2017年11月10日

まさに”スーパーお婆ちゃん” 81歳女性アスリートが世界記録更新

 ちょっとびっくりするくらいの凄いタイムですね
 
 
 3000m走で世界新 81歳”スーパー婆ちゃん”(新潮社)

 御年81歳のアスリートが、世界記録更新──。

 中野陽子選手である。陸上全日本マスターズ選手権(10月27日~29日、和歌山市・紀三井寺公園陸上競技場)の初日に行われた
3000メートル走(80~84歳)で、14分27秒49を叩き出し自身の世界記録を約20秒更新したのだ。

 大会関係者が驚く。

「彼女はスタートから7周目までは、1周2分弱のペースを保っていましたが、最後の半周で、いきなりペースを上げてきました」

 しかも、

「レース直後も特に息切れすることもなく、淡々とされていましたね」(同)

 実は彼女、マラソン界では、知る人ぞ知る“レジェンド”なのだという。

 マラソン雑誌記者の話。

「もともと彼女はアスリートでもなんでもなく、洋裁店を営んでいた一般人。スポーツは、スキーを趣味でやっていたくらいなんです」

 ところが、

「70歳になったのを機に、“新しい趣味を”と、フルマラソンに挑戦
こつこつ練習を重ね実力を付け、サブフォー(4時間を切ること)を達成しました」(同)

 今年の東京マラソンでは、4時間11分45で、クラス世界記録を更新している

 当のご本人に、今回の快挙の感想を伺うと、

「最後、少し速く走り過ぎましたね。記録を塗り替えるのが大変になりました」

 と、笑った上で、

私はマラソンがメインなので、3000メートル走はそれに向けての練習なんです無理せず、楽しく、練習を続けるのが、記録を伸ばすコツですかね」

 さらに、

「実は今日(10月29日)も茨城の水戸でフルマラソンを走ってきたところなんですよ。タイムは4時間35分4秒とまずまず。ただ、大雨でずぶ濡れになり、さすがに寒かったですけど」

 大田区在住。週に3~4回、多摩川沿いを走り込む。
(引用終り)


 マジで凄い

 キロ5分なんて軽く切っちゃってますもんね
 先日の高校駅伝大阪予選会でも同じ3kmの区間が有りますが、この方より遅い少女が結構居ますよ。 頑張れよ! スポーツ少女達!!
 まあかくいう僕も、フルマラソンでサブ4できていないんだから、フルの距離では僕の方が遅い。
 女子高生達のことは言えないか
 
 ちなみにこの中野陽子さん、手元に有った全日本マラソンランキングを確認してみると、当たり前と言えば当たり前ですが、その年代のランキング1位でした。 しかも当然ぶっちぎり。 まあ、完走者は2名だけですが
 2016年度のランキングでは81歳で2位に3時間40分以上の大差を付けています。 81歳ですが、74歳以上の対象大会全ての大会の完走者の中で1位でした。 2015年度のランキングでは80歳で1位。 他の完走者は0 80歳ですが、76歳以上で1位でした。
 

posted by ちゃんちゃん at 23:51| 大阪 ☀| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当、凄いの一言ですね。
キャリア10年でこれ程早くなるって、何をどうしたらこんなになれるんでしょうね。

この人の真似は出来ないにしても、マラソンは生涯を掛けて取り組める趣味なのだということはよく分かりました。
地道に頑張っていきましょう。
Posted by プー at 2017年11月12日 14:20
70歳からの10年ですからねぇ。
40歳からの10年とは訳が違いますよね。

まあ、各人それぞれ、身の丈に合った頑張りで良いのでは無いでしょうか。

僕はいつまで続けられるかは解りませんが、とりあえず今日の10kmで目標に届かなかったので、10kmは引退できなくなりました(苦笑)
Posted by ちゃんちゃん at 2017年11月12日 14:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください