2018年03月24日

男子も友野の会心の演技と宇野の魂の演技で3枠確保!! : 世界フィギュアスケート選手権男子シングル

 ある意味まさかの3枠確保。

 友人が言っていましたが、五輪シーズンのワールドはもう無しにするのが妥当のように思う。
 
 
 友野君の会心の演技も嬉しかったですが、宇野君の魂の演技にも感動しました


 宇野昌麿 転んでも転んでも・・・最後まで攻め抜いた2位「何とか耐えられた」(スポニチANEX)

 ◇フィギュアスケート世界選手権最終日・男子フリー(2018年3月24日 イタリア・ミラノ)

 転んでも転んでも、最後まで攻め抜いた。平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)はジャンプが決まらず、合計273.77点で2年連続の2位に終わった。

 「最後まで滑りきれたという気持ちでいっぱい。何とか耐えられたのは練習の成果」。新調したスケート靴が合わず右足甲を痛めていた。ただそれは言い訳にはしなかった。「足の状態は昨日から良くなってスケートに影響はなかった。自分の調整ミスというか失敗が多かった」と振り返った。

 SP首位のネイサン・チェン(米国)とは7.68点差。右足甲を痛めている影響もありSP5位と出遅れた宇野は逆転優勝に向け、銀メダルを獲得した平昌五輪と同じプログラムでフリーに臨んだ。

 しかし、冒頭、4回転ループ、4回転フリップと立て続けに失敗すると、ケガの影響からかその後もジャンプの着氷が乱れ、得点を伸ばせなかった。

 ただ、右足首を痛めている羽生結弦(ANA)に代わって出場した友野一希(19=同大)の頑張りもあって来年3月にさいたま市で行われる世界選手権の日本3枠は死守した。

 「何とか耐えられたのは練習の成果。これを力に変えられれば」と五輪シーズンを締めくくる滑りを今後の糧にする。
(引用終わり)


 宇野選手が演技をする段階で友野選手が2位でした。
 僕は『宇野君は無理して4Loや4Fに挑まなくても3枠は充分獲れる! だから無理するな!!』と画面に向かって語りかけていました。
 しかし宇野君は4Loにも4Fにも挑みました。 そしてどちらも転倒・・・
 後半の4Tで3度目の転倒をした段階で、『これはもうダメだ・・・』と思いましたが、その後が凄かった 4T+2T、3A+1Lo+3F、3S+3Tと連続のコンビ3発を全てクリーンに決め、自爆合戦となってしまった中で唯一人ふんばったと言えると思います。 正直まさかの銀メダルでしたが、本当におめでとうと言いたい。 本当に、最後は感動しました 観客も凄く暖かかったですね。 転倒を繰り返しても暖かい拍手が宇野君を後押ししてくれたように思います。 3枠確保にはこの暖かい観客の皆さんも貢献してくれたかもしれませんね

 自爆合戦の中でも特に観ていて辛かったのはボーヤン選手。
 なんと5度の転倒で減点がなんと『9』。 こんなのは初めて観ました。
 SP4位からFSブービーでなんと総合19位に沈みました。
 それとゾウ選手。 4回転5本が全て回転不足で内2本はリピートでさらに基礎点が減点。 転倒も3つで減点4。 SP3位からFS19位で総合14位でした。

 そんな中、SP11位だった友野選手が素晴らしい演技を魅せてFS3位で総合5位に喰い込みました。
 スモールメダルですが銅メダルも獲得、おめでとうございます!!
 3枠確保にも大きく貢献してくれました。 ありがとうございました!!

 優勝は最終グループで唯一人転倒の無かったチェン選手。
 なんと4回転を6回降りてブッチギリの優勝でした。
 宇野君の金メダルがかかっていましたが、もうただ応援するしか有りませんでしたよ。
 本当に見事でしたね。 少しは五輪の悔しさを晴らせたでしょうか? ワールド初優勝、おめでとうございます!!

 あと、凄く良かったのはヴァシリエフス選手。
 4回転こそ有りませんが、凄く音楽に合った良い演技で凄く盛り上がりました。
 コレオシークエンスの最後が音楽にバシっと合って動きを止めたところが凄く良かったです
 ランビエールコーチも大喜びでしたね

 それにしても男子も女子に続き壮絶な自爆合戦になってしまいました。
 高難度化ということも有りますが、女子に関してはそういう理由だとは思えません。 やはり五輪の直後だからだと言えるように思います。
 来季はジャンプの回数減少(男子)やジャンプの基礎点減少が噂されており、怪我の防止の抑制の意味でも高難度化に歯止めがかかるかもしれませんが、そうなるとスポーツとしてのフィギュアは衰退してしまいますので僕は反対です。 ただ、やはり五輪シーズンのワールドは必要無いなと、今回の男女の自爆合戦で強く思いました。
 
posted by ちゃんちゃん at 23:19| 大阪 ☀| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
友野くんの会心の演技のおかげで最終グループが始まった時には枠の心配はしていませんでした。
「しょ~ま無理すんなよ!」と思いながら観ましたが、SP後のコメント通り攻めましたね。
後半のリカバリーは本当に凄かった。
ポロポロ涙を流しながらのインタビューもグッときました。
また良いこと言うもんだからこっちまで泣けてきました。
ますますしょ~まが好きになりました。(笑

男子も女子もここまでの自爆大会は初めて見たような気がします。
たしかに五輪シーズンのワールドはいらないのかもしれませんが?
でも、もし無かったとしたらバンクーバー後とソチ後のワールドでの真央ちゃんのリベンジ優勝も無かったわけで・・・
枠取りを五輪に変更っていう方法もアリかなとも思えます。
そうすれば各国とも五輪選手を休ませることもできますし。
Posted by Mizo at 2018年03月25日 19:29
そうですね。
僕も絶望的だと思っていた3枠が見えて、『宇野君はループとフリップを入れずにまとめれば確実に枠が取れる』と思ったので、3度目の転倒をした時には『ヤバイかも・・・』と思いましたが、コンビ3本を完璧に決めましたね。後続が次々と自爆したことでまさかの銀メダルにもなりましたし。
両目から流れて頬を伝った2粒の涙は美しかったですね。

確かに五輪シーズンのワールドが無かったら真央ちゃんのリベンジは無かったですね。
でも枠獲りを五輪にしてしまうと、それもまた余計な負担を選手に課すことになるような気もしますので、それもどうだろう?とは思ってしまいます。
Posted by ちゃんちゃん at 2018年03月25日 23:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください