2017年01月02日

第93回箱根駅伝往路は青学が三連覇!! 三冠&箱根総合三連覇に向けて盤石か? : 僕はまさかの初出に(涙)

 青学はやっぱり強いですねぇ[E:catface]

 箱根TV観戦中、僕はまさかの初出になるという[E:crying]



 【箱根駅伝】青学大、3区で首位に立ち、3年連続往路優勝!総合3連覇&3冠見えた(スポーツ報知)

 ◆報知新聞社後援 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107・5キロ)

 史上6校目の大会3連覇と史上4校目の年度3冠を目指す大本命の青学大が、3年連続の往路優勝を飾った。2位の早大とは33秒差、3位は順大だった。

 青学大は3区の13.1キロ付近でトップに立つと、そのまま逃げ切った。原晋監督(49)は「正直、3区の秋山だけが心配だった。そこでトップに立てて離すことができ良かった」と往路を振り返った。2位の早大とは33秒差だが「復路にも速い、強いランナーをそろえているので、ドンと構えて3連覇、3冠にチャレンジしていきたい」と誓った。

 出雲駅伝、全日本大学駅伝でライバルを圧倒してきた青学大は、1区で梶谷瑠哉(2年)がトップと4秒差の4位。2区の一色恭志(4年)はリードを38秒差に広げられたが2位につけ、3区の秋山雄飛(4年)が区間賞となる1時間3分3秒の好走で首位に立った。

 4区の森田歩希(2年)はリードを保って小田原中継所で5区の貞永隆佑(3年)にたすきリレー。貞永はそのまま先頭で箱根・芦ノ湖のゴールテープを切った。

 早大は小田原中継所で1位の青学大から1分29秒差の2位でたすきを受け取ると5区の安井雄一(3年)が好走し、33秒差まで詰めた。また順大は山登りで山田攻(2年)が3人を抜いて3位に浮上して往路を終えた。

 復路は3日に箱根・芦ノ湖から東京・大手町の読売新聞東京本社前までの109・6キロで争われる。

往路順位

 (1)青学大(2)早大(3)順大(4)東洋大(5)駒大(6)神奈川大(7)中央学院大(8)上武大(9)創価大(10)日大(11)帝京大(12)法大(13)日体大(14)拓大(15)東海大(16)山梨学院大(17)明大(18)大東大(19)国学院大 ※関東学生連合(20)国士舘大(引用終わり)

 いやあ、最後は詰められましたが、総合三連覇&三冠へ向けてはもう盤石と言って良いのでは無いでしょうか?
 復路にも昨年の東京マラソンで日本人トップ、10台日本記録を塗り替え、昨年8区区間賞の下田選手や昨年4区区間賞の田村選手を温存していますからね。 主将の安藤選手も残ってますし[E:coldsweats01] 層が厚過ぎでしょう[E:coldsweats01] アクシデントでも無い限り、三連覇&三冠は濃厚でしょうか[E:coldsweats01]

 順天堂大学の3位には少々驚きましたが、昨年総合6位なら驚く方が失礼というものでしょうか?[E:coldsweats02]

 東洋大学は4位。
 服部選手や口町選手、櫻岡選手といった主力を往路に固めたように見えることから、往路優勝は狙っていたのでは無いかと思います。
 1区にエース服部弾馬選手を投入したことから最初から一気に行くのかと思いきやそういうことは無く、スローペースの展開になりましたが、それでも最後の競り合いで東海大のスーパールーキー鬼塚選手を振り切る辺りは4年生の意地でしたね。 服部弾馬選手は東洋大が優勝した第90回大会の鮮烈区間賞デビューから観て来たので、ちょっと思い入れを持って応援していました。 ラン友のちょびさんに似ているというのも思い入れの要因だったりしますし[E:coldsweats01]

 神奈川大学の6位にも驚きました。
 2区のエース区間で並み居る強豪のエースや留学生を退け、予選会日本人トップの鈴木選手が区間賞を獲得してトップに躍り出たのが凄いです。 1区がスローペースになったのも良かったかもしれません。

 上武大学は5区で森田選手が区間賞の駒澤大学の大塚選手には僅かに3秒及ばなかったものの、堂々の区間2位で8人抜き、16位から一気にシード圏内の8位まで押し上げました。 復路メンバーには大きなモチベーションとなって効いて来るのでは無いかと思います。

 予選会を最下位で突破した日大は往路10位のシード圏内でフィニッシュ。 区間6位で3人抜いた川口選手は大きなガッツポーズでゴールしました。 正直、留学生ワンブイ選手頼みかと思っていたのですが頑張りましたね。 失礼しました[E:think]

 スーパールーキーを往路に固めた東海大はなんと15位。
 1区の鬼塚選手が僅差の区間2位と頑張った以外は、2区の関選手が区間13位、5区の館澤選手も区間13位という結果でした。 長い距離での経験不足が出た感じでしょうか?
 来年以降に期待したいと思います。

 2区にニャイロ選手を配した山梨学院はなんと16位。
 1区での大きな出遅れが痛手だったでしょうか? 前があれだけ離れていると、いかなニャイロ選手でも前を追うのが辛かっただろうと思います。 区間順位もなんと9位に終わり、順位を大きく上げることは叶いませんでした。

 明日の復路は冒頭に書いたように、順当なら青学の圧勝だと思います。
 ただ、今回は往路での繰り上げスタートは無く、また10分以上遅くゴールしたチームが僅か5チームとなっていて、シード権争いは観ている方には解り易くて面白くなりそうです[E:catface] 一斉スタートがあまり多いと、見かけの順位と実際の順位が解り辛いですからね。 選手自身も前を追いやすいだろうと思いますし。
 明日も選手の皆さんに怪我無く、またアクシデント無く、苦しくも気持ち良く走れる大会で有ることをお祈りしたいです。 繰り上げスタートも観ている方には面白いシーンですが、各チームがしっかりと襷を繋げることができることをお祈りしております[E:catface]

 ところで今日、僕は2区の中間くらいでクレームの電話が入り、仕事へ緊急出動となりました[E:crying] 会社への往復は家の車で行ったのでTVが付いてますが、会社の車はラジオのみなので3区・4区は車が走っている間のみラジオ観戦でした。 でもラジオでは全然状況が解りませんね[E:gawk] TVの情報量の多さを痛感しました[E:catface] 5区の序盤にはなんとか帰宅できましたので、往路ゴールはライブでTV観戦できましたが[E:confident]
 確か昨年も1月2日にはお客さんからクレームの電話が入ってました。 昨年は自分で行くことは有りませんでしたが、今日は状況から行かざるをえませんでした[E:gawk] 僕にとっては1円にもならないのが歯がゆいですが、行っておくべきだと思ったもので・・・[E:weep] つくづく因果な商売です[E:gawk]
 今年は元日に右膝の腫れに気付き、今日は早速仕事のクレームで初出になると、ツイていませんが、明日から運気が変わることを期待したいと思います[E:catface]
 明日は落ち着いて箱根駅伝を観戦したいです[E:think]

 今夜は高校の同級生との新年会です[E:catface]

posted by ちゃんちゃん at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル・部活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック