2018年12月24日

本当に4枠が欲しい!! 激闘! 第86回全日本フィギュアスケート選手権女子FS

 本当に久しぶりにブログを書く意欲を掻き立てられる女子FSでした。
 そんな激闘を制したのは坂本花織!!
 プレッシャーのかかる最終滑走であの演技、文句無しの全日本初制覇でした!
 おめでとうございます!!
 
 
 紀平選手、三原選手、宮原選手と素晴らしい演技が続いた中での最終滑走、それだけに滑走前は凄い緊張の面持ちだったように見えましたが、その中でのあの見事な演技、本当に素晴らしかったです。 本当にプレッシャーに強い選手ですね。 羨ましい

 しかし自身が素晴らしい演技をしたことで、仲良しの三原選手を代表から蹴落とすことになってしまいました。
 その三原選手が僕は女子FSのベスト演技だったと思っています。
 演技終了直後のガッツポーズ、得点発表後の表情、とても可愛らしかったです。 素晴らしい演技、おめでとうと心から言いたいです。
 ですが僕は採点が不満です。 宮原選手、坂本選手、紀平選手に比べるとPCSが低過ぎます。 いや、69.77点ですから、充分高いんですよ。 でも他の3選手と差が有り過ぎます。
 回転不足判定がさらに厳しくなった今季、全日本は比較的甘かったような気がしますが、申し訳有りませんが宮原選手に甘かったような気がします。 SPの3LzとFSの単独の3Lzはアンダーローテーションだったと思います。 特にFSの認定は甘かった。 PCSも考慮すれば、僕は3位は三原選手だったと思います。
 いや、宮原選手もミスは有ったものの素晴らしい演技だったと思っているんですよ。 ジャンプは相変わらず低いですが、回転不足の無いクリーンなジャンプがほとんどでした。 SPもFSも今季はなかなか良いプログラムで、女王らしい大きな盛り上がりは称賛に値します。 しかし、それでも今回は三原選手を上にすべきだったと僕が考えるだけです。
 三原選手、せめて四大陸には派遣してあげて欲しいです・・・
 本当に女子は4枠が欲しいです・・・

 紀平選手は3A2本を見事に決めて追い上げました。
 紀平選手もプレッシャーに強いですね。
 でも一番凄いと思ったのは驚異的なリカバリー能力です。
 終盤の3Lz+2T+2Loの予定だったと思うのですが、3Lzの着氷でオーバーターンが入ってしまい、とっさにそれを1Euっぽく見せて2Sを付けました。 あれは本当に凄いと思います
 もっと欲張れば、最後の3Sに2T+2Loを付けた方が良かったと思いますが、あの機転は素晴らしいですね。 頭も相当に良いのでしょう。
 もう紀平選手初優勝だと思ってしまいましたが、坂本選手には上を行かれてしまいました。 来年以降もハイレベルな闘いが観れそうで、まだしばらくは女子は面白そうですね。

 上位4選手が素晴らしかったので少し霞んでしまいましたが、影のMVPは3Aを2本決めた細田選手でしょう。
 23歳での3A成功、実に素晴らしいです。 クオリティも高かった。 PCSはトップの宮原選手とは22点も差が有って腹立たしいですが
 ずっと言っていますが、このレベルの選手の中でこれほどまでに差を付けるのは付け過ぎです。 これではいくら高難度ジャンプを跳んでも逆転のしようが有りません。 オリンピック競技で有る以上、曖昧なPCSでここまで差を付けるべきでは無いと思います。

 他の選手の中では、山下真瑚選手が良かったです。 何より可愛い
 来季も楽しみです
 あと横井ゆは菜選手も良かったです。

 白岩優奈選手も悪くは無かったですが、クラウドファウンディングで活動資金を集めている以上、もう少し上の結果が欲しかったことでしょう。 ことごとく回転不足を取られ、思った通りごっそりとTESを下げられてしまいました。 オフはこの部分を改善し、来季はもっと上で活躍して欲しいです。

 最後にフジテレビに文句をひとつ。
 全日本はここまで地上波では全ての演技をライブ放送しましたが、女子FSでは本田真凜選手の演技をわざわざVTRで放送しました。
 あの放送は必要でしたか?
 他に放送すべき演技が有ったんじゃないですか?
 なのに何故あの演技を流したのですか?
 こういう特別扱いが無用なアンチを産み、本田選手、ひいては本田一家を苦しめるんですよ。
 ちょっと考えたらどうですか?
 マスコミの傲慢ですか?
 いい加減にしとけ!! ホンマに・・・

 はあ、ホンマに腹立つ・・・


 さて、気持ちを切り替えて今夜の男子FS。
 宇野君は無理しないで欲しいです。
 宇野君もおそらく出場しなくても世界選手権に選考されるでしょうし。
 羽生君のように蛮勇をもって怪我を悪化させたわけでは有りません。 個人的には羽生君より宇野君の方が選出される資格が有ると思っています。 無理して出場して怪我を悪化させるくらいなら、ここは勇気を持って自重して欲しいと思います。

 注目は山本草太選手。 昨年を少しでも超える演技ができることを祈りたいです。
 あとジュニアの島田高志郎選手、友野選手にも注目です。
 もちろん高橋選手も
 
posted by ちゃんちゃん at 10:26| 大阪 ☀| Comment(9) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々にフィギュアの中継をLIVEで見ました。(後半グループだけですが・・・)
かおちゃんの演技が終了した瞬間に私は優勝を確信したので、TVの前で「かおちゃん、おめでとう~!」と叫んでました。(笑
あの状況であの演技が出来るっていうのは本当にハートが強いんだと思います。

私も舞依ちゃんが3位だったと思います。
優勝は紀平に譲るけど、表彰台は確保させるよ!って意図がアリアリだったかと。
でも世界の舞台でロシア娘と戦えるのは舞依ちゃんのほうだと思うんですよね。
四大陸でスケ連のやつらに見せ付けてやってもらいたいです。

今回はプロトコルをチェックしてなかったんですが、細田選手のPCSはそんなに低かったんですか・・・?
羽生くんのPCSが高騰した時に、「難しいジャンプが跳べるってことはスケート技術が高いってことだからSSが高い点になる。」みたいな説明がなされていませんでしたっけ?
じゃあ3A跳べる細田選手のSSは高得点にしなきゃいけないんじゃ?
ここでもスケ連のダブルスタンダードが出ましたね。
まあ、真央ちゃんの時代からさんざん見て来た光景ですが。

それにしても4位まで関西勢が独占とは!
真央ちゃん、美姫ちゃん、かなちゃん、あっこ姉さんが争ってた名古屋の時代はもう昔話なんでしょうか?(笑

話はそれますが、サンクスツアーのレポートを遅ればせながらブログにアップしました。
ちょっと写真集めに手間取りまして・・・
Posted by Mizo at 2018年12月25日 19:41
Mizoさんも坂本選手の演技終了時点で優勝を確信されましたか。僕もです。
紀平選手も『負けた』という表情でしたよね。
昨年も五輪がかかっての最終滑走での好演技でしたが、本当にハートが強いと思いました。

三原選手と宮原選手の順位も僕と同意見でしたか。
そこは微妙ですし、色々な意見が有って良いとは思いますが、PCSの差が大き過ぎるという意見だけは僕は曲げられないです。もちろん宮原選手の女王の意地を見せた演技も素晴らしかったと思っていますが。

細田選手のPCSはそんなんでした。
まあ、トップ選手に比べれば繋ぎも薄く、やはりジャンプ・ジャンプだとは思いますが、それでもあの差は大き過ぎると思います。

>「難しいジャンプが跳べるってことはスケート技術が高いってことだからSSが高い点になる。」みたいな説明がなされていませんでしたっけ?

どこの誰が言ったかまでは忘れましたが、確かにそういう意見は有りましたね。
あと意味不明なSS基準とか。そんなルールや取決めはこの世に無いのに(呆)
Posted by ちゃんちゃん at 2018年12月25日 21:18
PCSって本来はベテラン選手を守るものだったと思うんです。
実績を積み重ねて徐々に上がっていき、ちょっとした失敗では若手には逆転されないっていう。
まあ、若手とベテランでは濃度が違うのは確かですしね。
PCSでは上なんだろうけど、羽生くんの演技より大ちゃんのほうが濃度は濃いんでPCSが高くてもいいはずなんですが。

あの銀河点女王が現れてからPCSは順位操作の道具と化したと思います。
シニアに上がっていきなり真央ちゃんより高いPCSとかありえないってことですね。
でも、その方程式だと実績のある宮原さんは高くて、最近3Aを飛び始めた細田さんが低いのは当然ってなっちゃいますよね。
う~ん、難しいな~。
細田さんはFSでは3Aを2本決めたけど、2Aも2本跳んでるんですよね。
確かに規定違反ではないけど2Aじゃなく他の三回転に挑んでもらいたかったという印象はあります。
アクセルが得意なんで確実性を重視したのかもしれませんが。
でもそれだったらPCSが低いのは当然なのかも?
女子FSの録画がまたまたカミさんに消されてたので検証が出来ませんが。(笑
Posted by Mizo at 2018年12月25日 22:56
それと、ちゃんちゃんさんはフジテレビの中継にご不満のようですが、私はよくやったと思います
前半グループはBSだったとはいえ、全員を生中継したのはアッパレだと思います。
男子SPでは実況が鈴木アナで解説が小塚くんでした。
BSで放映してるフィギュアTVって番組に鈴木アナがよく出演するんですが、カップル競技を長年観てきたモノホンのフィギュア好きなんですよね。
以前に実況してたポエムが売りの塩とは大違い。
低く渋い声で絶叫なんかしない。

フジテレビは何年か前の大ひんしゅくをかった中継以来態度を改めたような気がします。
テレビ朝日よりかなりマシですよ。
GPシリーズは煽り映像満載なんで必ず録画で見ることにしてます。
録画だったら見たくない映像はスキップできますから。
それに修造はいらない。(笑

フジテレビの路線変更には中野さんが関わっているんでしょうかね?
Posted by Mizo at 2018年12月25日 23:30
PCS、そこまで言っちゃいますか(笑)
僕はそこまでは言いませんが、PCSは、Position Control Scoreだとは良く言ったものだとは思います。

細田選手はループが苦手なんですかね?
ルッツとフリップは跳び分けできているのに勿体ないですね。
でも、3Aを2本跳んだ上に4回転をあと4本入れないと逆転できないようなPCS差は付けるべきでは無いと強く言いたいです。宮原選手、坂本選手、三原選手も2Aは2本入っていますし。

フジテレビの生中継はBSセットと考えれば僕も良くやったと思いますよ。
ただ、真凜ちゃんのFSをわざわざVTRで放送する必要は無かったと、やはりこれも強く言いたいです。
わざわざ晒し者にする必要は無かったと、あれはアンチを増やすだけで、全く意味の無い放送だったと思っています。あれでは公開処刑、公開いじめですよ(怒)
Posted by ちゃんちゃん at 2018年12月26日 00:09
えっとですね、私が言いたかったのは2Aを2本がダメなんじゃなく、もっと高度なジャンプに挑戦してもらいたいってことなんです。
3Aを跳べない選手が2Aを2本入れるのは当然です。
でも紀平選手は2Aを入れてません。
真央ちゃんも3Aを入れた試合で2Aは跳んでないと思います。
細田さんは3Aを2本決めたのに2Aを2本跳んでるんです。
苦手な3回転の代わりに2Aを使ってるようにもおもえました。
宮原さんと比較するのでそういった意見になるのでしょうが、
たとえば男子で4Lzが跳べるんだけどステップはグダグダって選手がいたら、大ちゃんとPCSで差がついて当然だと思います。
舞依ちゃんとさっとんの差はダメじゃと思うけど
Posted by Mizo at 2018年12月26日 01:14
>苦手な3回転の代わりに2Aを使ってるようにもおもえました。

そうだと思いますよ。
某元女王さんは同じ理由で2Aを3本とか跳んでましたよね。

細田選手はループが跳べれば良いんですけどね。(どうなんでしょう?)
それでも紀平選手のように2Aを1本も入れないというのはかなり難しいと思います。セカンド3Tは1本にしないといけませんし。それにちゃんと計算しないと解りませんが、2Aを外してセカンド3Tの代わりに3Lzか3Fを入れてもさほど基礎点は上がりませんし、それなら加点を狙って2Aを1本残すというのはひとつの戦略だと思います。

真央ちゃんもバンクーバーの時など3Aを2本跳んでいた頃はルッツやサルコウを外していたりしたので2A跳んでいますし(3A1本の時も当然2Aを1本入れています。たぶん真央ちゃんはフリーから2Aを外したことは無いと思いますが、気のせいでしょうか?)、紀平選手のように2Aを跳ばないというのは女子ではケタ外れにスゴイことなんだと思います。4回転を1本跳べればまた大きく変わって来るんですけどね。

誰かとの比較というよりも、全日本の後半2グループ、12人の選手の中で、22点ものPCS差、つまり3回転を4本4回転に変えないと逆転できないような差はつけるべきでは無いという意見です。これは僕が昔からずっと言って来たことなんですよ。
Posted by ちゃんちゃん at 2018年12月26日 01:54
そうでした、そうでした。
黒ネコさんとこ時代からちゃんちゃんさんはPCSに関しては一貫してましたね。
私はPCSはベテランを守るものであって欲しいと思ってったので、ジュニアから上がったばかりの子に高得点を出すのはおかしいという意見です。
ジャンプの難度や出来はTESがあるんですから。
以前はそれなりにその方針だったように思えますが、羽生くんとメドベあたりから大きく変わったと思います。

夜のコメントはだいたい一杯呑んでるんで、曖昧な記憶で適当なことを言ってしまいがちです。(笑
すいません。
細田さんのFSはライブで見ていた時に「中々うまい戦略だな。」と思いました。
おそらく苦手な3回転があるだろうことも想像がつきましたが、3Aを跳べるから可能な構成ですもんね。
でも3AがURを取られちゃうと諸刃の剣になっちゃいますが。
3Aの練習は紀平さんと一緒に始めたそうです。
それで二人とも跳べるようになってるって凄いことですね。
Posted by Mizo at 2018年12月26日 14:53
僕は絶対評価が建前で有る以上、ジュニアだろうが何だろうが、本当に評価されるべきものは評価すべきだと思ってはいます。 しかし、バンクーバーのヨナやソチのソトニコワなどのような常軌を逸したような上昇をすることは絶対におかしい、許してはいけないと思っているんですよね。
ちなみに今季、紀平選手のPCSはチャレンジャーシリーズのオンドレイ・ネベラ・トロフィーでは66.32でしたが、NHK杯で67.55となり、ファイナルでは72.4点まで上昇しました。 ヨナやソトニコワには遠く及ばないまでも、シーズン中ほどで6点も上昇するのは異常だと思うんです。
3Aでミスの有ったファイナルより完璧だったNHK杯の方が5点近く低いのもおかしい。

紀平選手は、ポッと出のそこらへんのジュニアとは違うとも思っています。
細かい音取りが上手いですし、エッジも深い、ジャンプの構えも短いですし、前後の繋ぎも多いと思っています。それこそ同じ3Aジャンパーである細田選手とはその辺で大きな差が有ると思います。
でもそれでも半シーズンで6点ものPCS上昇は絶対評価で有る以上おかしいと思うんですよね。ファイナルの72点が正当なので有れば、NHK杯も70点は出ないとおかしい。こういう曖昧で説明のつかないことが許せないんですよね。
であれば、Mizoさんのおっしゃるように、ベテランにこそ与えられる実績点で有るべきだと思うんです。ただその差はつけすぎてはいけないと思うだけで。

細田選手の2A2本は僕は逆に危険な気がします。
3Aが抜けて2Aになった時、後半の2Aはすぐにキックアウトの対象になってしまいますので。

細田選手は紀平選手に言われてチャレンジしたら跳べちゃったということらしいですね。でも全日本であの声援、続けて良かったですよね~ 親御さんも喜ばれたことでしょう。彼女に焦点を当てた特集とか是非観てみたいですよ。
是非続けて貰ってISU公認大会でも成功させて欲しい。そういうクオリティの3Aだと思うのですが、本人の目標はこの全日本での3A成功だったそうで、もしかしたらこのピークのまま引退も有るのかもしれませんね。でもそれはそれで華々しい引き際、これ以上無い引き際と言えるでしょうか。
Posted by ちゃんちゃん at 2018年12月26日 23:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください