2017年11月11日

フィギュアスケートGPシリーズ2017:第4戦NHK杯

 長洲未来、頑張れ!!
 
 
 男子は羽生選手が不出場となって非常に残念でしたが、どの選手も日本の国籍関係無い応援が嬉しいのか、笑顔が多かったのが印象的でした。 気持ち良さそうに演技している選手が多かったように思います
 優勝したボロノフ選手が演技終了後に日本語で『ツカレタ』と言っていたのが笑えました
 男子ではあと、バシリエフス選手のFS演技終盤、観客もノッて来て、凄く盛り上がったのが印象的でした

 女子はもうやる前から1位と2位は決まっているようなものでしたから勝負という意味では面白くもなんとも有りませんでしたが、長洲選手が今回も3Aを降りてくれたのは嬉しかったです
 特に長洲選手のSPは演技開始から終了まで、特別に気迫がこもっていたように思います。 今日のFSも良かったです。
 あとSPではマライア・ベル選手の演技が凄く音楽に合っていて良かったです。
 FSではレオノワ選手、ノーミス良かったです。 涙していましたね。
 あれだけの演技でもメドベデワ選手とはPCSで12.68もの大差が付けられています
 4F1本分の差? アホらし
 もしもPCSを”表現力”だと言うなら、レオノワ選手の方が上では無いですかね?
 PE・INはレオノワ選手の方が上でも良いと思うのですが? 万人が納得の行くような説明をできる人はこの世に居ないのかね?
 
 ちなみに先週の中国杯、FSは深夜放送でしたが何故か録画できておらず観れずでした

 さあ、明日はいよいよ僕自身の今季開幕戦です。
 僕も頑張るぞ!!
 
posted by ちゃんちゃん at 21:41| 大阪 ☁| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください