2016年10月01日

今季初戦大阪30k改め大阪24kは予定通り1周12kmでDNF

 今季初戦の大阪30kは距離が24kmに短縮され、1周が短くなってしまいましたが、僕は予定通り1周の12kmでリタイアしました[E:think]



 今朝はなかなか雨が止まず、なかなか自宅を出にくかったため、結局自宅を出たのはスタート1時間前を切っていました。 会場に着いたのはスタート約40分前、こんなギリギリに会場に着いたのは初めてのことでした。
 会場に向かう途中、なぜか11kmと書いた札の立っているところが折り返しみたいな形になっていたのでおかしいなと思い、会場に着いてからスタッフさんに聞いてみたところ、十三大橋の下のアスファルト通路が水没しているため、1周を12kmに短縮し、30kmを24kmに短縮するとのことでした。 僕が自転車で通った時にはもう通れるようになっていたんですけどね[E:gawk]
 だいたいこの時期は平均して潮位が高く、満潮時には十三大橋下が水没することはままあることで、僕が通ったスタート50分前には潮が引いているところで、すでに水没はしていなかったんですが、主催者のリサーチが不足しているような気がします[E:gawk] ただ、十三バイパス付近のアスファルト通路は水はけが悪いため、かなり走路は狭まっていました。 とはいえ、あれくらいで距離を短縮するようでは雨が降ったらすぐダメになってしまいますね[E:gawk]

 24kmなら頑張ってみるのも有りかとも思いましたが、補給や装備等、その準備を何もしていませんでしたので、やや物足りないとは思いましたが、1周の12kmで予定通りリタイアすることに決めてスタートラインにつきました[E:catface]

 スタート地点にスタート10分前くらいにスタンバイしたのですが、なぜかスタートする雰囲気が有りません。 遠くからスタート時間を遅らせている旨のアナウンスが聞こえたような気がしましたが、詳細は全く聞こえませんでした。 結局、スタート時間は30分遅らされていました。 ちょっとこれもアナウンスが悪いですね。 主催者はもっと遅らせたことを伝えて回らないといけません。 9時のつもりでスタンバイしているこちらとしては、トイレの段取りなど完全にミスってしまいました。 まあ、良く考えたらこの大会、前の方からスタートするので無ければ、ウエーブスタートなため、真ん中以降からスタートする僕みたいなランナーは、スタート直前に空いたトイレに駆け込めるんですよね。 僕は最初の組がスタートした後、トイレに行けたので助かりました。 とはいえ、スタート時間の変更や、距離やコースの変更のアナウンスは、もっときちんとして欲しいものです[E:gawk]

 さて、15kmからさらに距離が短縮されて12kmになってしまったことで、キロ6分の組でスタートした僕としては、ここでまったりと走っていては全く練習にならないと思ったのと、24km頑張る方と一緒に走っているようではいけないなということで、スタート直後に6分のペースメーカーさんのの前に出ました。 前に出てしまうと、ランナーの渋滞も無いので、気持ち良く走れました。 最初の1kmを5分20秒ほどで入った為、12kmまでには僕より2分前にスタートして前を行くキロ5分30秒のペースメーカーを抜こうと決めて、そのままのペースで走り続けました。 ただ、常に前を行くランナーを抜いて行こうとするため、自然とペースは速くなります。
 キロ5分30秒の集団には8kmくらいで追い付きましたが、速いランナーさんがすれ違って来てコースが狭いためなかなかペースを上げられず、結局5分30秒のペースメーカーさんを抜いたのは9kmを過ぎたあたりでした。
 ここまで前を抜くのにペースが上がったり下がったり、左へ右へと移動を繰り返していたので、足を使っていて結構疲れていました[E:coldsweats01] スタート・ゴールを超えて先を走るのはしんどいなとは思いましたが、10kmでは止められないので、残り2kmを走り、予定通りの1周をゴールしました[E:catface]
 途中、ウエーブスタートによる逆ハンデがトップランナーとでは10分も有るので、もしかしたら僕の1周のゴールに追い付かれるのでは?と思いましたが、どうやら3kmほど逃げ切れたみたいです[E:coldsweats01]

 今日の走行距離 : 12km
                1時間02分29秒
                     5分12秒/km
                     11.52km/h

 距離は物足りませんでしたが、その分、ペースを少し上げたと思おうと思います[E:catface]
 10月は9月からの気持ちを切り替えて走って行こうと思います。
 ただ、やはりかなりスピードが落ちているように感じるので、加古川ハーフまでは距離は22kmまでに抑え、少しだけですがスピードを意識して走るかもしれません。 5週間後の加古川ハーフは現時点で、今日のペースでハーフ走り切れれば充分かな?という感じでしょうか[E:think] 加古川ハーフ後、30kmを初めて、加古川フルに臨むことになるかもしれません。

 今回、ゴール後に配布された参加賞のTシャツはこれ。(リタイアでも貰えます[E:coldsweats01])

P1060145 

 背中側の首元はこんな感じ。

P1060146 

 書いて有るのはペースメーカーの設定ですかね?

 大阪30kいつも通りの長袖はあまり無いので嬉しいのですが、濃い青というのはイマイチでしょうか。 寒い時期の朝ランにしか使えそうに無いです。 もっと明るい色が良かった[E:bearing]

 ところで帰宅する際、十三付近の淀川河川敷には高校生の陸上部と思われる集団が3校ほど来ていました。 今年も高校駅伝大阪予選会のスクーリングに来る時期になったようです。
 今年も同大会は11月3日の祝日、僕は加古川ハーフ前最後の微調整の日でしょうか。 今年も都合がつくようなら応援に行きたいです[E:happy01]

posted by ちゃんちゃん at 14:49| Comment(4) | TrackBack(0) | サークル・部活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした[E:confident]
アクシデントがありましたが、12kmランできてよかったですね[E:scissors]天気安定してきたら工夫して、体調管理して、頑張って下さい。
私は大阪1か月前で30km走ってきました[E:coldsweats01]長い距離走ってなかったのでしんどかったです。
Posted by かねさん at 2016年10月01日 21:14
ありがとうございます[E:happy01]

結局、距離に合わせてあまり多く余裕を残す練習をできない性質なので、距離が短くなったらそれなりに速くなってしんどいだけだったりします[E:coldsweats01]

かねさんは一人30kですか。
さすがです。お疲れ様でした[E:happy01]

僕はなかなかまだ暑さの残るこの時期にシーズン初の30kmをやる為に、この大会にエントリーすることで30kmをやれるように考えていました。こうでもしないと一人では30kmできないので[E:coldsweats01]

加古川ハーフが終わった頃にはもう少し涼しくなっているでしょうから、一人30kやれると思いますけど[E:catface]

加古川フルでは陸連登録の10分のアドバンテージでかねさんからどこまで逃げられるか解りませんが、頑張って最後の方まで捕まらないレベルまで持って行きたいと思います[E:catface]
Posted by ちゃんちゃん at 2016年10月01日 21:49
天気に振り回された感じで、スタートもごたごただったようでお疲れ様でしたm(_ _)m

今回24kmに短縮されてたんですね。
私の知人も参加していたので、ランナーズアップデートを見たらFinishTimeがかなり速かったのでびっくりしてました(笑)

少し距離短縮されつつも、予定距離で止めるという決断がなかなか私はできませんので尊敬します(^^
これを足掛かりに、これまでの体調不良から徐々に加古川に向けて上がっていくこと願ってます!

しかし淀川河川敷でスタート40分前出発で間に合うのはいいですね。
私だったらかなり早起き出発になるので(笑)
Posted by masa_run at 2016年10月03日 00:31
>私の知人も参加していたので、ランナーズアップデートを見たらFinishTimeがかなり速かったのでびっくりしてました(笑)

 距離短縮をご存知無かったらそうでしょうね。 2割違いますからね[E:coldsweats01]

>少し距離短縮されつつも、予定距離で止めるという決断がなかなか私はできませんので尊敬します(^^

 これについては単純に根性が無くて臆病なだけです[E:coldsweats01]

 会場が近いのは最高ですね。
 西中島が会場の大会はいくつか有りますしね。 なにわ淀川ハーフもそうですし。
 メリットが多く、デメリットは何も有りませんし[E:happy01]
Posted by ちゃんちゃん at 2016年10月03日 18:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック