2015年11月28日

羽生結弦、独り異世界へ突入!! : フィギュアスケート グランプリシリーズ第6戦 NHK杯男女FS

 羽生選手がとんでもない演技を魅せました[E:coldsweats02]



 もうボーゼンという感じ[E:coldsweats02]

 300点超え圧勝の羽生「いまだに信じられない」(デイリースポーツ)

 「フィギュアスケート・GPシリーズ最終戦・NHK杯」(28日、長野ビッグハット)

 男子フリーが行われ、3位以内で12月のGPファイナル(バルセロナ)進出が決まるソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=が、216・07点をマーク。27日に行われたショートプログラム(SP)と合わせ、世界新記録となる合計322・40点で優勝し、ファイナル進出を決めた。

 以下は羽生の優勝インタビュー及び一問一答。

 -見事な滑り。

 「ありがとうございます。皆さんは直接…、僕も含め、僕らスケーターに直接手を加えて下さったり、何かをして下さったわけではないですけれども、本当に応援という大きな力をもらいました。本当にこのスコアは、そしてこの演技は、皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。そしてテレビを見ている皆さんも、本当にありがとうございます」

 -世界で初めての300点。

 「いまだに信じられてないです。スコアは本当にビックリしましたけれども、実際にここまで、スケートカナダからNHK杯まで、本当に血のにじむような…、本当につらい努力というか、練習をしてきましたので、まずその練習をさせて下さった僕の周りの方々、サポーターの皆さん、そしてカナダのクリケットのリンク、そして自分が生まれ育った仙台のリンク、すべてに感謝したいと思います」

 -この結果は想像していた?

 「いやあ、やってやるとは思ってましたけど…(笑)。ただ、自分自身、すごく今回、特にフリーは滑る前にものすごく緊張していて、本当だったらいつもブライアン(オーサーコーチ)と滑る前に話すことができるんですけど、話すことすらできなくて…。本当に緊張したんですけど、この、名古屋の、オリンピックがあったリンクということで…」

 -長野、ですね。

 「長野ですね。すいません。名古屋って言いましたね、私。興奮してます。本当に、長野の、オリンピックがあったリンクで滑ることによって、オリンピックのマークもありますし、自分自身プレッシャーかけて、絶対王者だぞという自信を、すごく言い聞かせながらやってました

 -オーサーコーチとはどんな話を?

 「ただただ、びっくりしたねっていう話をしました。終わった後に『いい子だったよ』と言われたんですけど、『まだいい子なの?』という話はしましたけど」

 -今後に向けて。

 「今回は今回で終わってしまったことなんで、とにかく、まずここまですごいハードな練習をしてきましたけれども、それでもケガをしないで、まずここまで来れた自分の体、ケアして下さった先生方に感謝しつつ、またこれ以上の演技ができるようにさらに練習を積んでいきたいと思っています」

 -素晴らしい演技をありがとうございました。

 「ありがとうございました。皆さん本当にありがとうございました。またこれからもお願いします!」

 【一問一答】

 -演技を終えて

 「本当に嬉しいです。正直、フリーでノーミスの演技をすることがなかったので。今はまだ興奮していて、なんと言っていいか分からない。応援が本当に力になった。日本中、世界中から力をもらっている感じがした」

 -驚異的なスコアが出た

 「本当にビックリした。ただ、スケートカナダからここまで本当にハードで、血が滲むような努力、練習をしてきた。ハードな練習でも怪我をしないでこれた自分の体や、支えてくれた人たちに感謝したい」

 -演技前の心境は

 「正直。すごく緊張していた。ただ、これまでの経験がすごく生きた。ソチ五輪の時は、演技が終わった瞬間に“金メダルがなくなった”と思って、自分が金メダルが欲しくて、重圧を感じてきたことに気づいた。今回は僕自身、300点という得点を取りたいという気持ちが少なからずあって、緊張している中で“点を取りたい”と考えているなと認めてあげることができた。うまく精神のコントロールができた」

 -今後に向けて

 「今後この3つの(世界新の)得点が自分の壁になると思うし、プレッシャーも掛かってくると思う。それに打ち勝つ精神力をつけたい。この得点を超えるために、日々努力していきたい」

 -今後さらに難しい4回転が必要になってくる?

 「僕自身まだ4回転ルッツは奇跡的に(練習で)1度下りたことがあるだけだし、ループもまだプログラムに組み込めるような精度じゃない。アクセルも数回チャレンジしたけど、回転も着氷もできていない。ただ、今大会で感じたのは、(4回転ルッツを決めた)金博洋選手の演技は、スケート界の将来を見ている気がする」(引用終わり)

 『やってやると思っていた』『絶対王者だぞ』どうやったらこんな強い言葉が出て来る気持ちが出て来るのだろうか?coldsweats02
 さらにはもう『この得点を超えるために』ですからねえ[E:coldsweats01]

 SPは4Sの着氷が僅かに乱れたシーンも有りましたが、FSはまったくマイナスを付ける要素の無い演技でした。 実際、GOEに0以下を付けたジャッジは一人もおらず、全員がプラスを付けていました。 それもほとんどがプラス2以上。  GOEの合計はなんとプラス23.08だから凄いcoldsweats02 ちょっとやり過ぎだろ? と思わなくは無いですが、それだけの価値の有る演技でしたcoldsweats01  基礎点は95.79。 基礎点だけならボーヤン選手が羽生選手を超える可能性は有りますが、TES合計の118.87はしばらくは羽生選手以外に更新されることは無いだろうと思うほどの得点でした。  あえていちゃもんを付けるとすれば、PCSがもう限界値に達しつつ有る。 10点がなんと13個も付いているgawk

 それでも僕も210点出るだろうとは思ったのは事実。  羽生選手はたった独りで異世界に突入したように感じたcoldsweats01

 羽生さらなる高みへ、322点のプレッシャーに「打ち勝つ」=フィギュアNHK杯(スポーツナビ)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦となるNHK杯は28日、長野で男子フリースケーティング(FS)が行われ、羽生結弦(ANA)がフリー216.07点、合計322.40点で優勝した。羽生は前日のショートプログラムに続いて、世界最高得点をマーク。合計で前人未踏の300点超えを果たし、12月のGPファイナル(スペイン・バルセロナ)進出を決めた。

 羽生は、冒頭の4回転サルコウ、続く4回転トウループを軽々と決めると、後半に配した4回転トウループからの連続ジャンプも鮮やかに下りる。和風の音楽「SEIMEI」に合わせ、時よりにらみつけるような表情で迫力ある演技を披露。最後の決めポーズでは満面の笑み。右手で大きく拳を振り下ろし喜びを爆発させた。

 以下は演技後の羽生のコメント。

「本当にうれしいです。本当に練習が納得いくようにできたのも、体のメンテナンスをしてくれた先生方をはじめ、リンクがあり、先生方がいるから練習できたと思うので、周りの方々に感謝を述べたいと思います。(点数は)本当にびっくりしましたし、僕自身、何か試合に入る前に300点取りたいとか、フリーで200点超えたいとか、そういう気持ちも少なからずありました。それにちゃんと気づくことができ、それによって自分がプレッシャーを感じていることに気づくことができたのも、本当に今までのたくさんの経験があったからこそだと思うので、本当に今までやってきたことが無駄じゃなかったんだなと思います。

(さらに挑戦することとは)技術的なことで言うと、4回転ループを試合で組み込めるまでには至っていません。まずはそこを練習していきたいと思っています。それはすぐにはできないと思いますけど、ただこの内容、これ以上の内容をもっとコンスタントに、たぶん次の試合からは自分の322点という得点、(SPの)106点という得点、(FSの)216点という得点が自分自身にかなりのプレッシャーとしてかかってくると思うので、それに打ち勝つ、それをコントロールする精神力をつけなければいけないなと今は考えています。(今後は)とにかく頑張るのみです。頑張れるのは皆さんのおかげだと、今回本当に思いました。

(壁を越えた先に見えたのはまた壁だったと話していた。今どんなものが見ているか?)実際にフリーをやり終えたあと、正直うれしくて、なかなか国際試合でフリーをノーミスでやり切れていなくて、本当にうれしかったです。ただ言ってみれば、後半の4回転トウループはもっときれいに跳べると思います。でもそれがすぐにできるとは思いませんし、先ほども言ったように今後は自分の得点に対するプレッシャーが必ずかかってきます。それは壁だと思いますし、それを越えるために日々努力していきたいと思います。(後半の4回転は課題だと思うが、どこに気をつけた?)う~ん、それはあんまり言いたくないな(笑)。

(緊張していたのは、点数を出してやると気合いが入りすぎた?)自分でも緊張していた理由がよく分かっていません。五輪のフリーのときに同じようなことを言ったと思うんですけど、気づいたら金メダルを狙っていた、終わった瞬間に金メダルはなくなったと思ったと同時に、自分は金メダルを意識して緊張していたんだというふうに思ったんですけど、それが今回のNHK杯ですごく生きて、自分がこの会場に来る前から200点超えしたいと思っているのと、300点超えしたいと思っているのと、ノーミスしたいと思っているのと、すべてがやりたいこと、プレッシャーとしてふりかかるようなことを考えていることをちゃんと自分で認めてあげられたんですね。緊張しているからこうしようというのを今回はある程度分かってできたので、なんか実感がないというのは正直ありますけど、少しでもコントロールできた精神状態でフリーはできたのかなと思います。

(スケートカナダとは別人だった。トリガーとなったのは?)スケートカナダは悔しかったですし、一皮むけた羽生結弦になれるようにということを言ったと思うんですけど、一皮むけたのかは皆さんの価値観次第なので、自分の中では後半の4回転まできれいに決めることができた。まぁ、そこまできれいではないですけど、今回のステップとして手をつかないで後ろに3回転をつけられたというのは自分の中で達成感はありますし、またその悔しさをバネに一生懸命練習して、その環境を作ってくれた周囲の方に感謝の気持ちでいっぱいです。(フィジカル面でアップしたように思えたが?)たぶんそれは自分が最後までノーミスでできたといううれしさ、やはり地元での開催ということで、皆さんが本当に大きな声援を送ってくれましたし、会場内に五輪のマークがあるので次の五輪で連覇するためには、もっと成長しなければいけない、もっと強いところを見せないといけないという気持ちはあったので、本当に環境に助けていただけたかなと思っています」(引用終わり)

 4Loをプログラムに入れられるようになったら凄いですね[E:coldsweats01]
 でも、一度の大会で合計5度もの4回転を跳んで、かつその全てで加点を獲得した選手なんて他に居るのだろうか?

 今日は正直、全部羽生選手に持っていかれた感じ[E:coldsweats01]
 無良選手も表彰台に上がりましたし、村上選手も宇野選手とともにファイナル進出が決まったんですけどね[E:coldsweats01]

 これで男子は羽生、宇野、村上の3選手がファイナル進出となりました[E:happy01]
 ワールドの枠が二つしか無いのが本当に恨めしいです[E:gawk]

 さて、女子は宮原選手がGPシリーズ初優勝を遂げました。
 序盤のジャンプは少し低めで心配したのですが、途中からグングン良くなって行きました。
 初優勝&ファイナル進出、おめでとうございます!![E:happy01]

 真央ちゃんは少し迷いを生じているのでしょうか?
 羽生選手のような自信満々の真央ちゃんもらしく無いですが、やっぱりジャンプが決まってガッツポーズの出る真央ちゃんを観たいです[E:catface]
 ファイナルと全日本でそういう真央ちゃんが観たいなあ・・・[E:catface]

 あ、でも、真央ちゃんも一つだけ良い結果が有りますね。
 ルッツにeが付かず、!止まりでした!![E:happy02]
 SPでは3F+3Loが認定され、FSではルッツが!止まりに![E:happy02]
 今回はこの二つが収穫だったと、そう前向きに捉えて欲しいです[E:happy01]
 今季はワールドで完璧にできれば良いんですよ[E:catface]
 焦らず、じっくり行って下さい!!

 だいじょうぶ、次は、きっと、できる[E:sign03][E:happy02]

posted by ちゃんちゃん at 22:44| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんちゃんさん[E:cat]
こんばんは[E:night]

もう羽生選手には驚かされました[E:shock]何処まで行くんだろうと。
どっちもノーミスで素晴らしかった…誰にも何も言わせないそんな演技が出来て暫く呆けていたわたしでした[E:sweat01]

田中くん…成長しましたね驚きでした、無良くもメダルとれて良かったです[E:happy02]

真央ちゃんは調子が良くなかったのかな?もう何も考えないでジャンプをバンバン跳んじゃえ…負けてるきっと気持ちに、やってやるぜだよ真央ちゃん[E:happy01]

宮原選手も素晴らしかったですね[E:wink]木原選手もよく頑張りましたね[E:happy01]
Posted by ゆんゆん at 2015年11月28日 23:09
ゆんゆんさん、こんばんは[E:happy01]

本当に凄かったですよね。
あれほど全てのジャンプをクリーンにできるなんて、難度を下げてもなかなかできるものでは無いですよね[E:catface]

真央ちゃん、結果は残念でしたが、良く確認したら、ルッツが!で済んでました[E:happy01]
本記事に追記しましたが、今大会はSPで3F+3Loが認定され、FSで3Lzが!で済んだことを前向きに捉えて、少しずつ精度を上げていって欲しいです[E:catface]

田中選手、良くなりましたよね。
全日本では上位に食い込むかもですね[E:happy01]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年11月28日 23:37
リアルタイムで見られなかったのが残念です。

音楽がかかる前からインタビューまで、彼の世界でしたね。
演技終了直後のガッツポーズと「疲れたー」という所作が萌えます。
男も惚れるってなかなか無いですよ。
あの場に居た人達は幸せだったでしょう。

ファイナル、ワールド、そして五輪へ、更に羽ばたいて欲しいです。
Posted by プー at 2015年11月29日 23:47
> プーさん

 そうでしたか。
 あれはあやはりリアルタイムで観たいですもんね~
 でも、結果さえ知らずに観れば、ラグビーの南アフリカ戦なみの感動を味わえるような気もしますが[E:catface]

 本当に、あの場に居た人の感動は凄かっただろうと思います。
 僕的にはナリタブライアンの三冠達成の菊花賞くらいでしょうか?[E:coldsweats01]
Posted by ちゃんちゃん at 2015年11月30日 07:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック