2018年02月12日

長洲未来が史上3人目の五輪でのトリプルアクセル成功!! : 平昌オリンピック フィギュアスケート団体女子FS

 長洲選手、団体銅メダルもおめでとう!!
 個人でもメダル奪取だ!!
 
 
 彼女の言葉がまたいちいち嬉しい


 長洲未来「浅田真央さんみたいなすごいジャンプを」五輪史上3人目のトリプルアクセル成功(スポーツ報知)

 ◆平昌五輪第4日 ▽フィギュアスケート団体女子フリー(12日・江陵アイスアリーナ)

 平昌五輪フィギュアスケート団体女子フリーで米国の長洲未来(24)が3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を成功させた。加点1・57点がつく美しいジャンプで137・53点の自己ベストをマークし、2位に食い込んだ。五輪でのトリプルアクセル成功は1992年アルベールビル大会の伊藤みどり、10年バンクーバー、14年ソチ大会の浅田真央に次いで3人目。米国人では初の快挙。

 4位でメダルに届かなかった2010年のバンクーバー五輪で、浅田真央のトリプルアクセルに心を奪われた。

 「8年前に浅田真央さんが、プレッシャーがかかる五輪の舞台で決めていてすごいなと思った。浅田真央さんみたいに自分も、そういうすごいジャンプをやりたいと思った。五輪の舞台で跳べてすごくうれしい」

 前回のソチ五輪は代表入りを逃した。1月の全米選手権で2位に入り、8年ぶり2度目の五輪切符をつかみ取った。

 「スケーターの人生は本当に短い。私は24歳になってやっとトリプルアクセルを跳べるようになった。ソチの涙を使って、頑張ってきた。私は選手として『トシ』って言われるけど、他の選手も諦めないで」。日本人の両親を持つ長洲は日本語でユーモアたっぷりに、スケーターたちにエールを送った。
(引用終わり)


 彼女のバンクーバーでの素晴らしい演技も記憶に残っていますが、あれから8年が経過し、24歳となってついに3Aをモノにしたというのは本当に凄い。 大変な努力が有っただろうことは聞くまでも無いこと。 加点も1.57も付いた。 きっと真央ちゃんも喜んでいると思うよ


 ついに日本人以外が五輪で3Aを成功させたか・・・ と思っているとこんなニュースが・・・


 長洲未来、トリプルアクセルは「日本の伝統」 ”2つの母国”に込めた24歳の誇り(THE ANSWER)

日本出身の両親を持つ24歳、浅田真央さん以来の快挙「誰も私から奪い去れない」

 平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーが行われ、米国が銅メダルを獲得した。女子シングルで長洲未来は135.53点の自己ベストを叩き出し、2位に躍進。五輪史上3人目の成功となったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に対して「日本の伝統」と胸を張ったという。米地元紙「ワシントン・ポスト」が伝えている。

 その瞬間、真っ赤な衣装に身を包んだ長洲が集中力を研ぎ澄ませた。「ミス・サイゴン」のメロディーに身を任せながら、トリプルアクセル。美しい螺旋から完璧な着氷を決めると、江陵アイスアレーナはどよめきと歓声に包まれた。冬季五輪史上3人目となる快挙に対し、歓喜は抑えきれなかった。

「歴史的なこと。これは誰も私から奪い去れない。私はアメリカに誇りをもたらしたかった」

 記事によると、こう語ったという長洲。最終演技のアリーナ・ザギトワ(OAR)に逆転されたが、2大会ぶりの五輪の舞台で堂々の自己ベストをマーク。「ミドリ・イトウ、マオ・アサダ、そして今、ミライ・ナガス。全てが日本の伝統です」と話すと、長洲は誇らしげに笑顔を浮かべたという。
.

米国の国旗を背負い戦う意味「3Aに着氷する最初のアメリカ人になりたかった」

 五輪のトリプルアクセル成功は過去2人。伊藤みどりは1992年アルベールビル大会で、浅田真央は10年バンクーバー大会と14年ソチ大会で成功させている。日本出身の両親を持つ長洲にとって、3回転半ジャンプは日本のレジェンド2人から継承した偉業となった。

 日本語も話す24歳は日本代表としてプレーする可能性もあった。だが、生まれ育った米国の国旗を背負うことを決めた。長洲はこうも語ったという。

「私はアメリカ人でいることを幸運だと考えています。だから、トリプルアクセルに着氷する最初のアメリカ人女子になりたかった。今日は自分にとっては目標を達成した日になりました」

 転倒によるあざ、痛みの日々を乗り越え、五輪という歴史的な舞台で成し遂げたトリプルアクセルは、“2つの母国”を持つ長洲にとってかけがえのない金字塔となった。
(引用終わり)


 長洲選手がこのように言ってくれて、先人達を敬う日本人らしい精神もうかがえ、日本人として心から嬉しい
 次の五輪での3A成功者は果たして誰だろうか? 紀平選手でしょうか?
 日本人なら嬉しいですが、外国人で有っても、何よりこういう精神を持った選手に夢を叶えて欲しい。


 ちなみにこの長洲選手の演技終了後、リッポン選手が涙ぐんでいましたね。
 リッポン選手も難度は落としたけれども素晴らしい演技でした。

 チャン選手は団体で金メダルを獲った事で個人では少しプレッシャーから逃れられるかもしれませんので、思ったより強敵になりそうですね。
 羽生選手も平昌入りしましたが、顔は少し痩せたように見えました。
 羽生選手と宇野選手にはここ一番での完璧な演技を魅せていただきたい。
 
posted by ちゃんちゃん at 20:14| 大阪 ☁| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください