2016年10月08日

浅田真央、今季初戦は2位 : フィンランディア杯女子FS

 まずまずでしょうね。
 でもまさか上を行ったのがオズモンド選手だったとは[E:coldsweats02]




 3連続が入らなかったのが痛かったですが、まだジャンプの調子が上がらないと聞いていた中ならまずまずのスタートができたのでは無いでしょうか?

 浅田真央 フィンランディア杯FS演技
 ケイトリン・オズモンド フィンランディア杯FS演技
 フィンランディア杯女子FS プロトコル

 最初のフリップ、セカンドに3回転を付けなかったのは今回については予定通りでしょうか。 そうなると見かけ上のミスらしいミスは後半の3連続が単独のフリップになってしかも2回転になってしまったところだけでした。 ただ、2回転も同じ種類を2回までしか跳べないというルールになってから、どうもこの後半の3連続にミスが極端に増えたような気がします。 昨年までのルールなら、前半の3F+3Loのセカンドが2Loになってしまうと、後半の3F+2Lo+2Loが0点になってしまうということが有ったからだと思うのですが、今季からはそのルールが緩和されて、3回目の2Loのみが0点となり、2回目の3F+2Loの得点は入って来るようになったのでもうさほど気にする必要は無くなったんですけどね・・・[E:gawk] この3連続のミスが無くなれば、余計な順位の取りこぼしも無くなると思うんですが・・・[E:gawk] ルッツは!止まりで、減点も僅かだったのは良かったです[E:happy01]
 スピンについては3つともレベルの取りこぼしが有りましたが、回転速度等は良くなっていたように思います。 取りこぼしについては真央ちゃんのことですから、今後、徐々に修正してくれるでしょうから、心配は不要でしょうか[E:catface]
 今大会については、結果的にこういう小さなミスがオズモンド選手に逆転を許した要因となったと思いますが、ここで評価を確認できて、グランプリシリーズに向けて修正してくれたらなと思います。

 ところでこのFSも、衣装は良かったですね。 リチュアルダンスも、SPよりはFSの方がだいぶ良いような気がしました。 100%の演技で最後のステップを迎えることができたら、かなり盛り上がるのでは無いかと思います[E:catface]

 さて、今夜にはジュニアグランプリシリーズ最終戦の女子FSです。
 本田真凜選手のファイナル出場はロシアのグバノワ選手とコンスタンチノワ選手の結果待ちですが、すでに1勝を挙げ、SP1位のグバノワ選手が4位以下になるのは期待できませんのでグバノワ選手のファイナル進出はほぼ決まりでしょう。 となるとコンスタンチノワ選手の結果次第ということになりますが、コンスタンチノワ選手は前大会が2位ですので3位以下なら真凜ちゃんのファイナル進出となります。 2位でもFSが128.65以下なら合計点で真凜ちゃんが上となり、真凜ちゃんのファイナル進出となります。 コンスタンチノワ選手のFSのPBは110.82ですから、グバノワ選手が大崩れしてコンスタンチノワ選手が逆転優勝しない限り真凜ちゃんがファイナル進出ということになるような感じです。 ほぼ大丈夫かな?[E:confident]
 本当は日本の白岩優奈選手か青木祐奈選手が頑張ってロシア勢を抑えて欲しかったのですが[E:catface]

posted by ちゃんちゃん at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック