2018年01月01日

浅田姉妹の絆に感動 : KYOKUGEN

 昨夜放送の『KTOKUGEN』、録画していて、さきほど観ました。

 今回の企画、真央ちゃんが姉・舞さんの為に滑るというものだったんですね。
 姉妹で同じ競技をしていたがための苦悩とか、想像してはいましたが、おそらく他人には本当の意味では理解はできないレベルのものだったのでは無いかと思います。
 真央ちゃんと舞さんが、さらに姉妹の絆を深める企画になったようで本当に良かったです
 
 
 浅田真央さん「忘れられない日に」 感動の「舞&真央」舞台裏2ショット公開に反響(THE ANSWER)

大晦日の番組で姉・舞さんに届ける生演技…SNS報告「忘れられない日になりました」

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央さんが1日、インスタグラムを更新。大晦日放送のテレビ番組で姉・舞さんに向け、感動の生演技を披露した真央さんは「自分にとって忘れられない日になりました」と振り返り、“舞台裏”の舞さんとの2ショットを掲載し、反響を呼んでいる。

 真央さんはこの日、インスタグラムを投稿。「明けましておめでとうございます」と挨拶すると「2017年は、色んな場所に行き、たくさんの事を経験させてもらい、あっという間に過ぎてしまった一年でした」と回想。さらに「昨日は、自分にとって忘れられない日になりました」とつづり、4枚の写真を掲載した。

 真央さんは大晦日放送のTBS系「KYOKUGEN」に出演し、姉・舞さんに向け、生演技を披露。「Kiroro」の曲に合わせて演技を終えた後は、涙で抱擁し、フィギュアファンに感動を呼んだが、画像では淡いピンクと紫の衣装姿のまま、リンク上で頬を寄せ合い、笑顔を並べた2ショット写真を掲載している。

 投稿では「今までの感謝の気持ちを、舞に伝える事が出来たと思います」と振り返り、さらに「Kiroro」ら関係者への感謝を記述。感動が甦ったファンから「テレビを見て泣きました」「とても感動しました」など、反響を呼んでいた。

 現役引退して初めて迎えた新年。「2018年は、各地を回り、皆さんに感謝の滑りを送りたいです!お会いできるのを楽しみにしています。今年も応援宜しくお願い致します」と抱負をつづった真央さん。希代の名スケーターは今年もファンに笑顔を届けてくれそうだ。
(引用終わり)


 真央ちゃんが舞さんとのことを語る時の涙と、演技中の柔らかな、そしてとても優しい表情が印象的でしたね。
 曲も一部の真央ちゃんファンは予想されていたKiroroさんの『未来』ということで、とても浅田一家の歴史に合った歌詞で涙を誘いました。 実は僕はなんとか涙を我慢したのですが
 舞さんは泣きっ放しで、目が腫れぼったくなっていましたね。 そりゃ泣くわなぁ~

 それと、真央ちゃんはジャンプも跳んでいましたね。
 ホノルルマラソンで膝を痛めたのでは無いか? という情報も有りましたので心配していましたが、大事で無いようで良かったです。 とはいえ、悪くならないように、ショーとかの予定が無いなら練習とかもほどほどにしていただければと思います

 真央ちゃんの新企画では『各地を廻って感謝の滑りを』と記事中にも有りますが、感謝の気持ちを伝えなければならないのはどう考えてもこちらの方なのにね・・・
 この前の浅田真央展では時間が無さ過ぎて気持ちを全部伝え切れていないので、一度手紙でも書いてみるかな・・・
 でもどこに出したら良いんだろ?
 
posted by ちゃんちゃん at 18:07| 大阪 ☀| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SNSはインスタのみですから、コメントを書くとしても長文はアウト(ダメなわけではありませんけど)ですし、手紙の方がいいと思います。

〒106-0032 東京都港区六本木7-18-18 住友不動産六本木通ビル7F IMG気付 浅田真央宛

返事は貰えるかどうかはわかりませんが、そこは真央ちゃんの負担にならないように、一方的な感じですけど、送るだけの気持ちで書いた方がいいのではないでしょうか。
Posted by 回線問屋 at 2018年01月02日 04:45
自分で調べようと思っていましたが、先にご紹介いただき、ありがとうございます。
やはりIMGなんですね。

僕はどのみちインスタはやってないのでコメントできないですし、スパムコメントも多くて読んでいただくことさえできないでしょうし、あそこにコメントするのはあまり意味が無いかなと思っています。
やはり手紙が良いですね。
ただ僕は字が汚いので、エクセルか何かで書くことになります。気持ちが伝わりにくいのが残念ですが。

もちろん回線問屋さんの奥様のように羽生君から返事が来るなどという奇跡が起こることを願わないわけでは無いですが、とにかく気持ちを伝えたいという想いが強いですので、読んでいただけさえすれば幸せというつもりで書きたいと思います。
Posted by ちゃんちゃん at 2018年01月02日 10:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください