2016年10月10日

青学が出雲連覇も、今後が面白そうな大学駅伝界 : 出雲全日本大学選抜駅伝競走

 出雲全日本大学選抜駅伝は青学の連覇に終わりましたが、東海大は1年生の活躍で序盤に主導権を握りました。 山梨学院も強いですし、今季に関わらず、東海大も今後期待できそうで、今後の大学駅伝界は面白くなりそうです[E:happy01]



 青学大 出雲駅伝2連覇!東海大逆転 ニャイロの猛追逃げ切る(スポニチアネックス)

 学生3大駅伝の初戦、第28回出雲全日本大学選抜駅伝が10日に行われ、青学大が2時間10分9秒で2年連続2度目の優勝を果たした。

 青学大は1区は5位でスタートも、2区・田村和希(3年)が区間賞の走りで首位に。3区では下田裕太(3年)が東海大に先頭を譲ったが、5区・安藤悠哉(4年)が17分43秒の区間新の快走で、再びトップに立った。

 アンカーの一色恭志(4年)は2位・山梨学院大のドミニク・ニャイロ(2年)の猛追をかわし、2連覇を成し遂げた。

 2位は山梨学院大、3位は東海大だった。(引用終わり)

 青学は1区の1年生ランナーが頑張ったのが大きかったですね。
 5区の主将・安藤選手も最後は4年生・主将の意地で東海大を振り切ってトップでアンカー、エースの一色選手に襷を渡しました。 この段階で、ニャイロ選手擁する山梨学院大と1分差を付けたのはまさに原監督の希望通りでした。
 その一色選手も序盤はゆっくり目に入ったように見えましたが、身体が温まったらペースを上げ、淡々とした走りながら危なげなく逃げ切りました。 さすがはエースです。

 2位山梨学院大も、ニャイロ選手一人に頼らずとも各選手がレベル高かったように思います。

 3位東海大も、アンカー勝負こそ1位・2位のチームに水は開けられましたが、相手が悪かったというしか無いでしょうね。 アンカー湊谷選手も区間5位ですからね。 1区~3区全員1年生なのに、トップで4区に襷を繋ぎましたからね。 特に3区の關選手は素晴らしい走りで青学の3年生、東京マラソンでは日本人10台最高記録で日本人2位に入った下田選手をちぎりましたから価値が高いです。
 今後の東海大には要注目ですね[E:happy01]

 2冠目の全日本大学駅伝は11月6日開催だそうです。
 残念ながらその日、僕は加古川ハーフなので生では観れないな・・・[E:weep]

posted by ちゃんちゃん at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック