2016年08月15日

錦織圭がナダルを倒して銅メダルに輝く!! : 修造チャレンジの兄弟子TBS石井アナと師松岡修造は放送事故?(笑)

 錦織圭がビッグ4ナダルを倒し、堂々の銅メダルに輝く!![E:happy02]

 錦織選手、銅メダル獲得、おめでとう!![E:happy02][E:good]



 今朝は走りたかったので、残念ながら深夜の3位決定戦は観ませんでした。
 今朝起きてから錦織選手の銅メダル獲得を確認しましたが、素晴らしいですね[E:happy01]
 朝ランから帰宅してからニュースを観ましたが、錦織選手は第2セットを5-2から逆転されて落としたとか。 普通ならこれで終わってしまいそうなものですが、第3セットも自分のテニスで勝ち切りました。 素晴らしいです[E:happy01]

 朝ランから帰宅したら、嫁さんから『(あさチャン!の中で)石井アナが号泣してて周りがドン引きだったみたいやったわ』という話を聞いたので、ニュースになってないか捜しました[E:coldsweats01]

 錦織圭の銅メダルにTBS石井大裕アナが感極まって涙「歴史を塗り替えた」(ライブドアニュース)

15日放送の「あさチャン!」(TBS系)で、石井大裕アナウンサーが、錦織圭の銅メダル獲得に涙する一幕があった。

番組では、14日に行われたリオ五輪のテニス男子シングル3位決定戦で、錦織が北京五輪金メダリストのラファエル・ナダル(スペイン)に勝ち、銅メダルに輝いたことを伝えた。日本選手が五輪テニスでメダルを獲得するのは96年ぶりとなる。

中盤、現地でリオ五輪の取材をする石井アナと中継が結ばれた。石井アナはテニスプレーヤーとして活動した経歴を持ち、錦織とは松岡修造の下で特訓を受けてきた間柄だという。

歴史的な快挙となった今回の試合を、石井アナは全力で応援したそう。ヘトヘトの様子で椅子に座り「全部を出し切って応援することができました。本当に錦織選手おめでとうございます。なんでみなさん(スタジオの出演陣)が立って話せるのか分からない。本当によかった」と、中継の最初から涙目で声を震わせた。

日本代表として出場した錦織について、石井アナは「錦織圭選手とは小さいころから松岡修造さんに習い、日の丸を背負う重みを学んだ」と説明。準々決勝でガエル・モンフィス(フランス)とフルセットの末に勝利した瞬間を振り返り「タイブレークでもうダメだと僕自身が思った部分があった。でも(錦織選手は)諦めなかった」と、さらに目を潤ませながら話す。

錦織は準決勝でアンディ・マリー(イギリス)に破れ、通常のテニスのツアーにはない3位決定戦に挑んだ。石井アナは「かなり苦しんだと思う。でも自分のプレーをして、日本のみなさんに勇気を届けたい、感動を届けたい、そういう思いを持って全てを出し切ってくれたと思います」とその胸中も推し量っていた。

そして、涙が止まらない石井アナは「96年ぶりのメダル。日本の歴史を塗り替えてくれました!」と語ると、改めて、ひとりで拍手。いまだ興奮が収まらない石井アナの様子に、スタジオの出演者たちは「感極まってましたね」「最後は自分の話になっちゃいましたね」と困惑したような表情を浮かべたのだった(引用終わり)

 きっと泣いているだろうなとは思っていましたし、周囲はいつも通りドン引きだろうなと思っていましたが予想通りでした[E:coldsweats01]

 二人の師で有る松岡修造氏もなんか面白いことしていないかな?と調べたら、今朝では無いが放送事故(?)を起こしていた[E:coldsweats01]

 放送事故!?早朝でも熱い松岡修造氏、錦織が気になってパニック(スポニチアネックス)

 テレビ朝日のリオデジャネイロ五輪中継でメーンキャスターを務めるスポーツキャスターの松岡修造氏(48)が、“錦織ラブ”が高じて驚きの行動を取り、話題となっている。

 松岡氏はこの日未明の同局の五輪中継に現地スタジオから出演。愛弟子の男子テニス・錦織圭(26=日清食品)がシングルス3回戦に登場すると「メダルへ向けて大事な試合!」と熱くエールを送った。

 アンドレイ・マルティン(26=スロバキア)と対戦した錦織は6―2で第1セットを先取すると、第2セットも5―2とリード。第8ゲームは40―40から錦織がアドバンテージを奪ってマッチポイントとなったが、ここでまさかの中継終了。突然、松岡氏らのスタジオに映像が切り替わってしまった。

 勝利目前での出来事にツイッターでも「最後まで見せて」「いいとこなのに」と悲鳴が挙がったが、それ以上に混乱したのが松岡氏。あ然とした表情で、同局の吉野真治アナウンサー(38)の「試合の途中なんですが残念ながら終了の時間が近づいてきました」のお知らせを聞くと、競技場前の映像が映し出されたモニターを振り返って凝視。「申し訳ないですね」と視聴者に謝罪しつつも、完全に背中を向けて「今、マッチポイント、マッチポイント」と錦織の試合が気になって仕方がない様子。それでも吉野アナに「(結果を)どこで伝える?」と確認する視聴者への気遣いも見せた。

 最後は「ピリッとい圭!」と書かれたフリップを手にエールを送ると、今五輪の応援テーマ「とどけ勇気!」を叫んでポーズ。いても立ってもいられない様子でついには立ち上がり、視聴者は松岡氏のお尻を見ながら番組終了。ハイテンションな松岡氏の行動は「パニクる修造さんにめっちゃ笑った」「放送事故レベル」とネット上でも話題となった。

 錦織の試合は前日に予定されていたが雨で延期。試合中継については、吉野アナがあらかじめ「放送時間が許す限りお伝えしていきます」と告知していた。

 試合はNHK―BSでも中継された。なお、テレビ朝日は五輪中継の後の午前4時からは時代劇「暴れん坊将軍」を再放送した。(引用終わり)

 こういう二人には職業人として考えるとどうかと、正直賛否は有ると思うが僕は好ましく思う[E:catface]
 相変わらずの修造イズムを見せた二人、今度はグランドスラム制覇での放送事故を観たい[E:happy01]

 銅メダルの興奮冷めやらぬ中、次戦に向けてすぐに移動するという錦織選手、過密日程が心配では有るが、全米オープンでの活躍を期待したい[E:happy01]

 女子マラソン3選手も暑い中頑張りましたね。
 早目に勝負の目は消えてしまいましたが、力を抜くこと無く最後まで走り抜かれたのでは無いかと思います。 ゴール後の福士選手のインタビューでのやり切った感を感じさせる笑顔が印象的でした[E:happy01]
 スタート時に着用されていた帽子とサングラスがゴール時には無かったので気になったのですが、ゴール少し前で応援していたMBSの山中アナウンサーに投げ渡していたのですね[E:coldsweats01] 同時に投げられた山中アナは帽子もサングラスも落とすこと無くキャッチ、TBS系アナウンサー大活躍ですね[E:happy01]
 ところで福士選手は知っていたのでしょうか? 山中アナがサブスリーランナーだということを[E:catface]

posted by ちゃんちゃん at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル・部活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック