2018年01月11日

動物愛護精神もここまで行ったら行き過ぎだ : スイスの動物愛護法改正について

 何にしても行き過ぎは良く無いね
 
 
 ロブスター、生きたままゆでては駄目 スイスが動物愛護法改正(AFP)

【1月11日 AFP】スイス政府は10日、暴れるロブスターを熱湯に放り込む従来の調理法を禁じ、事前に気絶させてから絶命させることを義務づけた。動物保護法の全面的な見直しに伴う措置で3月1日から適用される。

 ロブスターを生きたまま熱湯に入れる調理法はこれまでレストランで一般的だったが、今回の法改正によりロブスターは「死ぬ前に気絶していなければならない」とされた。スイスの公共放送局(RTS)によると、気絶させる方法も電気ショックか機械を使った「脳の破壊」しか認められないという。

 動物の権利活動家や一部の科学者は、ロブスターやその他の甲殻類は高度な神経系を持っており、生きたまま熱湯でゆでられると激しい痛みを感じると主張している。

 改正法ではこのほか、生きたロブスターを含む海産甲殻類を氷詰めにしたり氷水に入れたりして輸送することも禁止し、「常に自然の状態に保たなくてはならない」ともされた。
(引用終り)


 こんなこと言ってたらキリ無いよね?
 バカじゃないの? としか思えない

 このニュースについたコメント欄にはもっともだと思えるような意見が多く付いた。

 『狩猟はどうなる? いきなり殺してるけど。』
 『動物愛護なら食べなきゃいい』
 『活き作りもアウトだし、踊り食いはもってのほかって事か。 生牡蠣はどういった扱いになるのか』
 『貝類は?』
 『サザエのつぼ焼きは?』
 『「釣り」なんて全面的に禁止だよね』
 『釜揚げシラスはどうなる?』
 『釣りで使う餌の海老も生きたまま使ってはダメなのかな?』
 『愛護団体の自己満足では?』

 記事の最後に、『苦しまない状態で輸送しなければならない』的なことも書いてましたが、輸送コストがかかって仕方無いですよね。

 もちろん、食べる際にわざわざいたぶって殺してから食べるなんてことが有るならもってのほかだと思うけど、普通の調理って、わざわざそんなやり方しないでしょ?
 時代を経て、美味しくいただく方法を見付けて来た人間なのに、こんなこと言ってたら美味しくいただくことができなくなって来ますよね。 これって先人の努力に対する冒涜行為だとも言えるように思えます。

 あと、こんなコメントも有りました。

 『間違えても押し付けないでね』

 本当にこれにつきます。
 自分達のルールを他者に押し付けるのは勘弁して欲しい。

 このような法律は、『偽善的法律』にほかならないと思います。
 
 



posted by ちゃんちゃん at 18:40| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください