2017年03月13日

マラソンにビギナーズラックなんて無い

 ギャンブルと一緒にすんなと言いたい

 初マラソン世界最高も・・・安藤友香に「ビギナーズラック」の声(日刊ゲンダイDIGITAL)

 初マラソンで堂々の記録が「重荷」になりそうだ

 8月の世界陸上(ロンドン)の代表選考会を兼ねて行われた名古屋ウィメンズマラソンは、リオ五輪銀メダルのユニスジェプキルイ・キルワ(32=バーレーン)が2時間21分17秒で大会3連覇を達成。2位は安藤友香(22)が2時間21分36秒で初マラソンの日本最高記録を更新した。この時計は日本歴代で4位の好記録でもあり、派遣設定記録(2時間22分30秒)を切ったことで世界陸上の代表に内定した。

 安藤は、「今のままでは世界で戦えない。もっとタイムを上げてロンドンの舞台で勝負できるように頑張りたい」と冷静にコメントしたが、日本陸連の瀬古利彦長距離・マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(60)は、久々の新星登場に「世界陸上のメダルも夢じゃない」と大喜びだ。陸上ジャーナリストの菅原勲氏は「立派な記録ですが、これからが心配です」とこう言う。

「中間点でペースメーカー(PM)が外れてからキルワとマッチレースとなり、33キロすぎから徐々に離されるも2時間21分台の記録ですから大したものですしかし、それで8月の世界陸上でメダルが狙えると期待したら酷です<span style="color:#FF0065;">怖さ知らずの初マラソンで、キルワにピタリとついていたら2時間21分台の好記録が出たという、ビギナーズラックの印象は否めない
。>次のマラソンで真価が問われることになるそれがPMのいない世界陸上ということになれば厳しいレースになるでしょう。腕を振らない独特なピッチ走法も、ここぞという時にスパートをかけづらいので気になります」

■世界陸上で潰される

 厳しいと言えば、リオ五輪の女子マラソンの日本勢も散々だった。序盤の5キロは17分20秒台のスローペースが、10キロまでは16分台にペースが上がると日本勢は第2集団に下がる。一時は追いつくも、福士加代子がトップから6分近く遅れての14位が最高だった。

 前出の菅原氏が続ける。

「国内レースはPMのおかげで、中盤や30キロまではペースがほぼ一定です。安藤は世界陸上でトップランナーのペースの上げ下げや終盤のギアチェンジなどを体験し、東京五輪につなげればいい。<span style="color:#32CB00;">スポーツマスコミは新星登場に沸き立ち、世界陸上でメダルの期待を一身に背負わせて潰さないことです」

 マラソン2回目で「日の丸揚げろ」は確かに酷だ (引用終わり)

 確かに言っている内容はある程度正しい。
 初マラソンの記録が素晴らしかったことで、次回以降のレースでは否が応にも期待されてしまう。
 次戦は世界陸上だと思うが、メダルを期待するのは良くても惨敗したとしても叩いてはいけない。 夏場に実施される世界陸上では、3月に実施されるマラソンとは全く別の競技と言っても過言では無いかもしれないのだから。

 ただ、『ビギナーズラック』という言葉を使ったのはいけない。
 確かに初マラソンで、いくら練習で走り込んだところで大会としてのマラソンの苦しさを知らずに挑む立場で走ったことで良い結果が出たということも有るかもしれないが、基本的にはそれを実現できる実力が備わっていたからできたこと。 それができたかできなかったかは多分にメンタルに影響される部分も有り、僕みたいに精神力が弱ければたとえフィジカル的にサブ4の実力が有っても精神面が弱いから歩いてしまっていつまで経ってもサブ4が達成できないなんてことも有る。 昨年の加古川が、もしも僕の初フルであったならばあっさりサブ4を達成してしまっていたかもしれないしね。
 しかも安藤選手はキルワ選手のゆさぶりに2度・3度と耐えて魅せた。 離された後も大きく離されることは無く、常にキルワ選手の背中を見える位置で最後まで追い続けた。 そんな安藤選手に『ビギナーズラック』という言葉は当てはまらないし、とにかく失礼だと言いたい。

 マラソンには『初マラソンだからこそ一気に実力を出し切れた』ことは有ったとしても、絶対に『ビギナーズラック』は無い

posted by ちゃんちゃん at 23:29| 大阪 ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんちゃんさま、お久しぶりです(^^♪

お引っ越しされて大分経つんですね…
前のブログから辿れて良かったです。
次のフィギュアネタはワールド前後ですね
真央はいないのは寂しいけど
男子が楽しみ過ぎてwkwkします。
Posted by SARA at 2017年03月14日 01:11
 SARAさん、ご無沙汰です。

 だいぶと言っても2週間ですけどね。
 本当はもっと早くやっておけば良かったのですが。

 状況次第ですが次のフィギュアネタは今週の世界ジュニアですよ。 まあ、書きたくなる経過や結果が出ればの話ですが・・・
 今年は関西でも女子フリーは放送が有り、しかもライブと言うのですから嬉しいです。 毎年、なかなか放送無いですからねぇ。
 ただ、女子SPに加えて、本田兄妹の特集『わたしたちのレベル4 シーズンⅢ』が関東ローカルなので腹立たしいです。 本田兄妹は関西人なのに・・・ まあ、遅れて放送が有るとは思いますが・・・

 真央ちゃんはオフには本当にニュース出ないですよね。
 男子は本当に楽しみです。 あれだけの空中戦なのに、つなぎも大事にしてくれてますしね。
 僕はやっぱり宇野君に期待しちゃいます♪
 今回は10日前に現地入って現地合宿を張るそうですね。 入れ込み過ぎも少し心配ですが、良い結果が出ることを期待したいです。
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月14日 08:11
 SARAさん、追記です。

 あちらでのコメント見てましたよ。
 氏を擁護しているのか排除しようとしているのか微妙なコメントでしたが、氏にはSARAさんの彼らを認めているという部分も伝わらなかったようですね。 まあ、彼らはそんなものですよ。
 最後はヤクザみたいな口調になって脅しをかけて来るような輩の仲間ですからね。
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月14日 08:15
擁護でも排除でもなく。暇だったから?笑
また余計な事に首突っ込んで…と思ったでしょw
ちゃんちゃん様は優しいね、心配してくれたのね

真凛ちゃん。全日本では何だか
恐ろしい子!的な。あのスター性には毎度毎度驚かされるわ。
新葉ちゃんやユズがキスクラで泣いても貰い泣きしないけど
昌磨や真凛ちゃんが泣くとうるっときちゃう
何だろう、単純に好みの問題なのかしら
Posted by SARA at 2017年03月14日 12:57
 いえいえ、むしろ僕も氏の隙を見付けて突っ込めないか?と狙っているくらいですよ(笑)

 まあ、氏も反論できなくて『逃げちゃう』とかなんとか言ってますので腹立たしいところですが、思わず、『あんたらの主だって間違ってること突っ込んだら逆切れして意味不明に身の危険を感じるような脅しかけて来る様な奴やんけ』と書きたいところを面倒なんでグッと我慢していたところです(苦笑)

 感情移入の度合いですが、あまり表立って強気な感じの選手には感情移入しにくいからでは無いでしょうか? もちろんそこが好みの点だったりするかもしれませんし。 僕はそうですね。 自分の怪我等の情報は押し殺し、ひたむきに頑張ってけして言い訳しない、そういう選手に僕は強く惹かれますしリスペクトを感じます。 そう、その究極形を具現化したのがまさに真央ちゃんなのでは無いでしょうか?
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月14日 18:20
そうなのよね。私、自分が気が強いから
控えめで健気なタイプにグッとくるのかも…笑
真央はもう、ちゃんちゃん様の仰る通りの人。
戦国の姫って感じよ。

いつかちゃんちゃん様に聞こうと思ってたのだけど…
あちらで、Kさんとやり取りしてた時、
『貴方がお気づきでない事があるが、それを教えても僕には何の得もないので云いません。』
みたいなコメントしたの覚えてますか?
ベル様も似たような事を仰ったのだけど、私は分からなくて。
もし良かったら教えてくださいm(_ _)m
Posted by SARA at 2017年03月14日 19:12
氏へのあのコメントはもちろん憶えていますよ。
別にそんなに気を遣っていただきながら聞かれるような大したものでも無いです(汗)

あれは単純に、『僕がブロガーで有る』ということです。
『土俵』という言葉がキーになっていたはずですが、『同じ土俵』というのは僕にとっては『まずはブロガーで有る』ということでした。
彼はずっと黒猫さんのところに張り付いていたわけでも無さそうで、僕のリンクにも気付かれなかったのでしょう。それなら知られない方が僕にとっては好都合だったので、ああいう書き方になったんです。言いたいけど言いたく無い(苦笑)ベルさんも同じようなことを書かれていたとしてもそういう意味では無いかもしれませんけど。
あそこまで相容れない意見で場を荒らすので有れば、まずは自分でブログを開設してブロガーの苦労を知るべきだと言うのが僕の考えでした。

真央ちゃんはですね・・・
健気だけど芯の有る強さを持っていて、でも脆いところや儚いところも有る・・・
アスリートとしての矜持も強く持っていて、僕にとって理想のアスリートで有り可愛いらしい妹みたいな女性なんですよ♥
これまでも多くの偉大なアスリートは世の中に沢山居ました。
日本人だけでも王貞治、長嶋茂雄、川上哲治、落合博光、イチロー、具志堅用高、北の湖、千代の富士、武豊、岡部幸雄、伊藤みどり、高橋尚子、高梨沙羅、内村航平、北島康介、吉田沙保里、大谷翔平、外国人も入れればウサイン・ボルト、カール・ルイス、モハメド・ファラー、マッチ・ニッカネン、セルゲイ・ブブカ、エレーナ・イシンバエワ、ジミー・コナーズ、ビヨルン・ボルグ、マルチナ・ナブラチロワ、ステフィ・グラフ、タイガー・ウッズ、エフゲニー・プルシェンコ・・・
僕が好きか嫌いかは置いておくとして、さっと出て来るだけでもこれだけの各界のレジェンドが居ますが、僕にとってはアスリートとして、最も尊敬しているのはダントツで真央ちゃんなんです。それなのにルックスも抜群で、神様が今の段階で与えていないのはオリンピックの金メダルだけでは無いかと言えると思うのです。
真央ちゃんを語れば終わりませんね(苦笑)
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月14日 23:11
なるほど、そういう事だったのね(笑)
確かに、こちらに乗り込まれたら面倒ですものね
仰る通り、例え志半ばに閉鎖したとしても
一度はブログ開設して、苦労を知るべきだと思います。庇を借りて議論は、何だか卑怯な気がする。コメントしない不特定多数の読者に向けてのメッセージ、なんて言われたら尚更。
結局、一定数の読者を取り込みたいだけなんだ…
と分かると、哀れみさえ感じます。

ベル様は『ある重要な視点が欠けているから議論は無理。それは教えない。』
と仰ってました。こちらも分かりませんでした。

私も、リスペクトするスポーツ選手は少なくないけど。真央ほど自分の生活に根付いた人はいませんね。心に棲む、と言う表現が相応しいかな。
本当に、とんでもない子のファンになってしまったなあ…と。いつも翻弄されてます。
Posted by SARA at 2017年03月15日 12:12
真央ちゃんは真のアスリート、会社の人が載ってるよと教えてくれました♪
私の中で真央ちゃんは、ずっとあのときの真央ちゃん、バンクーバーでの真央ちゃん…演技の前の氷上の凛とした美しい横顔、私の心にずっといます。

大人になった真央ちゃんは、又、違った雰囲気を醸し出していて素敵になりましたね。
ソチでの真央ちゃんの演技は泣きながら見ていた、浅田真央、忘れられないアスリートです。
平昌前のシーズン、以前よりドキドキはないかな?真央ちゃんが真央ちゃんらしくいてくれたらそれでいい。
きれさん、ブログ開設もしないで人様のブログで、やれやれな人ですわ。
Posted by ゆんゆん at 2017年03月15日 19:38
> SARAさん

 そうなんです。
 面倒なだけなんです(笑)

 以前に黒猫さんのところでも誤解されたことが有りますが、別に『ブロガーでも無いクセにエラそうに反対意見すんじゃねえ』と言っているわけでは無く、『ブロガーの気持ちを考えてコメントできないのなら、まずは自分でブログやってみろ』ということなのです。

 ベルさんのそれはどういうことだったのでしょうね?

 あ、さっきあちらにコメントして来ましたよ♪
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月15日 19:48
> ゆんゆんさん

 バンクーバーの時は、キムのFSの得点が出た時に、『あ、絶対に真央ちゃんには勝たせないぞ』ということなんだなあ・・・ と絶望感を感じながら続く真央ちゃんの演技を見守りました。
 それでもFSの臨む真央ちゃんの横顔は、凜として本当に美しかったですよね。

 ソチのFSの時は、演技前から正座して、3Aや3F+3Lo、2A+3Tを跳ぶ時には『回転不足上等で跳べ!』とつぶやきながら、3Lz跳ぶ時は『エッジエラー上等!』とつぶやきながら見守り、ジャンプが一つ決まるたびに『よし!』と拳を握り締めながら観ていました。
 最後のステップが終り、スパイラルで演技を終える時、やはり涙が滲んで来ましたよ。 やっぱり最高のスケーターだ、アスリートだと。

 人様のブログで、布教活動するような真似は最低ですよね(呆)

 ところで、

> 会社の人が載ってるよと教えてくれました

 とはどういう意味ですか?
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月15日 19:58
誰かは見られなかったのですが、表現力や技術力どれをとっても類を見ないアスリートだと書いてありました。
その方もトップアスリートだと思っていると書いてあったです。
スマホで見せてくれたので…名前まで見られなかったのですが。

バンクーバー…思い出せば思い出す程泣けてきます、あんな高い点数、真央ちゃんがノーミスでも届かない様にしたって思ったなげっそり

不正の証拠を出せって言うけれど、じゃあ不正じゃない証拠を出せと言いたい!ルールがとか言うけど、ぐらぐらスパイラルに加点とかあり得ない、余りにもひどい真央下げで落ち込んだな〜今もだけど。

ソチであの状況であそこまで頑張った真央ちゃんの意地を見たな涙
どんなに高い点数を出しても、浅田真央と言う立ち位置には立てない。

ロシアの選手が高得点を出しているけど、頑張ったねぐらいしか感じない。

もうすぐ(土曜日)真凛ちゃん、頑張ってほしいな。
Posted by ゆんゆん at 2017年03月15日 21:25
ちゃんちゃん様のコメント、読みました^^
私もキース様に便乗して吐き出しちゃった(笑)
ソチよりバンクーバーの方が、自分としては深い傷なので…中々吐き出せなかった、今迄。

ゆんゆん様♪お久しぶりです。
Kさんに不正じゃない証拠とか言ったら、また悪魔の証明と返されますよ(笑)
それに、あれだけ細かく検証してる方ですから
納得する部分もありますしね。
ただ五輪の歴史を考えれば。そこに政治介入がないと言い切る方が不自然な訳で。
近年はコスパが芳しくないとはいえ、それなりの経済効果がある大イベントなのは確かだものね。
Posted by SARA at 2017年03月15日 22:09
>ゆんゆんさん

ハイレベルなアスリートほど、真央ちゃんをリスペクトしたコメントをされますね。
それ、誰だったんでしょうね?

『不正の証拠』のくだり、さっきあちらに書き忘れてたので追記して来ました(笑)

本当に、ソチFS、最後のループを着氷した際の『どんなもんだ!』と言わんばかりのガッツポーズ、男前な真央ちゃんの意地を観た瞬間でした(惚れ惚れ・・・)

最近のロシアの選手については僕も同じですね。
判官びいきなのかもしれませんが、リプやラジ子ちゃんが良い演技をして嬉しそうにしているのを観るのは娘を観ているようで笑顔になってしまいますけどね(苦笑)

真凜ちゃんも、坂本選手も、白岩選手も頑張って欲しいですね!
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月15日 22:39
>SARAさん

吐き出してましたねぇ(苦笑)
最後のあれは、かなり嫌味でしたね(汗)
でも、僕もいくら嫌いな方でも、有名人でも無い一般人に対して、『死んだの?』などと言えてしまうメンタルにはちょっとドン引きでした(呆)
ええ、陰口と言われても良いですよ。
ここは公共の場、誰でも見れる場所ですけどね。

『不正じゃない証拠』のくだり、書き忘れてたので追記して来ました。
もともと『悪魔の証明』とも書くつもりでしたので、そこまで書いて来ましたけど(笑)
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月15日 22:43
人の事は言えないけど。あまりに長文や読みにくい文は、殆ど流し読み。小川さんも例外じゃないけど、たまたま政治行政のとこは眼に入っちゃったものだからw
ちゃんちゃん様のは頑張って読んだ(笑)
あれだけ過疎ってれば、もっと行間入れてもいいかもよ〜^^

まあ、私はKさん宛の呟き
ちゃんちゃん様はキース様宛の呟きだから
他の人が読みにくくても、別に構わないんだけどね。
Posted by SARA at 2017年03月15日 23:12
えーっと、浅田真央、真のアスリートをコラムとして書いた人は?で検索しましたら、〈原稿は、(株)ヤナセのPR誌『YANASE LIFE PLAISIR』の冒頭エッセイ「FRONT VIEW」に書いたものです。〉
内容を読んだら頷く内容でしたよ、でもソチ後の内容でしたがそうだよね…納得でした。

真央ちゃんが強いから好きなんじゃないだな〜点数や順位じゃない、氷上にいてくれるだけで真央ちゃんの滑りに釘付け目がハート

黒猫さん読んでいますよ、ちゃんちゃんさんのも読んできました♪
私は怖くて震えちゃう、ちゃんちゃんさんやSARAさんは凄いです(尊敬の眼差し)
以前バルサンに意見したら、突っ込まれて…私はフィギュアスケートが好きなだけでと書いたら、何か納得していて其からは無理でした。

Posted by ゆんゆん at 2017年03月16日 09:17
> SARAさん

 いやあ、僕はご存知の通り、自分の想いを漏れなく伝えたい男なんで、行間を読ませるような文章は性格的に難しいですね。 誤解もされたくないですし。
 まあ、嫌味を言う時くらいですね(苦笑)
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月16日 12:29
> ゆんゆんさん

 『日本で最高のスポーツマン』と言ってられましたね。 その通りだと思います。

 氷上で無くてもTVとかバラエティーとかで観掛けてもクギヅケでは無いですか?(笑)

 僕はね、お解りだとは思いますが、喧嘩好きなんですよ。 きっと(笑)
 ただ、負ける喧嘩はしたくないので、勝てなくても負けないように、色々逃げ道を作ったりしますが(笑)
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月16日 12:33
今更どうでもいい話なんだけど、あえて。
以前、小川さんとやり合った時、彼がちゃんちゃん様に対して
『前から俺のコメントに対して否定的だったね。○○さんが諌めてくれたけど(意訳)』
これに対してちゃんちゃん様は
『覚えてないですが、僕が貴方を気に入らないのは本当です』と返したよね。

あの時、そんなやり取りあったかなあ?と遡って読んだんだけど。当該箇所見つからず(笑)
ちゃんちゃん様って、やっぱり素直で大らかだなあ、と笑ったわ^^潔いというか。

小川さんも、今でも賑やかしでコメントしてくれる貴重な方で。有り難いのは確か。
黒猫さま、本当にどうされたんでしょうね…
寂しいね。

Posted by SARA at 2017年03月16日 14:41
そんなやりとり有りましたっけ?(笑)
でもそう返したのなら僕らしいですね。
本当に憶えて無かったのだと思いますが、全然いつのことか解りませんし、わざわざその部分を捜しても解らないだろうと判断したのでしょう。相手がそうい言うのだからたぶん僕は言ったんだろうと。それに本当に好きで無いのは事実ですし、相手にもそう伝わってると思ったので僕には嘘をつく理由も無かったのでしょう。

素直というか、ネット世界では気は遣っても余計な遠慮はしない、相手にも自分にも嘘はつかない、そういう自分で居たいという気持ちが有ります。
クレーム対応という仕事柄、嘘は絶対にいけないという想いも有りますし。
その根本的な自分ルールの中でもリアルでは会社が損しないように色々駆け引きもしますが、別にあちらのコメント欄でそこまでの駆け引きも必要無いですからね。相手がバルタン一派ならともかく。正直、何も考えて無かったというか、余計な駆け引きするのが面倒だったんだと思います(笑)

黒猫さんも自分の人生が有りますからね。
あのブログ運営では多くの敵も作られたでしょうし、リアルでも被害も有ったそうですし、一大ムーブメントを起こして下さったことだけで充分です。またやりたくなられたら再開して貰えたら嬉しいな、程度に考えています。
Posted by ちゃんちゃん at 2017年03月16日 23:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック