人間は、大方左翼だと思っていて間違い無いでしょうね。
茂木健一郎氏とか、脳科学者のクセに、残念感が溢れてますよ。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年09月19日 07:43
ちゃんちゃんさん[E:cat]

こんにちは[E:paper]
民主党は何とか政権を取りたい…デモの心理を利用していますね。

其にしても左翼だらけで…左翼思考の人も見えてきて逆に良かったです。
気を付けられる♪

安倍さん、あれほど安保法案に対して説明をしても聞く耳持たず…安保法案に反対している全ての人が残念に思えます。

先日安保法案反対の方と話す機会がありまして、安保法案の何処に反対なのか聞いてみました。

戦争が起こるやろ、息子さんに赤紙くるよ…やっぱりね[E:shock]
それでも3国に対しては危ないやろねと…安保法案はその国に対して抑止力になるんですよ、もっとあるけれど戦争しないさせない為の法案なんですね…貴女は賛成なの…はい賛成です[E:happy01]
それならそれでエエわと[E:coldsweats01]理解をしてもらうには時間が掛かりますね[E:good]
Posted by ゆんゆん at 2015年09月19日 11:35
> ゆんゆんさん

こんにちは。

まあ、民主党が政権に返り咲く心配はほとんど無いでしょうね。
今回のことで、民主党がいかに低能で、手段を選ばない卑劣な人間の集まりなのかが明確になりましたし。
特にあの福山議員、顔を見るだけで反吐が出そうですわ(ー ー;)

今回のことで、左翼思考の人間が炙り出されたのは僕も良かったと思っています。

安保法案の賛否については、別に反対でも良いと思うんですよ。 『戦争法案』とかの言葉に踊らされたのでは無いので有れば。
事実、小さなイザコザのリスクは高まるはずです。 ただ、やられないとやり返せないという、無茶苦茶なリスクを自衛隊に負わせていたことを、少しでも軽減できたのは非常に良かったかと思います。
撃たれないと撃てないなんて、言葉に踊らされた反対派の方々は、自分達の平和の為に、自衛隊員にはだまってやられろと言うのですかね? 疑問です。 だいたい自衛隊が明らかな違憲ですし(ー ー;)
まあ、現実的には、この法案通過で、中国には楔を打ち込めたかとは思います。 長い目で見た時に、より長い平和のためにはベターな選択だと思います。
大戦のリスクは高まった可能性は有りますが、一方的に蹂躙されるリスクは大きく削減されたことと思います。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年09月19日 13:35
ちゃんちゃんさん[E:cat]

中国はよっぽど法案成立が嫌なんですね…どこの国もそうですが、周辺国に脅威を与えれば相手国は備えをしますよね?それの何処が悪いんでしょうかね。

4国が普通にしていれば、税金を使って延々と協議する必要は無いわけで。

安保法案反対もありましたが、自分の考えでの反対なら何も言うことは無いですよね?踊らされて群衆心理にハマってる人、マスコミを鵜呑みにしてる人逹はどうかなと思いますね。

自分の国だけが平和で安全ならいいと…世界から孤立したいならどうぞですけど。
孤立する前に脅威に晒されますが…[E:sweat01][E:sweat01]
Posted by ゆんゆん at 2015年09月19日 16:28
>ゆんゆんさん

>4国が普通にしていれば、税金を使って延々と協議する必要は無いわけで。

本当にその通り。
『アベ、辞めろ!』なんて大声で叫んでいる馬鹿どもは、先に周辺国に働きかけたら良いんですよ。日本だけが我慢・辛抱しても、彼等にとってはかっこうの的になるだけです。
まあ、あちらに乗り込んで行ったら、即効で捕まる上、運が悪ければ殺されてしまいますけどね[E:catface]

今夕は珍しくうちの嫁さんも安保関連のTVニュースを観ていました。
『こんなん観てたら、すぐにでも戦争になってしまうみたいに聴こえる』と。
僕が『5~10年くらいで戦争になりそうに聴こえるよな』というと、『いや、もっと早く起こってしまうように聴こえる』と[E:gawk]
(あまり家で、ここに書いているような話をするのは好きでは無さそうなので、あまり家では僕は政治の話題を話さないので、嫁さんはこういう感覚なのです)

ネットに繋がっておらず、TVや新聞でしか情報を得られない人間はこんな感じなのでしょうか。
デモに集まる中年以上の方々は、こういう人が多いのでは無いでしょうか?
『戦争法案』とか、『戦争反対』とか、『徴兵制』とか、アホなレッテル貼りを叫んだ連中の、なんと罪深いことか[E:impact][E:pout]

そんなに中国やロシアに蹂躙されたいんですかね?
まともな人は、誰だって平和を望んでいますよ。
でも残念なことに、人間は欲深い生き物なんです。長い歴史の中で、常に血で血を洗う歴史を繰り返して来たんですよ。今、日本だけがそこから脱出できるなんて考えるのは、とんだお花畑というものです。
今の平和を少しでも長く続ける為には、力の均衡を維持しないといけないのですよね。その為の法案でしょう。あと自衛隊が黙ってやられるリスクを少しでも減らす為の。

僕は家族や子孫の為に、今回の法案可決を支持します。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年09月19日 21:24
ちゃんちゃんさん[E:cat]
こんばんは[E:moon3]

反対している人逹は自分が安全な場所にいて、仮に海外に派遣されている自衛隊の安全は知らんぷり…それでも日本人かと言いたい。
先日TVで外国の兵士が銃を構えて警備をしていました、日本の自衛隊は道路を整備していました、銃は持っていても撃つことは許されない、そんな中で囲まれた時引き金を引いたら終わり…ここで死のうと思ったと、幸い村の人が助けてくれたと話していました。
そんなニュース流れなかったんですよ。

TVの影響はとても大きいですね…私でも気付くのですから4国は変だって、どんなに隠そうとしても隠せませんよね?情報は凄いですから。

お嫁さん…そうですよね、マスコミだけを見ていたら私でもそう思ったでしょう。
幸いにもちゃんちゃんさんのブログにお邪魔してから…視野が広くなりました♪
私も家族のためにも安保法案を支持します。
何を言われても揺るぎません!
多くの人が覚醒することを願っています。
Posted by ゆんゆん at 2015年09月19日 22:11
>ゆんゆんさん

こんばんは。

反対派の多くは、おそらく自衛隊の行動の制限なんて知らないのでは無いのでしょうか?

僕が毎日覗かせていただいている『農と島のありんくりん』さんでは、何度か解り易く解説をして下さり、ちょうど今日もそういう内容の記事を書かれています。

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-8e8f-1.html

こういうのを知って、なおあそこまでバカ騒ぎのデモを行うなら、人でなしと言いたいです。

>幸いにもちゃんちゃんさんのブログにお邪魔してから…視野が広くなりました♪

いや、それは黒猫さんのところでしょう。
僕は最初はそうでした。
今は前述のブログさん等で勉強させていただいています[E:happy01]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年09月19日 22:24
ちゃんちゃんさん、こんばんは。

私は反米なので、アメリカの要求通りに集団的自衛権、というのは反対なんですよ。
多分、アメリカは自国の都合で自衛隊を使おうとするでしょう。
もともと、本土から遠い日本を、あの国が本気で守るつもりがあるとは思えない。

この、国内にばかり目が向けられている中で、アメリカは中米の合弁会社に鉄道の発注をするようです。日本を蔑ろにして、周近平の顔を立てる…日本にはこれで武器輸出がおおっぴらにできるし、アメリカの傘の中に入っているなら米やオレンジも押し売りしてくるでしょう。

でも、アメリカのもとを離れようとすれば、日本にとどめを刺す長期的戦略を立ててくるでしょう、20世紀前半の歴史が繰り返される恐れがあります。
そもそも、中韓の反日を裏で煽っているのもアメリカだという説もありますしね。

ただ、では今どのようにするのがベストなのか。
それを、国会で質してほしかったですね。

戦争法案だから、憲法違反だから、赤紙が来ると怖いから、徴兵がいやだから、

そんな情けない理由でデモをし、せっかく国会で発言で霧機会に政治のど素人で目先のことしか考えない学生を出してきて…野党は本気で憂えているのだろうか。

政策として、今後の展望はどうなのか、本当に心配です。
まあ、何か考えてはいても公的な場所で宣明するわけにいかないでしょうけど。

アメリカがどんな国か、歴史を学んでいないのかな…なんで簡単に信頼するのかな…

憲法を、こんな錦の御旗みたいに大事にしてる意味って??

一次産業を急いで立て直して鎖国したいですね。
Posted by 笑顔 at 2015年09月19日 22:33
>笑顔さん

こんばんは。

アメリカが信用できないのはおっしゃる通りだと思いますが、現状の我が国の力では仕方ないと思います。
鎖国はまた極端ですが、スイスみたいにはなれませんし、一次産業を充実したところで、自国で防衛できる軍事力も必要ですし、第一人口が増え過ぎました。
何度か言って来てますが、僕は人間なんて地球にとっては害しか無いので、もっと減るべきだと思っています。 どのみち、今のまま人口が増え続けて行ったら、そう遠く無い将来、再び世界中を巻き込んだ血で血を洗う戦いが起きるのは防げはしないでしょう。 それより先に月をはじめとする宇宙空間への移住が可能にならない限り、いつかそういう日が来るだろうと思います。

国会…
野党第一党がアレですからね。 中身の有る議論は無理でしょうね。
まあ、次の選挙では民主党は議席を減らすでしょう。
共産が増やしそうで嫌ですが(ー ー;)
橋下さんが調子良ければ野党第一党になるかもしれませんが。

憲法…
そんなに大事ですかね?
所詮、連合軍の押し付けたものなのに(ー ー;)
まあ、憲法大好きな方々は、まずは自衛隊を武装解除しろですよ。 明らかな違憲なんですから(ー ー;) そしたら、自動的に集団的自衛権も消えて無くなりますしね。
まあ、一年もしない内に、日本国は消えて無くなるでしょうけど。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年09月19日 22:54
ちゃんちゃんさん[E:cat]

おはようございます。
今、日曜討論会を見ていますが、共産党の小池さんは丸っきり拒否をしているので、安保法案成立に関しては議論は出来ませんね。

社会民主党の吉川さん
安保法案=戦争法案だと、あなた逹が煽るから純粋な若者が影響されデモるのでしょう。

次世代の党の和田さんは、ご自分の考えがしっかりしてらして安保法案は必要だと言っていました。
キチンと代案も出して納得して自民党に賛成の手をあげた…話し合いをして納得した事が大きいですね。

共産も民主も話になりません、維新の会の議員さんは全面反対ではなくて安保法案の穴を埋めていく方向で考えている。

お互いが聞く耳を持つ…大切な事ですね。
Posted by ゆんゆん at 2015年09月20日 10:03
>ゆんゆんさん

こんにちは[E:happy01]

本当に、最初に『戦争法案』なんてレッテルを貼ったのはいったい誰なんでしょうね?
その行為は犯罪レベルの悪行ですよ[E:gawk]
いったいどれだけの人間がそれで誤解を受けて扇動されたか・・・

仕掛けた側は、してやったりでしょうが、その為に実に無駄な税金が多く遣われたと思います[E:gawk]

次世代の党は小さな党ですが、なかなか良い党ですよね。
だいたい、まともに話し合いのできない民主とか社民とか、全く話になりませんよ[E:gawk]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年09月20日 15:45
ちゃんちゃんさん[E:cat]

こんなニュースがありました。
『北朝鮮外務省報道官は19日、日本の安全保障関連法成立に関して談話を発表し、「徹頭徹尾、他国への侵略の道を開くために用意された悪法」と非難した。
 また「日本が戦争の放棄などを明示した憲法9条を完全に白紙化するのは時間の問題」と主張。「われわれは危険な侵略策動に対処して、戦争抑止力をさらに強化していく」と強調した。』
ペッ…戦争に向かってる国に言われたくないですね。中国や韓国も同じような内容で、似た者同士の国ですからね。

北朝鮮…核は廃棄して下さいよ、国外に向けてのミサイル実験もやめてから物を言えです。

朝日新聞取っていますがやっと契約終了です[E:happy01]
継続のお願いはお断りしましたよ2度と取りませんね。
産経一番まともに取り扱っていましたね。
勿論毎日は論外です。
お金払って見る価値はありません。

毎日、携帯ニュースを読んでいると…色々な事が見えてきます。
Posted by ゆんゆん at 2015年09月20日 20:06
>ゆんゆんさん

北朝鮮にそれを言われたら終わりですなあ(苦笑)

どれくらい自分を棚に上げたらそんなこと言えるんですかね?
まあまともな頭とは思えませんね(苦笑)

新聞、うちはいま読売です。
まあまあまともですよ。
朝日の販売員が来たら、嫁さんは『主人が朝日は取らないと言っています』と言ってくれているそうです。
僕が居る時に来たら、『慰安婦捏造の謝罪文掲載してからおいでや。 あと反日活動止めたら考えたるわ。』と言ってやるつもりです(笑)

TVは最近、毎日が酷いですね。
Posted by ちゃんちゃん at 2015年09月20日 20:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック