2016年12月21日

機械(カメラ)も恋する(?)浅田真央の魅力!! : いよいよ全日本フィギュアスケート選手権が開幕

 真央ちゃんの魅力と凄さは機械(カメラ)にも解るんですねえ[E:catface]



 全日本お留守番日記 カメラが彼女に恋をした(スポニチアネックス)

 【長久保豊の撮ってもいい?話】カメラも恋をする、と言ったら驚くだろうか。冷徹な機械、ICてんこ盛りでいまや家電製品のようになってしまったカメラに感情の入る余地などあるはずがない。だがボクの愛機はスケートをする彼女にいちずな思いを抱いている。明るく照らされた本番の衣装は当然のように、暗い室内、コントラストのない地味な練習着の彼女にさえも、その姿を追いピントを合わせ続ける。他の選手とは合焦率(ピントの合う確率)が違う。カメラのやる気が違うのだ。だがキヤノンであれニコンであれ彼の恋敵は多いようだ。「実はオレのカメラも」という同業者は数知れず。

 「真央ちゃんはピント合うんだよなあ」

 そう、片思いのお相手は浅田真央選手である。

 恋の動機は単純なもの。彼らのAF(オートフォーカス=自動焦点)機構は被写体の上下左右の細かなブレを嫌う。体軸のしっかりした滑らかなスケーティング。浅田選手やイタリアのカロリーナ・コストナー選手こそが彼らの好みなのだ。

 15歳、ピアノの鍵盤の上を弾むように跳び、GPファイナルを制した真央ちゃん。

 今は五線譜の上を滑らかに、時として激しく、隠れた音さえも表現していく浅田選手。スポーツと芸術性の両立がフィギュアスケートの原点、その比重が時の流れとともに変わっていくのは自然なことだ。

 GPシリーズ・フランス大会以来、彼女についてさまざまな臆測の類いが飛んだ。だがカメラという機械はそのスケーティング技術がいまだに世界トップであるという事実を語る。

 全日本選手権はボクとボクの愛機は東京でお留守番。同業のライバルたちは今季の印象的なアイラインメークを強調した写真、ステップの振り返りをアップで狙う(こう書くとライバルたちも狙いづらいはず。これも老かいなテクニックの一つ)であろう。カメラに愛される浅田選手だからできる撮り方だ。演技後の彼女には笑ってほしいが、写真は再来年まで待ってほしいというのが、留守番カメラマンとわが愛機の本音だ。

 2012年、フランス・ニースでの世界選手権を取材した。そこには練習、本番を通じて連続56回、トリプルアクセルを失敗する浅田選手の姿があった。だがボクの愛機が心を奪われ、いちずな思いを寄せるようになったきっかけはそれではない。抜けてしまったジャンプや氷に叩きつけられるような激しい転倒にも心折れずに56回、立ち直った姿だ。

 だから彼女は大丈夫、きっと大丈夫、絶対大丈夫。何度でも何度でも立ち上がると愛機が言う。

 ボクもそう思う。(編集委員)

 ◆長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれ。缶チューハイ2杯でニースの世界選手権を2時間語れるが、3杯目で話がくどくなり、4杯目で酩酊する54歳。(引用終り)

 筆者には心が熱くなる記事をありがとうと言いたい[E:crying]

 機械すら恋してしまう浅田真央。 フィギュアスケートが好きだという者に、もしも彼女の素晴らしさを感じ無い人間が居るというならば、その人間にとってそれがどれくらい不幸なことなのだろうかと哀れみすら感じてしまう。 その人間にとっては余計なお世話だろうとは思うが、それくらい不幸なことだと僕は思うから。

 そんな浅田真央が背水の陣で臨むかもしれない全日本フィギュアスケート選手権がいよいよ開幕する。 おそらく世界で1番目か2番目に過酷な代表争いとなる。
 youtubeで観たニュース動画では、笑顔で練習し、UR気味ながら3Aを綺麗に着氷する浅田真央を見た。 心も身体も調子は上がっては来ているようだが、これまでで最も厳しい代表争いになるのは間違いない。

 これまでどれほど厳しい状況で有っても、全日本では必ず結果を出して来た浅田真央。 今回も奇跡を・・・ いや、必然を魅せてくれるものと信じて彼女の滑りを見届けたい。

 あ、今気付いたのですが、もしかしたら真央ちゃんの左膝痛が僕の右膝に来たのかも? 11月19日の記事で実際にそのようなことを祈ったし[E:catface]
 もし僕が加古川マラソンで右膝痛を悪化させて記録を出せなくても、真央ちゃんが良い演技ができたなら諦めもつきますかね・・・ でももし僕がPB出したりしてしまったら、真央ちゃんの結果に悪影響が・・・[E:gawk] 有るわけ無いんですが、アホな心配をしてしまいます[E:coldsweats01] まあ、僕はできることを頑張ろう[E:catface]

 明日の夜(18:30)には昨年に続き、滑走順抽選会の様子もフジテレビの番組HPで配信されるようですね。
 明日の夕方は明後日の加古川マラソンに備えて早く帰るつもりだが、上手くこれを観れるかどうかは解らないができれば観たい。

posted by ちゃんちゃん at 20:23| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長久保さんは、
主観と客観を兼ね備えた良記事ですね。

ちゃんちゃんさんは、
怪我を代わってやりたいなんて、
もはや「親心」なんでしょうね。

ちゃんちゃんさんの記録を願うのか、
真央ちゃんの結果を祈るのか、
迷いますね。
Posted by プー at 2016年12月22日 00:36
親心・・・
 可愛い姪を見守る感じでしょうか[E:catface]

 どちらかを取れと言われれば、僕は迷い無く後者を選びます。
 僕にはまだまだ何回もチャンスは有りますが、彼女には長くてもあと1年3ヶ月。 笑顔で競技人生の幕を降ろせることを切に願います。
Posted by ちゃんちゃん at 2016年12月22日 08:24
ちゃんちゃんさん ご無沙汰でした。

本当に熾烈な戦いになってきましたよね、女子シングル。

今の採点基準では、ジャンプがすべてを決めてしまいます。
伊藤みどりさんが朝日新聞で述べたように、ジャンプを後半に持ってくるとか、タノるとか…点をもらえる演技をということが画一化につながっている。この選手じゃなくてはできないという演技にはそれなりのアドバンテージを与えてほしいのですが、
実務的には不可能でしょうね。
以前コンパルソリーでなされた、基本的なスケーティング技術の客観的な得点化が、やはり必要だったのかな、とも思います。

今更ジャンプが肝心ということだと、ベテランの円熟した演技などというのはわりを喰いますね。
点数やメダルとは別のところにも十分価値がある、そういう競技なのでしょう。

浅田選手はもちろんのこと、佐藤由香さんやマッチーのように、滑り自体が洗練されていればジャンプなしでも十分に人を魅了できる。それがわからない「まがいもの」のファンは気にしないで、スケート愛にあふれた演技を見せてほしいですね。

でも、ちゃんちゃんさん、膝で真央ちゃんとつながっているなら、ますますがんばらなきゃ、ですよ??

真央ちゃんの結果は、演技そのものです。納得の演技で微笑んでほしい、それだけです。
Posted by 笑顔 at 2016年12月22日 09:40
笑顔さん、ご無沙汰しております[E:happy01]

 僕はジャンプ重視派ですが、ジャンプ後半詰め込みまくりとか、タノ連発とかは正直かなりうんざりですね。 
 今のルールでは選手の個性は生きないですね。 差別化に色々するのは解りますが、メドベーデワ選手みたいな小芝居も正直好きにはなれませんし・・・ 彼女はエキシビの方が好きですね。
 あ、ジャンプ無しでも魅了できる選手が居るというのは僕もそう思いますよ。 人数はかなり限られては来ますけど。

 真央ちゃんの演技終了後の心からの笑顔を観たいですね[E:catface]

 僕も一応頑張りますよ。 ただ、また怪我を酷くして長く走れないのは困りますので、どこで折り合いを付けるのか、悩ましいところです。 僕には真央ちゃんと違って時間が有りますからね・・・[E:think]
Posted by ちゃんちゃん at 2016年12月22日 12:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック