2018年12月30日

名城大学が大学女子駅伝2冠達成 : 2018富士山女子駅伝

 圧勝でしたね
 
 
 強いだろうなとは思っていましたが、7人全員が区間4位以内、3人が区間賞では他大学は太刀打ちできませんね。

 特に2区の1年生和田有菜選手が区間2位と、全日本大学女子駅伝での1区区間賞に続く快走でした。
 4区から6区全てで区間賞を獲得。 5区のエース区間では加世田選手が大東文化大学のエース関谷選手と並ぶ記録で2位との差を拡げたのが大きかった。 2位に2分近い差を付けてアンカーの高松智美ムセンビ選手に襷が渡った段階で名城大の勝利はほぼ確定したようなものでした。

 最後のインタビューでは監督が涙ぐんでましたが、主将の青木選手も貰い泣き、良いシーンでした

 大学女子駅伝2冠達成、おめでとうございます!!
 加世田選手、高松選手、和田選手がまだ2年居ますから、名城大はあと2年は盤石ですね。


 2位は大東文化大学。
 エース関谷選手が5区エース区間で名城・加世田選手と並ぶ区間賞が大きかったですが、圧巻だったのはアンカーの1年生鈴木優花選手でした。
 名城大の高松選手が従来の区間記録を20秒更新する区間新で走破しましたが、それをさらに42秒も上回る快記録で区間賞を獲得し、全日本大学駅伝1区に続く連続区間賞となりました。 この選手は今後の女子中長距離界を引っ張って行く存在になるかもしれませんね。 今後の活躍がますます楽しみになりました

 3位は立命館大学。
 連覇は5でストップしてしまいました。
 全区間で5位以内とさすがの安定感では有りましたが、区間賞がひとつも無く、抜けた走りをした選手が居なかったのが痛かったですね。


 さて、年末年始の駅伝シリーズが開幕しました。
 お正月はニューイヤー駅伝。
 僕の注目選手は、トーエネックの服部弾馬選手と住友電工の遠藤日向選手です。
 昨年は1区の区間賞争いで一騎打ちとなり、遠藤選手が服部選手を競り落としました。 今回も1区での対決を観たかったのですが、服部選手は1区にエントリーしたものの、遠藤選手は2区と違う区間になってしまいました。
 でも、遠藤選手はわざわざ外国人ランナーが走れる2区にエントリーしたということは、厳しい相手の中で挑戦してみようということでしょうか? この厳しい相手の中で、区間上位の結果を残せれば凄いですね。
 服部選手は旭化成の村山絋太選手との対決が楽しみです。

 住友電工の3区は青学で箱根4連覇に貢献した駅伝男、田村和希選手、区間賞最有力候補でしょうか?
 3区には日立物流から設楽啓太選手が出ます。 Hondaの悠太選手は欠場ということですが、ここは兄が存在感を見せて欲しいです。
 5区ではトヨタ自動車から服部勇馬選手が出ます。 旭化成の村山謙太選手との対決が楽しみですね。
 しかし駅伝は双子が強いですね。
 
posted by ちゃんちゃん at 21:50| 大阪 ☀| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名城大の優勝は堅かったですね。
大東文化大の健闘が光りましたね。
同じ遺伝子なのだから2人とも速いのは当たり前なのでしょうが、それにしても目立ちますね。古くは宗兄弟が有名ですが、双子であることはプラスの面が多いのでしょうね。
Posted by まーさん at 2018年12月31日 03:31
名城大は確かまーさんさんの地元でしたね。
いや、盤石の強さと言えるでしょう。

そうか、双子ですから遺伝子同じようなものですもんね。
片方が速ければもう片方も速いというわけですか。
あとは兄弟で競り合うからなおさら強くなるんでしょうね。
確かにプラスの面は大きいですが、強くなった方も置いていかれる方も、どちらも良い想いはしないでしょうから、どちらも同じように強くならないとですね。
Posted by ちゃんちゃん at 2018年12月31日 10:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください