2016年02月17日

バウアー論争? そもそもイナバウアーでは無いのに(苦笑)

 大関・琴奨菊が日本人力士として10年ぶりの優勝を決めたのはめでたい話では有るが、”バウアー論争”については生暖かい目で見ていたりする[E:catface]


 琴奨菊、バウアー論争を”ムチャぶり”終結!(スポーツ報知)


 「琴バウアー」で決まり! 大相撲初場所で初優勝した大関・琴奨菊(32)=佐渡ケ嶽=が16日、都内の日本記者クラブで、力士としては5人目となる会見を行った。会見の最後には、代名詞の大きく背中をそらすポーズの命名を指名した女性記者に委ねて、「琴バウアー」に決定。春場所(3月13日初日・エディオンアリーナ大阪)で綱とりに成功すれば、「不知火型」で土俵入りすることを明かすなど、周囲の疑問に一気に回答を出した。


 「琴・菊」論争は“ムチャぶり”で決着した。45分に及んだ会見の最後。琴奨菊は、お決まりのポーズを披露した後に思い切った行動に出た。「決着させましょう。あの女性の方に聞いて決めましょう」と外国通信社の女性記者を指さした。突然のご指名に戸惑いながらも、記者は「コ、コトバウアーで」と返答。話題のパフォーマンスの呼び名はめでたく「琴バウアー」に決定した。

 初場所の快進撃で最後の塩まき前に両手を広げて背中を反らせる姿は、フィギュアスケートのイナバウアーになぞらえて日本中に認知された。ところが、メディアによって「琴バウアー」なのか、「菊バウアー」なのかバラバラ…。この日の会見中も“正解”を質問されたが、「自分でも分かりません。アンケートをとって多い方で」と、お茶を濁していたが、最後は自分でモヤモヤを振り払った。

 補足も忘れなかった。「先代の親方(元横綱・琴桜)がよく言っていましたけども、琴は『いまに王になる』という字だそうです」。たしかに文字を見ると、上部に王が2つ。相撲界の豆知識も繰り出し、晴れやかな表情で引き揚げた。

 自慢のルーチンだけでなく、相撲界の「王」といえる横綱への期待も当然、膨らんだ。春場所後の綱とりが成就した際には土俵入りが必要になる。同じ福岡・柳川出身の横綱に由来する「雲竜型」か、先代・佐渡ケ嶽親方と同じ「不知火型」か。「私を見つけてくれたのは先代(の不知火型)なのかな。(横綱に)なれるように頑張ります」と初めて自らの口から継承の意思を表明。この日は一気に疑問を2つ解決させて、綱とりへの道をならした。(網野 大一郎)(引用終り)

 この”琴バウアー”という言葉を初めて聴いた時から思っていたけど、別にイナバウアーは上体を反らす技では無い。
 両足爪先を外側に向け、足を前後にも開き、前に出した足はエッジをアウトサイドエッジで、後ろに引いた足をインサイドエッジで滑走する技のこと。 日本人には荒川静香さんのイナバウアーがあまりにも有名なので仕方無いかもしれないが、荒川静香さんのは上体を後ろに反らしたイナバウアーはその種類の一つでレイバック・イナバウアー。

 琴奨菊のはあえてフィギュア技に模するならむしろ宇野昌麿君の得意なクリムキン・イーグルに近いのでは無いかと思う。 ただしイーグルも両爪先を180度外側に向けて滑走する技。 琴奨菊のそれはおそらく爪先が90度前後では無いかと想像されるので、イーグルでも無い[E:coldsweats01]

 誰かフィギュア選手、『違うよ』と言ってあげないのかなあ?
 ネット上では一般人が結構僕みたいなことを書いている人も居るみたいですが・・・

 

posted by ちゃんちゃん at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック