2016年03月15日

小塚君、お疲れ様でした。 今後の人生に幸多きことをお祈りしています。

 小塚選手が引退する。




 フィギュア小塚崇彦が現役引退 今後はトヨタ社員に 4月17日にファンへあいさつ(デイリースポーツ)

 日本スケート連盟は15日、フィギュアスケート男子で、10年バンクーバー五輪代表の小塚崇彦(27)=トヨタ自動車=が現役を引退することを発表した。所属のトヨタ自動車から、同連盟の橋本聖子会長宛てに、3月31日をもって現役を引退するという届け出があった。引退後は社業に専念するという

 小塚のコメントは次のとおり。

 「今シーズンをもちまして現役引退を決意しました。5歳からはじめたスケートを今まで楽しく続けてこられたのは、スケート連盟をはじめとするスケート関係者の皆様、所属先として支えていただいた梅村学園およびトヨタ自動車の皆様、そしてファンの皆様など多くの方々のおかげだと感謝しています」

 「現役生活の中でたくさんの思い出を作ることができました。1つ1つの試合に思い出がありますが、特にバンクーバー五輪への出場、全日本選手権での優勝、世界選手権での2位。2013年の全日本選手権でソチオリンピック出場が叶わなかったこと。そして2014年の全日本選手権では、怪我の影響もありグランプリシリーズでも思うような結果が出ない中、やっと納得できる演技ができ、思わずガッツポーズをしたことなど、貴重な経験をすることができました」

 「今後につきましては、氷上を去ることになりますが、これまでの経験を活かし、トヨタ自動車の従業員として新たな人生を歩むことに致しました

 「人生の大きな節目となる大きな決断になりましたが、トヨタ自動車とスケート関係者の皆様のご厚意により、4月17日のスターズオンアイス最終公演にて、皆様にご挨拶する機会をいただきました。引き続き、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。小塚崇彦」

 小塚は10年バンクーバー五輪代表。同年全日本選手権で初優勝を飾ると、11年世界選手権では銀メダルを獲得した。近年は怪我などに苦しみ、昨年の全日本では5位に終わり、世界選手権代表入りを逃した。2月20日にフジテレビの大島由加里アナウンサーと結婚したばかりだった。

 小塚の祖父光彦さんは旧満州のフィギュアスケート王者で、父嗣彦さんは68年グルノーブル五輪代表。「フィギュア界のサラブレッド」とも呼ばれた。(引用終わり)

 2014年の全日本のガッツポーズは記憶に新しい。 あの時は本当に感動したものだ[E:happy01]
 その時の記事はコチラ

 小塚選手は先日結婚も発表したが、幸せな家庭を築いて欲しいし、今後の人生が素晴らしいものになることをお祈りしたい[E:happy01]

 ただ今回のニュースで小塚君ほどの選手でもフィギュアの世界で食べて行けないということならそれはそれで問題だなと感じた。
 もしかしたら小塚君本人がフィギュアの世界を含めた多くの選択肢の中からあえて将来の道を選んだのかもしれないが、もしフィギュアの世界で食べていけないと考えた結果だとしたら辛い。 いや、きっと前者だと思いたいが・・・

 小塚君、心からありがとうございましたと伝えたい。
 残りの長い人生が素晴らしいものになりますように・・・

posted by ちゃんちゃん at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんちゃんさん[E:cat]
おはようございます♪

小塚くん引退ですね[E:weep]
ずっと応援してきた選手から引退の言葉を聞くと…寂しすぎて。
小塚くんはプロには行かないんですね[E:crying]
決して華やかさは無かったけれど、背筋のピンと伸びた姿勢からの人けりが美しかったな♪

大ちゃんと織田くんと小塚くんの闘いにドキドキした時間が幸せだった♪

結婚されて堅実な道を選んだのは小塚くんらしいなと思います。
どうぞお幸せに。
Posted by ゆんゆん at 2016年03月16日 11:03
ゆんゆんさん、こんばんは[E:dog]

小塚君の引退で一つの時代の終焉という感じですね[E:weep]

髙橋、織田、小塚の三選手が礎を築いた男子フィギュア(もちろん本田選手とか他にも沢山居ますが)も、羽生君を筆頭に若者が立派に跡を引き継いでくれるでしょう。宇野君以降に少し不安は有りますが、まだ時間が有りますし。

幸せになって欲しいですね[E:happy01]
Posted by ちゃんちゃん at 2016年03月16日 21:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック