2017年01月31日

マラソン大会参加も、最低限、自分の健康管理には気をつけねば

 岡山のマラソン大会で死者が出たそうな[E:gawk]



 <マラソン大会>完走の33歳男性死亡 最後の見回りで発見(毎日新聞)

 岡山県井原市で29日に開かれたマラソン大会で、10キロのコースを完走した男性(33)が死亡したと、大会実行委員会事務局の市教委が30日、発表した。男性が倒れていたのは参加者が自由に出入りできる休憩スペースで、参加者がいなくなった後の最後の見回り中に見つかった。男性のゴールから1時間以上がたっていたが、男性についての通報は誰からもなかったという

 「第35回星の郷(さと)ふれあい健康マラソン大会」で、10キロ▽5キロ▽3キロ--の3コースで開かれ、市教委によると県内外から男女957人が参加した。

 男性は午前10時20分にスタートし、同11時38分にゴール。その後、参加者が着替えや荷物置き場として使える休憩スペースになっていた「B&G美星海洋センター」体育館内に移動したとみられる。

 男性のゴールから約1時間15分後の午後0時55分ごろ、見回りをしていた同センター職員が、体育館の壁際で荷物を枕にして横になっている男性を発見。既に心肺停止状態で、運ばれた病院で死亡が確認された。体育館内に仕切りなどはなかった。他の参加者は帰った後だったという。

 男性に目立った外傷はなく、岡山県警が死因を調べている。【小林一彦】(引用終り)

 走っている最中に倒れたのならば誰かが助けてくれたであろうに、どうやらゴール後にしんどかったのか横になっている状態で容態が悪化したような感じでツイていない。

 ただ、最後の方に退出した方々は一人寝ている人に対してなんらかのアクションを起こさなかったのか? 大会関係者に連絡はできなかったのか? という気はするが、なかなか見ず知らずの人に声はかけられないところでしょうか?
 小規模な大会で有ったこともツキが無かったかもしれない。 もっと大きな大会なら誰かが気付いてくれた可能性も有りますが[E:gawk]

 タイムで判断しては申しわけ無いような気もしますが、準備というか練習が万全で無かった可能性は有る。 我々市民ランナーはやはりまず第一に大きなアクシデント無くゴールすることが最も大事なはず。 大会に参加する以上はそれなりに準備・練習はすべきだし、最低限死ぬようなことが有ってはならない。 せっかく申し込んでいてもあまりに準備が不十分なのであれば棄権するべき。 まあ、じゃあどれくらい準備したら良いのか? という話にはなりますが・・・

 これからマラソンを始めようという方は、しっかり練習して大会に臨まれることをお奨めいたします。 最低限、自分の走る大会の距離の70%くらいの距離を2回は走っておいて欲しい。 だいいち、絶対に練習して臨んだ方が達成感が有るし楽しいですもの[E:happy01]

 亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに、今後、こういった事故が起こらないことを切に願います。

 

posted by ちゃんちゃん at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
びっくりですね[E:coldsweats02]
お気の毒にとしか言えませんが、我々も気を付けなければならないとつくづく思います。
いろんな大会で、何度か遭遇したことがあります。
競技中脱水でフラフラになった方を道路脇にかかえて寝かせ介抱したことや、
大会後シャトルバスで駐車場に向かう途中に貧血で倒れた方を介抱したり。
その瞬間の対応が救えることもあるので心肺蘇生講習にも行ってます[E:good]
Posted by かねさん at 2017年02月02日 10:20
僕自身はそういう事象に遭遇したことは有りませんが、以前のなにわ淀川ハーフマラソンでは有ったと聞きます。

 2014年の大阪マラソンで、南港大橋手前の交差点にて、わだちで転倒した女性を介抱したことは有りますが、少し休んだらまた走って行けるレベルでしたし。

 かねさんはそういった講習も受けられているのですね。
 僕も色々な目標を達成できて、ファンランに移行して自分に余裕をもてるようになったらそういう形でマラソンに恩返ししたいかもと思います[E:catface]
 私設エイドは今でもたまにはやりたいですが[E:catface]

 まずは自分が救助される側にはならないように気を付けたいと思います[E:coldsweats01]
Posted by ちゃんちゃん at 2017年02月02日 12:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック