2018年10月08日

大迫傑がマラソン日本記録を更新!! : シカゴ・マラソン

 今年2月の東京マラソンで設楽悠太が更新した記録を、僅か8ヶ月で大迫傑がさらに更新!

 今後さらに切磋琢磨し、さらなる記録更新を期待したい
 
 
 大迫、日本新で3位=日本人初の2時間5分台-シカゴ・マラソン(JIJI.COM)

 【シカゴ時事】シカゴ・マラソンは7日、シカゴの市街地コースで行われ、男子は大迫傑(ナイキ)が2時間5分50秒の日本新記録で3位に入った。2月の東京マラソンで設楽悠太(ホンダ)が出した2時間6分11秒を21秒塗り替えた。

 ロンドン、リオデジャネイロ両五輪でトラック長距離2冠のモハメド・ファラー(英国)が2時間5分11秒でマラソン本格転向後初勝利を挙げた。

 男子の日本勢では、8位の藤本拓(トヨタ自動車)が東京五輪代表選考会として19年に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得。川内優輝(埼玉県庁)は19位だった。女子はブリジット・コスゲイ(ケニア)が2時間18分35秒で制した。
(引用終わり)


 さすがにファラーに勝つまではいかなかったものの、そのレース内容にも大迫傑の世界と戦える強さが光っていました。
 大迫のスプリットタイムに注目。

   0- 5km 14:53
   5-10km 15:19
  10-15km 14:55
  15-20km 14:44
  20-25km 15:28
  25-30km 14:27
  30-35km 14:31
  35-40km 14:42
  40-GOAL  6:51

 ペースの上下にも動じず、35kmまではトップ集団に喰らい付いていたことは大きい。
 20-25kmのスプリットから、25-30kmのスプリットは1分以上も速くなったにも関わらず対応した。 さらにそのペースを維持したまま35kmまでついて行ったことは大きい。
 ちなみに前半、後半のタイムは以下の通り。

  前半ハーフ 1:03:04
  後半ハーフ 1:02:46

 レース展開も有ったとは思うが、結果的にネガティヴ・スプリットになっている。
 風が強く、けして楽なコンディションでは無かったと聞くからまた今後を期待してしまう。


 是非来年の東京マラソンで、設楽悠太や井上大仁と争ってさらなる記録更新を期待したい。
 さらなる上積みができれば東京五輪でのメダルが本当に見えて来そうだ。

 ちなみに東京マラソンで大迫が再び日本記録を更新しても、1億円は貰えない
 
posted by ちゃんちゃん at 21:52| 大阪 ☁| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テレビで中継なく見てないですが、
本当に凄いしおめでたいです。

今年記録更新が続きますね。
去年までの高尾さんにも会いましたが
今年大迫選手と設楽選手も応援間近しました。
Posted by ちょび at 2018年10月08日 22:09
BSでは放送有ったみたいですね。
ネットから途中経過は拾えただろうと思いますが、僕は今日の仕事に備えて早目に寝たため、友人からのメールで知りました。

確かちょびさんは大迫選手をクロカンで応援されていましたね。
僕は日本記録保持者なら、小林祐梨子さんくらいですかね。。。
今年の篠山マラソンでスパっと抜かれました(笑)
Posted by ちゃんちゃん at 2018年10月08日 22:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください