2016年08月17日

これって本当に美談にしても良いのだろうか? : リオ五輪陸上女子5000m予選転倒者への特例措置について

 美談といえば美談だが逆に公平性に欠けるような気がする。




 転倒が呼んだドラマ、励まし合った2選手が決勝進出へ 女子5000m(AFP=時事)

【AFP=時事】16日に行われたリオデジャネイロ五輪の陸上女子5000メートル予選で、レース中に転倒するアクシデントに襲われながらも、助け合ってゴールした2人の選手が決勝進出を認められた。同日、大会主催者が発表した

 スポーツ選手らしい振る舞いで称賛を集めたのは、女子5000メートルに出場したニッキ・ハンブリン(Nikki Hamblin、ニュージーランド)とアビー・ダゴスティーノ(Abbey D'Agostino、米国)の2人。ドラマが起こったのは、ゴールまで残り2000メートルほどの地点だった。

 ダゴスティーノの足がハンブリンの足と接触すると、2人はもつれあうようにして転倒。メダル獲得の夢がついえたと思ったハンブリンは、がっくりとトラックに倒れ込んでいたが、その彼女に立ち上がるよう優しく声をかけ、完走を促したのがダゴスティーノだった。

 ハンブリンは、「転んでしまって、『何が起こったの?なんで私は倒れてるの?』と思っていたら、あの手が肩に乗せられて、『ほら、立ち上がって。ゴールしなきゃ』っていう感じでした。だから私も『確かにその通り。五輪なんだし、最後まで走らなきゃ』って思ったんです」と話した。

「アビーの行動にはすごく感謝しています。彼女は五輪の精神の表れ。会うのはこれが初めてだけど、彼女みたいな人に会ったのもこれが初めてです。本当にすごくなかったですか?とても素敵な女性だと思います」

 ダゴスティーノは接触で足首を痛めていたが、ハンブリンはあえて彼女を待つようにして走り、励ましながら2人は完走を果たした。

 ハンブリンは、「私を立たせてくれたときの、1パーセントでもお返しができたらと思ったんです。彼女がゴールできたときのうれしさは、言葉では言い表せません。自分がゴールして振り返ったらまだ走っていて、思わず『すごい』って言っちゃいました」と話している。

「あのときのことは一生忘れません。20年後、誰かにリオ五輪の思い出を聞かれたら、これが私の物語になります」

 当初はどちらも予選敗退に終わったかに思われた2人だが、大会主催者は後に19日の決勝進出を認める判断を下した。両選手は、こちらも接触の影響を受けたジェニファー・ウェンス(Jennifer Wenth、オーストリア)とともに勝ち上がりを決めた。【翻訳編集】 AFPBB News(引用終り)

 二人のレースの話は実に美しい話だと思うが、二人を決勝進出させたことで美談で無くなるような気がする。
 トラックの1500m~5000mは時に格闘技に例えられることも有るほど、衝突や転倒といったアクシデントは多い。 つまりそれも含めての競技ということだ。
 かわいそうだが衝突も転倒も最終的にはそういった位置取りをしてしまった選手本人に帰すると言える。
 今五輪の最終聖火ランナーを務められたアテネ五輪男子マラソン銅メダリストのバンデルレイ・デ・リマ氏のように、全く関係無い第三者に襲われる形で失速したのならばともかく(先頭を走りながらアクシデント後に失速して結果3位でゴールされた)、今回は選手同士の接触によるものだった。 前例ができたことで、今後こういう美談が有る度に『決勝進出させてやれ!』という声が上がるかもしれないというリスクも有る。(ちなみに先日の女子マラソンでは最後のあたりでやたら乱入者がコース内に入り、警備員に排除されるシーンが目立った。 男子マラソンでは選手に危険が及ばないことを祈りたい。)

 今回の措置は果たして本当に適切で有ったのか?
 僕は非常に疑問に感じる。

 

posted by ちゃんちゃん at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
意図的でない妨害が生じたと判断された場合、妨害された競技者は次のラウンドに進めるとルールで決められています。特例でも何でもありません。
Posted by えーと、 at 2016年08月20日 17:13
えーと、さん、はじめまして。
御教授ありがとうございます[E:happy01]

僕も自分で調べてみました。
おっしゃる通り、そういったルールが有るのですね[E:coldsweats02]
改めて読んだらニュース記事にも『特例』とは書いていませんね。
勉強になりました。
ありがとうございました。

この記事は自分への戒めの為にも削除せずに置いておきます。
Posted by ちゃんちゃん at 2016年08月20日 20:41
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック